京都の飲み屋で「デヴィッド・ボウイ」に会った京大生の話

訃報が報じられてから、たくさんのエピソードがそこかしこで語られている。これはそのうちのひとつ。たまたま訪れていた京都の飲み屋で、そこにいた京大生と話をしたそうだ。彼の人柄が伺える内容に、多くの人々の注目されている。

2016年1月11日「」さんのツイートを紹介する。

デヴィッド・ボウイとの会話

Medium 6e58a8b7de6c54faef36447ec10f28007657c433

※以下、ツイッターより。

彼はボウイに聞いた。なぜ京都にいるのですか?ボウイは答えた。私は少し悩んでいて、大好きな日本でユックリ考えようと思ったからです。何を悩んでいるのですか?ボウイは答えた。実はアメリカからオファーがあります。アメリカの音楽ビジネスはビッグです。飲み込まれてしまわないか不安です(続く

彼はボウイに言いました。確かにビッグかも知れませんが、あなたがそれを分かっていて、しっかりやっていけば大丈夫ではないですか?するとボウイは答えた。「いや、人間というものは、そんなに強くないのだよ」…彼はそれを聞いて、この人は伊達にアイドル的存在を10年もやってないなと思った(続く

そして、京大生の彼とそんな会話をしたデヴィッド・ボウイは、アメリカのオファーを受けて、のちに『レッツ・ダンス』をリリースするのです。私は、まだ一介の京大生と真摯な会話をするデヴィッド・ボウイを、本当にまじめな人だなと思いました。

『レッツ・ダンス』は、当時まだ無名だったブルースギタリスト「スティーヴィー・レイ・ヴォーン」を起用し、爆発的にヒットしたダンサブルなアルバムだ。彼は「ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」に選ばれている。

これによって「デヴィッド・ボウイ」はメジャーなアーティストとして広く認知された。さらに、そのギタープレイが注目されたことでスティーヴィー・レイ・ヴォーンがブレイクするきっかけをもつくった。

アメリカで大ヒットする前にボウイが感じていた葛藤が見える話の内容は、とても感慨深い。

Licensed material used with permission by @kutaja
Reference:emimusic
2016年1月10日、デヴィッド・ボウイ(69歳)がガンで亡くなった。彼の死を惜しむ声は多いが、その一方で彼の音楽に触れたことがない人もたくさんいるのでは...
「Change.org」で、あるキャンペーンが始まった。発起人Simon Mitchell氏の主張はこうだ。「来る新しい20ポンド紙幣の顔は、デヴィッド・...
2017年1月10日は、「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」と評されたデヴィッド・ボウイが亡くなってからちょうど1年が経つ日。彼は、なりたい自分にな...
ピアノを習う子は頭が良くなるーー。この噂、あなたも一度は耳にしたことがあるのでは?で、「ホントのところはどうなの?」ということで、カシオ計算機株式会社が実...
この女子高性たち、何か秘密があるのだそうです。なんだと思いますか?12人いるようですが、どこからどう見てもふつうの女子高生。キュートな。ふつうの。女子高生...
花畑牧場が巻き起こした、生キャラメルの一大ブーム。味はもちろんのこと、とろ~りとろけるあの食感も、多くの人を魅了する理由の一つですよね。では、もしあの生キ...
え、白黒写真じゃないの?と疑うのも無理はありませんが、コチラの動画を見て下さい!イラストレーターのHeather Rooneyさんが描いた、スーパーリアリ...
この時期、居酒屋のお通しで出ることもある「生落花生の塩茹で」。落花生(ピーナッツ)と聞けば乾いているイメージだけれど、新鮮な生のものを殻ごと塩で茹でると、...
40回目の結婚記念日が近づいてきたある日の晩に、彼はタキシードに身を包んで妻の帰りを待ちました。家にピアニストを呼んでおき、驚く彼女をリビングに連れていく...
食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用で...
サンドイッチを作るとき、食パンの耳だけ残ってしまうことってありますよね。そのまま食べたり、ラスクにするのは定番ですが、どうせならパンの耳でもう一品つくって...
このたび登録されたロンドン・デンマークストリートにある2件の建物は、もともと歴史的建造物として公式登録されていた場所。しかし、2016年3月22日にそのラ...
クラウドソーシングとクラウドファンディングが連携した、まったく新しいプロジェクトをご紹介。なんでも、両者を掛け合わせることで痴漢被害の減少に取り組もうとい...
ドアを開けると、にぎやかな笑い声が飛び交っていた。僕は入る建物を間違えたのか…。呆然としていると、「Hi」と握手を求められた。「あなた、見ない顔ね?私にで...
学生生活も後半に差し掛かると、就職活動が始まります。中には、何社も内定に落ちてしまい気分が落ち込んでなかなか次に行けないという人も。ここでは、就活あるある...
「tracy’s newyork life」を運営するトレイシー・ケイラーは、ニューヨーカーの視点から、暮らしに関する様々な情報を発信している女性。彼女の...
柔らかくって、瑞々しくって、ほんのり甘い……春キャベツがおいしい季節ですね。なるべく生のまま食べるのが美味しいし、栄養のロスも少ないのですが、まるごとドー...
つい先日、最終回を迎えたTBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。「逃げ恥ロス」なんて言われるくらいの人気でしたが、主題歌にあわせて新垣結衣と星野源を中心と...
米・アクイナス大学のマクロ経済学教授は、“もし講義中にスマホが鳴ったらスピーカーにして皆に聴こえるようにして通話しなければいけない”という決まりを作ってい...
バーニングマンといえば、砂漠のど真ん中に1週間だけ街が生まれる伝説の野外フェス。あるのは仮設トイレと食料の鮮度を保つための氷のみ。命の保証はなく、"No ...