とある男性が、北海道の小さな町で「木の車椅子」を作り続ける理由

北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA工房は50年前に建てられた体育館。冬は雪に埋もれる

現在、須田さんが精力的に取り組んでいるプロジェクトがある。それは、「木の車椅子」の製作。

content_accf102caaa970ce65d217b9ae9a8e9a57caa67c「木の車椅子」試作初号機

木の温もりと癒やしの効果は
代用が利かない

「車椅子ユーザーにとって、車椅子は自分の体の一部です。それなのに、機能重視で味気ないデザインの、金属製のものがほとんど。温もりのある木で、丁寧にデザインされた美しい車椅子を使ってもらえたら」と須田さん。

須田さんは、毎日、真摯に木と向き合っていると、素材の温もりと癒しの効果は、他の素材では代用できないことを実感するという。「『ああ、生き物を扱っているんだなぁ』という感覚があります」。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA今では失われつつある伝統的な技術で、心を込めて家具を作る

須田さんは、ユーザーに木の車椅子を使ってもらうことで、以下のような効果を期待しているという。

①ステータスを感じ、人に見せたくなることで、より一層の社会生活への積極的な参加を促す②バリバリと活動している姿を周りの人が目にすることで、「格好いい、負けていられない、あんな生き方をしたい」と自分を見つめ直し、勇気づけられる

製品化に向けた
試作品づくりに奮闘

車椅子の製作は、普段作っている家具とは勝手が違い、苦労の連続だという。これから着手するのが、試作4号機の製作。しかし、乗り越えるべき壁というのが、今まで以上に険しい。

「大きな欠陥を修正するのは、意外と簡単ですが、細かな部分を修正したり、原因を突き止めて潰していく作業の方が、ずっと大変なんです。バランス、強度、デザイン、精度、木という素材の限界…に挑むことになります」と、須田さん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA平面でデザインを起こし、1/5の模型を作り、色んな角度から美しさを確かめる。

試作4号機は完成度の高いものが仕上がると予想。試作5号機、6号機を経て、2016年秋~2017年春には製品化を発表する予定だ。製作資金については、現在、クラウドファンディングサイト「READYFOR」のコチラのページで募っている。

コンテンツ提供元:READYFOR

美瑛町といえば、近隣の富良野市と並んで北海道を代表する観光地のひとつ。中でも「パッチワークの路」と「パノラマロード」は二大観光コースと言われるほど、多くの...
2016年4月12日から17日にかけて、イタリア・ミラノで開催される「ミラノデザインウィーク2016」。このデザインの祭典に、トヨタ自動車が出展するコンセ...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...
チリ人クリエイター、Sebastian Errazuriz氏が生み出した本棚「Bilbao」。コレがなんと、彼が道で拾った枝木で作られているというのだから...
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
まるでおとぎ話のようだが、確かに実在している木だ。開発したのは米・シラキュース大学の美術教員であるVan Aken氏。そのきっかけとなったのは、2008年...
去る2月11日に閉幕した第67回さっぽろ雪まつり。多くの作品が人々を楽しませたなか、特に注目を集めたのが、「Hokkaido Shinkansen-Sup...
自然に囲まれ、空気もキレイなところに住むことが健康にいい、というのはスッと理解できるはず。でもそれが「収入にも影響する」と言われたら、ちょっと驚きませんか...
米オークランドに住むアーティスト、Gregory Kloehn氏。彼はゴミをリサイクルして、ホームレスの人たち用の家に改造しています。廃材をリサイクルして...
北海道の上士幌町(かみしほろちょう)にある「タウシュベツ橋梁」は、ダムの湖底に沈んでいるコンクリート製アーチ型の橋。水位が季節によって変移する糠平湖という...
それは、北海道の自然をありのままに感じる、最高に贅沢なアウトドアステイ。広尾郡大樹町にある環境技術研究施設「メム メドウズ」内に、大自然一体型ホテル「ME...
舞台は中国・西安の古観音禅寺。樹齢1,400年と言われる巨大なイチョウの木が、そのダイナミズムと素晴らしい色づきで、人々を驚かせています。“黄金色の絨毯”...
8月13日、アメリカに住むひとりの男性が、300マイル(約480km)の旅に出る決意をした。ちなみに彼は、首から下が動かない四肢麻痺の障がいを抱えていて、...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
家の真ん中にシンボルツリーを植樹したデザインハウスを目にしたことがある人でも、このツリーハウスのインパクトは絶大のはず。なぜなら、こちらは自然の木々が生い...
持続可能なエネルギー社会の実現は、21世紀を生きる私たちにとっての至上命題。官民一体となっての代替エネルギー開発が進んでいます。環境にやさしいことは、まず...
車椅子を利用するパパやママでも使いやすいベビーカー。夢のような話が、アメリカで実現しそうです。しかも、このユニバーサルデザインを考案したのは、なんと16歳...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
タクシーの運転手さんにはさまざまな経歴を持つ人が多く、じっくり話を聞くと、面白い人、勉強になる人、じつにバラエティに富んでいます。経営コンサルタントを営む...
ふと思いました。熊谷市(埼玉県)、多治見市(岐阜県)、館林市(群馬県)の「猛暑御三家」は、毎年夏になるとよくテレビから聞こえてくる街の名前。それなのに、反...