マイペースに続けられる!週末トレイルランニングのススメ

舗装されていない登山道や林道などを駆け抜けるスポーツ、トレイルランニング。始めている人も増えてきてやってみようかな?と思っているあなたに、その魅力やはじめかたを紹介します!

大自然を駆け抜ける疾走感と
冒険のニオイ

木の根が張り出していたり、土のくぼみがあったり、当然走るのは未舗装の道。周囲のあらゆるものに注意しながら走るので、まるで冒険しているかのような体験を味わえます。トレイルランニングにハマった理由としてよく 言われるのは、なんといってもこの非日常感なんですね。

自然との一体化を感じられるスポーツでもあるので、わざわざ海外に出向く人もいるほど。国や場所が違えば、またひと味違ったランの魅力があります。楽しみかたはまさに無限大。

ルール無用!自分のペースで走ろう

トレイルランニングにかたくるしいルールはありません。ジョギングペースで景色を楽しみながら軽走したり、筋肉痛覚悟のトレーニングとして負荷をかけて走ったりと、その人思い思いのペースでOK。

愛好者の中には、それまでまったく運動をしていない、または運動が嫌いだった人も多いんです。ゆっくりしたペースからスタートして次第にレベルアップし、いつの間にか各地のトレイルランニング大会に出場ーーなんてことも。

チームで楽しむのもアリ!

shutterstock_360862652_2

ランニングというと一人のイメージもあるかも。でも、友達、会社の同僚と一緒に、景色を楽しみながら旅行気分で走るのも人気。旅行をかねて行っても◎。

初心者も経験者と一緒で安心だし、慣れている人ならではの豆知識もあるかもしれません。「トレラン仲間」を募集しているサイトもあるので、新しい出会いの場にも。

グッズを用意しよう

身近な経験者に相談するのが最も安心ではありますが、必要なものは大きく分けてこの3つ。

①ランニングウェア②シューズ③バックバック

まず、山の天気は変わりやすいので、どれも防水性の高いコンパクトなものを選ぶのが吉。

シューズは安全を考慮して、トレイルランニング用のものを選んだほうが負担は少なくなります。

バックバックを選ぶ基準は、身体にフィットして、走ってもあまり揺れないものを。

携帯する小物は、ヘッドライト、コンパス、時計、スマホ、水、食べるもの、地図、絆創膏や消毒液、さらには季節に応じて帽子やグローブもあると安心。お気に入りの組み合わせを試行錯誤してみましょう。準備ができたら…

まずは公園で走り込み

shutterstock_176581217_2

いきなり登山道や林道にチャレンジしてしまうと、ケガをすることもあります。なので、まずは自宅近くの身近な公園や河川敷を走って体を慣らしましょう。

とくに舗装されたアスファルトとは違う、土の感覚を楽しんだり、坂道での走りをイメージしてシミュレーションしてみるといいかも。

土のうえであり、かつアップダウンのある道を走るのは足への負担も別物。あせらずに自分にあったペースをつかみましょう。

いざ登山道へ!
とにかくまずは安全第一。

自分のペースがつかめてきたら、いよいよ実践。テンションが上がると、景色に注意がそれがち。ですが、そこははやる気持ちを少し落ち着かせて、まずは安全を心掛けましょう。

計画時からペース配分には要注意。実践では体調の変化や気温、天候、ルートに注意を払うことが大事です。ベテランであればあるほど安全には細心の注意を払ってるもの。無理せずに、少しずつ経験値を積んでいきましょう。

大自然を駆け抜けた先のゴールには、とてつもない達成感と爽快感が待っていますよ♪ 自然の美しい景色を楽しむ新しい方法として、トレランの魅力を体験してみては?

「運動嫌いの文系女子」だった、女優の高山都さん。ランニングを始めたことが、人生に大きな影響を与えたという。なかなか続けられないランニングだって、恋愛と同じ...
わたしは学生時代から山に登っている。20代のころは冬の岩壁や氷瀑をクライミングしたりもしていたけれど、最近はただひたすら歩くのが好きだ。でもそうやって歩い...
女優・高山都さんがランニングを始めたのは、2011年頃。スポーツサイトの企画で香川丸亀国際ハーフマラソンに出場したことがきっかけだったという。高山さんは、...
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...
走ろうとしたら雨が降ってきて、「今日くらいいいか」とサボってしまった、ひざが痛くて走るのが怖い…。ジョギングを日課にしたいけど、ちょっとしたことを言い訳に...
佐々木俊尚さんのインタビューは、前編・後編の2部構成です。前編の本記事では、佐々木俊尚さんの旅の経験や今の日本のマインドについてのお話を掲載します。 いま...
「ダイエットや健康管理のために走りたい」と思ってはいるものの、なかなか始められない…というあなた!意外に思うかもしれませんが、走ることを日課にするのって、...
走ることは、もっともシンプルな運動のひとつ。どんな場面にも必要とされる根源的なもので、スポーツでもあり、目標にたどり着くための手段や、考え方でもあります。...
トレイルランニングの栄養補給源は、バータイプのチョコレートやスポーツ用ゼリードリンクが一般的。でも、まさかここに味噌が加わることになろうとは!もちろん、携...
ランニングを日課にしようとする人が、つい陥りがちな間違った思い込み。こんなことでやせる効果が半減したり、せっかくのやる気が削がれてしまうのはもったいない!...
巷には、ダイエットに関する様々な情報があふれています。どれを信じていいのかわからない…なんて人も、少なくないはず。ここでは、中野ジェームズ修一さんの著書『...
理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳は強くなる』では、走ることで脳機能のパフォーマンスがアップし、たくさんのメリットが生まれると紹介されています。でも...
デジタルマーケティング会社のCEO、Jason Parksさんが「Elite Daily」で綴った記事を紹介します。週末の過ごし方が翌週の仕事の効率に大き...
「走ってやせよう!」と決心したら、まずは1ヵ月続けてみましょう。ここでは、中野ジェームズ修一さんの著書『世界一やせる走り方』より、1週間のランニングメニュ...
現代人のみなさん。仕事に追われて運動不足になってませんか?ストレスで食べ過ぎたりしてませんか?そんな人たちに読んでもらいたいのが『あなたは半年前に食べたも...
一家に一台クルマがあり、電車やバスでどこにでも行ける時代かもしれませんが、こうした効率重視の現代社会が、走る必要のないライフスタイルを作り上げています。理...
これは傑作、と思わず繰り返して見てしまいました。わずか1ヶ月あまりで1,100万回再生されたショートムービーを紹介します。セリフは一切ありませんが、ぜひ動...
「ダンスをする人はストレスがなく頭がいい」、長年バレエを続けてきた、ライターのAlexa Mellardo氏が「Elite Daily」に寄せたこの記事は...
8月13日、アメリカに住むひとりの男性が、300マイル(約480km)の旅に出る決意をした。ちなみに彼は、首から下が動かない四肢麻痺の障がいを抱えていて、...