不確かな道。そこへ、歩を進める。 ”新時代”のキーワード「過程の快感」- 佐々木俊尚

佐々木俊尚さんのインタビューは、前編・後編の2部構成です。前編の本記事では、佐々木俊尚さんの旅の経験や今の日本のマインドについてのお話を掲載します。

 「登る人生より、歩く人生がいい」 
予測不可能さを楽しむ、ロングトレイルという旅

佐々木俊尚

ジャーナリスト、評論家。「電子書籍の衝撃」、「キュレーションの時代」、「当事者の時代」など著書多数。 キュレーターとして、TwitterなどでITやメディアについて、積極的に発信をしている。新著『レイヤー化する世界』 、『簡単、なのに美味い! 家めしこそ、最高のごちそうである』。

 athlete_head_q

いま、佐々木さんがはまっているロングトレイルとは、どんなものなんですか?

 

Answer

登山道やハイキング道、林道、古道など、距離の長い自然歩道が開かれている場所を歩くのが、ロングトレイルです。世界で有名なところだと、スペイン巡礼の道やアメリカのアパラチア山脈のトレイル、国内なら信越トレイルとか八ヶ岳スーパートレイル、四国八十八ヶ所など、いくつかあります。

 

athlete_head_q

よく行かれるのは、どこですか?

 

Answer

最近は、八ヶ岳山麓スーパートレイルです。頂上には一切行かず、麓を一周するコースなんですが、全長約200キロもあって。まだ3分の1しか歩けていないんですよ。

 

athlete_head_q

えっ、200キロって東京から静岡間くらいの距離では……長い!!

 

Answer

しかも、いろんな道があって。登山道や林道はもちろん、牧場の隅っこを歩いたりすることもあります。道は、地図上にマッピングされているので、自分の位置を確認しながら進むんですよ。

 

athlete_head_q

変化が多くて大変そうですね。疲れたりしないんですか?

 

Answer

いや、むしろ、その予測不可能さが魅力なんです。山の周囲を水平に移動しているから、尾根筋と沢筋が交互に現れるんです。すると、見通しが悪くて前方がどうなっているかまったくわからない。過酷な道が続いて、弱音を吐きそうになった次の瞬間、目の前に巨大な湿原が現れて、疲れなんてすっかり忘れてしまうほど癒されるということも何度もありました。もちろん逆もありますが……その先行きの見えなさが最高に楽しくて。

 

 

athlete_head_q

想像するだけで気持ち良さそうですね。予測できないことを楽しめるのも能力に思いますが...。

 

Answer

そうですね。「次はそうきましたか」くらいに楽しめるのって大事で。いちいちヘコたれていても仕方がないですし。
登山で遭難する原因には、2つのパターンがあるんですよ。1つ目は、落石や雪崩の自然災害。もう1つは、なんだと思います? 疲労なんです。道に迷って、疲労し、凍死してしまう。
それって人生でも同じで、一瞬のトラブルは仕方がないけれど、体力がないと状況判断を誤り悪い方向に進んでしまうんですよ。

 

athlete_head_q

ロングトレイルを始めたのは、いつ頃からなんですか?

 

Answer

本格的に始めたのは、去年くらいからですね。

 

athlete_head_q

最近なんですね。なぜ始められたんですか?

 

Answer

直接的なきっかけはロングトレイルを知ったことですが、もともと登山をやっていて。登山と言っても、征服的な山登りよりも、東北や新潟の深くなだらかな山を永遠と歩くのが好きだったので、僕にぴったりでした。

 

athlete_head_q

どうして登るより、歩く方が好きなんですか?

 

Answer

「歩く=生きる」という感覚を得られるのが楽しいからです。地元の人々が生活として利用している道を歩いていると、いつもそう感じるんですよ。

 

 

歴史の終わりに、

プロセスの快感こそが新しい旅の文化となる

 

athlete_head_q

山登りとの大きな違いはなんでしょうか?

 

Answer

山登りは過程の快感と達成の快感があるのに対して、ロングトレイルは過程の快感しかありません。辛い登りもなければ、だるい下りもないんです。

こういった過程の快感を追求するスポーツは、実は最近流行っていて。たとえば、ランニング、自転車、水泳。どれも勝ち負けがなく、一人で黙々と楽しむスポーツじゃないですか。ランニングは走っている過程はけっして辛くなく、ランナーズハイという言葉があるように走っているうちに気持ちよくなるんです。

このように、「今ある状況を持続して、今を楽しむ」というのがある種の新しい文化のようになってきています。「常に旅している」というのが現在の世の中の風潮なんじゃないでしょうかね。

 

athlete_head_q

ずっと旅の過程を楽しむということですね。

 

Answer

そうです。これは大きな視野で言うと、歴史の終わりです。

 

athlete_head_q

歴史の終わりとは、どういうことですか?

 

Answer

「明日は今日よりもよくなる」というのが、16〜17世紀頃にヨーロッパで生まれた近代の概念。歴史が直線に進み、日々進化するというのが前提でした。
でも、近代以前の中世においては、経済成長そのものがなかったので、近代の直線的な時間感覚は存在しない。この頃の時の流れは、昼と夜、春夏秋冬というような反復、または円環という感覚なんです。

 

athlete_head_q

それが歴史の終わりと、どう関係あるのでしょうか?

 

Answer

確かに2度の産業革命で生活は豊かになりましたが、少なくとも経済成長が困難な先進国においては、「もう、これ以上は豊かになれないんじゃないの?」という雰囲気が広まってきています。そうなると、今はつらいけれど明日を目指して頑張ろうという気にはなれず、日々成長し続けることを前提とした近代の概念が成り立たない。これこそ、歴史の終わりです。

実際は、「今は豊かで楽しいけれど、明日はどうなるかわからないから、今を持続させた方が楽しいよね」というのが、2014年の日本のマインド。その意味で、我々の人生は、目標のない永遠の旅になってきていると言えるんじゃないかな。つまり、旅するように、プロセスを楽しむこと自身が、これからの時代を生き抜いていく大きな鍵になるのです。

 

第一弾 インタビュー終了後編では、旅に出る意義の変化や、旅の大切さについてお話を掲載します。
わたしは学生時代から山に登っている。20代のころは冬の岩壁や氷瀑をクライミングしたりもしていたけれど、最近はただひたすら歩くのが好きだ。でもそうやって歩い...
「フィクス」「フィクシー」と呼ばれている自転車がある。わたしはこのタイプの自転車をもう六年ぐらいも愛用している。フィクシーというのはFixed Gearの...
今、高城剛は世界中の南の島をまわっています。もちろんリゾートを満喫しているわけではありません。一時帰国した高城剛とジャーナリスト佐々木俊尚の対談には、その...
旅に出て、世界とダイレクトにつながる―佐々木俊尚さんが考える、居場所を確認する旅 佐々木俊尚さんのインタビューは、前編・後編の2部構成です。後編の本記事で...
みんな、昆虫食には興味ないだろうか? 私は最近、激しく興味を抱いている。なぜかって?栄養価が高く、国連食糧農業機関(FAO)から食糧不足を解消する手段とし...
わたしがTwitterやFacebookで使っている似顔絵のアイコンは、南暁子さんというイラストレーターが描いている。このアイコンを使っている人は360人...
舗装されていない登山道や林道などを駆け抜けるスポーツ、トレイルランニング。始めている人も増えてきてやってみようかな?と思っているあなたに、その魅力やはじめ...
運動を習慣化すれば、生活が改善される! なんてことは、いろんなところで言われてますが、それが具体的にどういうことなのか、わからない人も多いのでは?海外のブ...
走ることは、もっともシンプルな運動のひとつ。どんな場面にも必要とされる根源的なもので、スポーツでもあり、目標にたどり着くための手段や、考え方でもあります。...
いま、アーロン・プジーという男性が、自転車でイギリス縦断の旅をしています。彼は2016年5月8日にスコットランドの最北端、ランズエンド岬をスタートして、8...
「リングを通れば、+100スコア!」。ちなみに、新しいゲームのPRではありません。これ、なんと現実のゲレンデなんです。「Ride On」はAR(拡張現実)...
生きていく上で、最低限のお金は必要ですが、お金を追う毎日に縛られすぎて「人生を楽しむこと」を忘れていませんか?テレビで見た美しい絶景を自分の目で確かめたい...
『イージーライダー』『モーターサイクル・ダイアリーズ』『テルマ&ルイーズ』……。ロードムービーが描く、美しい風景と美しいストーリー、その世界観が好きな人も...
今まで“ふぁぼ”という愛称で親しまれていた、Twitterのお気に入り機能。このアイコンが、星マークからハートマークに変わり、"お気に入り"から、"いいね...
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
アスレジャーなんて流行語を引き合いに出すまでもなく、スポーツというキーワードがライフスタイルと密接になってきた。今やフィットネススタイルはカジュアルの一ジ...
秋が深まって急に寒くなった夜。風邪を引いたかなと嫌な予感のする日、そんなとときはにんにく鍋で元気をつけましょう。スタミナ満点丸ごとにんにくが美味い!<材料...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
今や世界の多くの街に開通している地下鉄は、旅行者にとってメインとなる足。タクシーよりも安価で、バスよりも簡単。比較的安全で、正確に目的地に到着できるメトロ...
8月13日、アメリカに住むひとりの男性が、300マイル(約480km)の旅に出る決意をした。ちなみに彼は、首から下が動かない四肢麻痺の障がいを抱えていて、...