僕の似顔絵アイコンにまつわる、ある奇跡的な物語ー佐々木俊尚ー

わたしがTwitterやFacebookで使っている似顔絵のアイコンは、南暁子さんというイラストレーターが描いている。このアイコンを使っている人は360人にものぼるのだけれど、そこには実は奇跡的なお話がある。それを紹介したい。

南暁子さんがアイコンを描くようになったのは、ごくささやかなきっかけからだった。2010年5月30日。ツイッターがちょうど流行りはじめていたころのことだ。わたしはその日、ツイッターでこう書いた。「これからはツイッターのアイコンの画像を名刺に描くといいんじゃないかな。そうすると相手が『あっ、RTしたことあります』と言ってくれるかもしれないし、これからはアイコンを描くイラストレーターの仕事も出てくるかもね」

これに反応してくれたのが、南さんだった。「ツイッター始めました!初さえずり!」というツイートに続けて、こう書いてくれたのだ「まずは試しに、20名さま限定で無料でアイコンのイラストを描きます!」

すると一瞬のうちに20人が応募し、南さんは約束通りに全員のアイコンを描いて返信したのだった。それから彼女は、定期的に「アイコン募集」を行うようになる。

半年後、アイコンを描いてもらった人たちが100人になった。そこから奇跡がはじまった。

icon meeting

アイコンを描いてもらった人たちが数人で集まって食事をしたり、飲みに行ったりするようになり、ついに半年後にはほとんど初対面の人たち30数人があつまって、盛大なパーティーを開いたのだった。「第1回アイコンミーティング」というパーティーで、それからはこのコミュニティが通称アイコンミーティングという名前になった。

icon

参加したわたしも驚いた。だって、単に南さんにアイコンを描いてもらったというただそれだけの関係だ。それが集まって仲良くなるなんて……しかしこのパーティーはまだはじまりにすぎなかった。そのあとの展開は、さらに予想を超えていた。

icon_04

翌年の初夏には、北海道で第2回のアイコンミーティングを開いた。わざわざそれだけのために、20人近い人たちが飛行機に乗って札幌まで出かけ、北海道の夏を満喫して帰ってきた。さらに活動は活発になり、分科会のような活動も出てきた。ランニングを愛好している人たちが集まって「アイコンランニング部」を結成し、さまざまなレースに出てまさかの上位入賞。登山好きが「アイコンワンゲル部」を作って南アルプスや八ヶ岳に出かけ、いまもあちこちの山に毎月のように出かけている。さらには「アイコンバスケ部」「アイコンヨット部」「アイコン乗馬部」「アイコン料理部」……。

スクリーンショット 2015-10-09 9.51.50

これはいったい何なんだろう。最初のミーティングのときに、わたしはこんなトークをしたのを思い出す。

「ぼくらは単に南さんのアイコンだけでつながっているだけで、そんなの関係と言えるかどうかと思う人もいるかもね。でもぼくは、人と人がどうつながるか、そこにどう共鳴が生まれて、共同体になっていくのかということは、いまとても大切なことだと思うんですよね。ひょっとしたら最初のきっかけなんてどうでもいいのかもしれない」

わたしの福井の友人に、田中さんという福井のメガネ屋さんがいる。

田中眼鏡本舗は、福井市のはずれの不便な場所にある。とても小さな店だ。でも田中さんの人柄が素晴らしく、メガネのセレクトが最高なので、日本中にたくさんファンがいて、東京からもたくさんお客さんがやってくる。

あるとき、田中さんのところに兵井さんというメガネのデザイナーがやってきた。「新しいデザインのメガネを作ったんだけど、田中さんのところで売ってくれないかな」

兵井さんの友人に、Yさんという顔が大きな人がいた。強度の近視なのでメガネのレンズがどうしてもぶ厚くなってしまい、それを大きな顔に合わせようとすると、フレームがものすごくごつくなってしまう。そこで兵井さんが考えて、見た目はまるで針金にレンズをはめただけのように見えるけれど、実はしなやかで強靭でそしてとても軽いデザインのメガネを完成させたのだった。でもあまりにも斬新で、メーカーは相手にしてくれない。そこで田中さんのところに持ち込んだ。

そのメガネは「コンセプトY」と名づけられて、田中眼鏡本舗発のヒット商品になった。たくさんは作っておらず、わずかな店でしか売っていない。斬新なデザインだから、ひと目見ればすぐにわかる。だから、たとえばどこかのパーティーでコンセプトYをかけていると、かけている人同士が「あ、田中さんですよね!」と一瞬のうちに理解しあえてしまう。

まわりのひとは「誰だよ田中さんって……」ときょとんとするだろう。田中さんを知っている者だけが、その物語を共有することができるのだ。強い人間関係は存在しない。ただ同じ店を知っていて、そこで薄くつながっているというだけ。でもそこには、同じ物語を共有しているという喜びがある。

icon_03

だからツイッターのアイコンでも、わたしたちはつながることができる。南さんにアイコンを描いてもらったという、とてもささやかな物語が共有されている。

入り口は何でもかまわない。でも私たちはこの不安定な時代に、多くの人たちとのさまざまなつながりを求めて生きている。「アイコンを描いてもらった」「同じメガネを同じ店で買った」という小さなきっかけを入り口にして、そこで誰かとつながることができれば、それは私たちにとって、またひとつ安心できる他者との回路を増やすことになる。そういうことじゃないかと思う。

わたしは学生時代から山に登っている。20代のころは冬の岩壁や氷瀑をクライミングしたりもしていたけれど、最近はただひたすら歩くのが好きだ。でもそうやって歩い...
「フィクス」「フィクシー」と呼ばれている自転車がある。わたしはこのタイプの自転車をもう六年ぐらいも愛用している。フィクシーというのはFixed Gearの...
今、高城剛は世界中の南の島をまわっています。もちろんリゾートを満喫しているわけではありません。一時帰国した高城剛とジャーナリスト佐々木俊尚の対談には、その...
みんな、昆虫食には興味ないだろうか? 私は最近、激しく興味を抱いている。なぜかって?栄養価が高く、国連食糧農業機関(FAO)から食糧不足を解消する手段とし...
旅に出て、世界とダイレクトにつながる―佐々木俊尚さんが考える、居場所を確認する旅 佐々木俊尚さんのインタビューは、前編・後編の2部構成です。後編の本記事で...
秋が深まって急に寒くなった夜。風邪を引いたかなと嫌な予感のする日、そんなとときはにんにく鍋で元気をつけましょう。スタミナ満点丸ごとにんにくが美味い!<材料...
『INNOVATION OF WORK』~あなたと共に「働くを新しく」する、1日限りの限定トークイベント~presented by CRAZY × TAB...
佐々木俊尚さんのインタビューは、前編・後編の2部構成です。前編の本記事では、佐々木俊尚さんの旅の経験や今の日本のマインドについてのお話を掲載します。 いま...
中南米は、「肉を食べる国々」というイメージがある。串に肉を刺したブラジルのシュラスコ料理、豚の臓物や豆を煮込んだファジョアーダ。アルゼンチンの牛肉の炭火焼...
味覇(ウェイパァー)が鍵あなたは、味覇(ウェイパァー)という中華の調味料を知っているだろうか。日本でも、大きめのスーパーならたいてい売っている。真っ赤な缶...
 エッセイストの玉村豊男さんが書いた『料理の四面体』という本に、アルジェリアをヒッチハイクしていて若者たちに食事に誘われるシーンが出てくる。 若者たちは道...
チャーハンの失敗のほとんどは、べちゃっとなっちゃうこと。これをどう防ぐか。ポイントは、①冷ご飯を使う②徹底的に火を入れる③味つけは最後に。このあたりですね...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
キューバに行ってきた。サルサと革命の国、そして半世紀ぶりにアメリカと国交回復して、これから盛りあがろうとしている国。でもキューバは、普通の観光地ではない。...
リアルタイムで世界とつながり、まるで旅をするように未だ見ぬ自分を探求する・・・。 世界とつながるとは、どういうことだろうか。今回のイベントでは、次世代にお...
あっと驚く、驚異のにら玉。フライパンで炒めて作ったものと、見た目は全然違うんだけど、食べるとちゃんとにら玉の味がして、二度びっくり!油をまったく使わない体...
アヒージョとは、スペインの小皿料理でイタリアのペペロンチーノと味つけはだいたい同じ。ワインのつまみとして最高です。バゲットもお忘れなく熱々をめしあがれ!<...
究極のかんたん料理。「えっこれだけ?」というシンプル手順だけど、じゃがいもの素材感を満喫できますよ。上質なオリーブ油と塩だけで十分旨い!<材料>じゃがいも...
りんごとハチミツ…というと、昔からあるカレールーのテレビCMを思い出すけど、この2つを爽やかなモッツァレラチーズと組み合わせることで、本格的なサラダとして...
アボカドって、生のまま食べる人が多いと思うけど、フライにすると外側はカリッ、中はトロトロという食感が最高に楽しい料理になるんですよ。食感の違いを楽しむ。お...