SNSを通して、あなたの「メンタルヘルス」を日常的にサポート。

これまでメンタルヘルスの記事を書く度に、実は気になっていたことがある。

啓発団体やキャンペーンなどが、「何かあればココへ」とサポート団体やコミュニティーに繋がる連絡先を提示していることについて。このような呼びかけを見かける度に「本当に緊急の時には連絡さえも難しいことがあるのではないか」という思いが頭に浮かんでいた。

こう考え始めたのは、以前にパニック障害と診断された知人の話を聞いてから。電車内という閉鎖された空間にいた時、症状が出た彼は、最寄りの駅で降りて落ち着くまで休んでいたそう。

「突然のことだからビックリした。だんだん不安になるのを感じていたけど、どうすればいいかがわからなかった…」

これは本人が言っていた言葉だ。これには私、ハッとさせられた。「何かが起きた時の為」のことを考えるのも大事だけれど、それが起きるまでにももっとできることはあるかもしれない、と。

緊急時じゃなくても
日常的に寄り添う

先に挙げた課題、少しでも解決に導いていくれるかもしれないと感じたInstagramのアカウントがある。「Sad Girls Club」だ。

世界中のミレニアル世代を対象に、メンタルヘルスについて会話する必要性や、コニュニティーを構築していくことを目的としている。

同アカウントが配信しているのは、「精神疾患はあなたが起こした“過ち”ではない」、「メンタルヘルスは身体の健康と同じくらい大切なもの」というように背中を押してくれるコメントから、上記のような文字とイラストを使って紹介する「落ち着くための50の方法」まで様々。

他にも、自分の精神状況を追っていくためのチェックリストを掲載している。「今日は自分をケアするために何をしましたか?」「今必要と感じていることは何ですか?」「何か悲しいことはありますか?」など、自身に問うための質問がいくつか用意されている。

これだと変化があった時、なるべく早く気づけるかも。

また、「不安を感じた時の対処の仕方」なども紹介。英語が読めないと少し難しいかもしれないけれど、どれも心に留めておくといいアドバイスばかり

メンタルヘルスに関する団体の多くはSNSアカウントを保持している。けれど、パッと見で比べた時に、Sad Girls Clubにはイラストや写真や漫画、そして動画で溢れていて、より関わりやすいアプローチになっているという印象。そんなところにも親近感を覚えたんだと思う。

Licensed material used with permission by @sadgirlsclub
SNSのプロフィール写真って、やっぱりこだわりたくなりますよね。角度を工夫したり、加工してみたり…。でも、自分で「これが一番いい!」と思っても、意外と他の...
政治や行政への参加方法として、インターネットを利用するケースはここ数年で急速に一般的になってきています。例えば、日本でもニコニコ動画で政治家の話を聞いて、...
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
FacebookやTwitterにおいて、自分は一体どのように見られているのか。SNS全盛の今だからこそ、気になっている人も多いのでは?ここで紹介するのは...
今や私達の生活の一部となったSNS。便利なツールだけれど使い方によっては人を傷つけることも。外傷がない分表面化しにくいが深刻な問題となっているネットいじめ...
ここで紹介するのは、2015年の2月に「Elite Daily」で公開された、Miranda Athanasiouさんの記事。「SNSが普及して、当たり前...
僕たちの生活を飛躍的に便利に、そして快適にしてくれたスマホやSNS。もはや「手放せない、手放すべき」といった賛否の議論は過ぎ去り、あまりにも日常のなかに溶...
SNSが友だち同士のコミュニケーションツールにとどまらず、世界とつながるものであることは、もはやスタンダード。誰とでもつながれるものだからこそ、ときに国境...
いまや、コミュニケーションの基盤に位置するSNS。ただ、明確なガイドラインがないだけに、使い方次第では、あなたの首を締めることにも。そう、SNSにおいても...
22歳のSonaksha Iyengarさんは、インドのバンガロールを拠点に活動するアーティスト。彼女が描くイラストシリーズ「#AtoZofMentalH...
「男らしくなければ」という意識に苦しんでいる人は多いかもしれない。言葉にせずとも、自分や相手に同じような思いを要求する瞬間はある。アイルランドのラグビーチ...
ソーシャルメディアの危険性は、さまざまなところで取り上げられているが、改めてそのリスクを再確認した方がいいかもしれない。とくに未成年のユーザーに関しては。...
これは「リア充っぽい投稿」に見え隠れする影の部分を描いた作品。いつも目にしているフィードと見比べると…思い当たる節があるかも。編集された生活とその結末とは...
新しい行動を促す自己啓発記事は数あれど、それらのほとんどは実践するのが難しい印象。たとえ一歩を踏み出せたとしても、継続するのはハードルが高いものです。でも...
英・テレグラフ紙のインタビューで先日、母の故・ダイアナ妃の死がきっかけで心を閉ざし、精神的に苦しい時期を過ごした期間があったことを告白した、英王室のヘンリ...
大切なのは「上手に使うこと」。なんて、もう聞き飽きてしまった人も多いでしょう。けれど、SNSの闇に飲まれてしまう危険性は誰もが抱えていること。スタンフォー...
SNSの危険性を過激な手法で注意喚起する実験動画のご紹介。これは、誘惑される子供たちが悪いというよりも、いかにSNSを介せば、彼ら簡単に誘惑できてしまうか...
アメリカでいま、初めて女性が紙幣に起用されようとしています。ジェンダーの平等では、日本よりも意識が高いはずのアメリカですが、意外にもこれまで紙幣になった女...
一般的に、男性が守ってあげたくなる「弱さ」が、女性の魅力だとされる風潮があります。しかし、ここで紹介する「Thought Catalog」の記事は、正反対...
Facebookが、自殺防止のための新機能を追加することを発表した。自殺の可能性を感じるような投稿を発見したり、他の人からレポートがあった際には、メンタル...