海苔をアートにするという発想力。老舗問屋が開発した「のりあーと」

ここに紹介するのは、精巧なモザイク画のような切り抜きで、絵柄や文様を表現した「海苔」。もちろん、どれもちゃんと美味しく食べることができますが、それよりもまずは見て下さい!

もはや、キャラ弁の粋を完全に超越しているのでは?


一枚の海苔で
ここまで表現できるの!?

Medium 44dcf13fedcb2907a48a804f0ca25a4cfd320525

伝統食材である海苔をアートに昇華させたのは、創業1894年の老舗のり問屋。「のりあーと」では、先進のレーザー加工技術をもちいて、海苔の上に自由自在に絵柄を創作します。

なんでも、2002年日韓W杯開催にちなんだ、サッカーボール型の海苔を“型抜き技術”で製品化しようという試みから始まったものだそう。試行錯誤の末、1ミリに満たない薄さでも、海苔の品質を保ちながら加工できる技術を活かしてできあがったようです。

Medium eae66fe1eb435c9c33a4a578e12d386a91c6d29b

たとえばこの「笹の葉」をイメージした文様。真ん中のカットされていない太い部分を残してあるのには、ちゃんと訳があります。以下の画像が実際に使った様子。

Medium ae5ec00e1db13b4d4155ed1ead75e57732b55539

三角に握ったおにぎりを真ん中におけば…ごらんのとおり。なんともシースルー感たっぷりなおにぎりの完成!

Medium bd5301aa7a715a7952edf5f767353803c9a22205

海苔1枚の「全型のり」に対応したものから、その1/4の手巻き用焼き海苔サイズまで、目的に合わせてデザインは様々。「のりあーと」を用いれば、いつもの手巻き寿司パーティーにグンと差がつくはず。

では、ここからは進化が止まらない「のりあーと」の世界を見ていきましょう。

もはや、海苔という
概念すらも超えている…

Medium 029c7bb8a54661511a4ae068da0374d3a3976fffMedium f5231000e45c371dd1f2ffa3980a93e963d3395bMedium 5732f4bf0fee98d871bdf3df3225c529e6ee5f21Medium ebbd292cab67035d3be25ae15ef5c17889341841Medium 5e487e28bbb259efc47c30628d6d71430d65d4e7

こちらは、切り抜いた海苔の上からさらに食用のインクで桜をあしらったもの。これからのお花見シーズンにぴったり。

Medium 271f57386116f5b53a4e69050fd72ad2ebec261fMedium f07c1ea3baec99cc2ace1d46f7d4a1e12af7c395Medium b562026ced5fd04ce10104be64cdc126def7aebeMedium a029f7c1b61061ec8223db74d356132dacbf4700

上は、笹の葉っぱに見たてた海苔。これで巻いたゴハンを“おにぎり”と呼んでしまっていいのでしょうか。

Medium 434365f7e26f8f1f1cdf85274f993cefc2552ce0Medium 21151857f6ec5664fa098a0b09758fe3366b494aMedium ebe31ade0860f083ff9dc28d5be9a9a943d0bdb3Medium 1558e19ef5bde3a85ff43ffb06274187d3f5baadMedium 72e5ce10151bb25b4693d8cab9c34c7ee33aa7d2Medium ca152e9fd704889c7270463214043ac030cf5541

オリジナルデザインも可能
まだ見ぬ海苔を創造できる!

Medium 2d2488800d98625945fde0bcba809d13c402b7d0

水引き風のでサイン。引き出物としても重宝するかも。

Medium 8bc73522bdbaa0467f933358e0d3e9dac06fb703

オリジナルのデザインやメッセージが入れられる、オーダーメイドも可。ピクニックランチのおにぎりや、手巻き寿司パーティーでお目見えしたら驚きますよね。ほかにも、誕生日のサプライズプレゼントに、または結婚式の引き出物のひとつとしてメッセージを添えて送るのもありかも。

衝撃と興奮を覚える「のりあーと」問い合わせはコチラから。

Licensed material used with permission by 小善本店
「海苔は消化に悪い」。こう藪から棒に言われても、にわかに信用なんてできない。しかし、これは多くの外国人にとっては定説らしい。それを裏付けるように、海苔を消...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつ...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
これは、アートディレクターの手によってリメイクされた「将棋の駒」。単純明快で、伝わりやすく、客観的な美しさも備えている。だけど…それぞれの役割を識別する“...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
「VISION GLASS」は、インドの老舗耐熱ガラスメーカー、BOROSIL社が製造するグラス。直火対応OKの耐熱性とミニマルなデザインがウリです。現在...
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットが登場...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。そもそも、安藤百福センターとは...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
「寒天培養」と聞いてピンとくるでしょうか。ナニソレ?という人のためにちょっとだけ説明すると、つまりはシャーレの中に寒天培地をつくって細菌を培養すること。培...
小学生のマストアイテム、ランドセル。6年間を共に過ごす、かけがえのない“相棒”です。が、中学生になると、まったく使われず押入れに眠るのがオチ。ましてや、大...
私たちの多くがイメージするものとは、あまりにかけ離れたジャングルジムを本場(?)アメリカで発見。そのビジュアルは、もはやアートと言っていいほどデザイン性に...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
「宇宙に一番近い島で、未来に一番近い芸術祭を」。そんな謳い文句を聞かされたら、もう気にせずにはいられません。2017年夏、宇宙をテーマにした新しい芸術祭が...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...