三十路を過ぎたら控えたい「8つのファッション」とは?

年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。

ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30代になったら着るのを控えたいファッションを紹介します。以下、参考にしてみては?

01.
お腹冷えちゃいますよ〜!
「クロップドトップス」

shutterstock_338462240_2

夏の定番ファッション、おへそのチラ見せ。風邪ひちゃいます。

02.
欲求不満に見えてしまう
「ミニスカート&ショートパンツ」

スカートを履くのであれば、せめて膝丈まであるものを。

03.
“セレブ感”を出すため?
「デカすぎサングラス」

shutterstock_276304994_2サングラスっていろんなデザインがあるから、洋服に合わせてコーディネートすると楽しいですよね。でも、とにかく大きければいいというのではありません。

04.
サイズが合っていない
「安物のブラジャー」

見えないからいいでしょ、なんてブラジャーを御座なりにしていてはいけません。「彼氏が欲しいのになかなか…」、と悩んでいるのであればなおさら。

自分の体にピッタリ合った、つけ心地の良いブラを身にまとうと、心身ともにポジティブになって、運気がアップ!

05.
“頑張ってる感”が半端じゃない
「高さ10cm以上のヒール」

shutterstock_189508238_2高ければ高くなるほど脚への負担は大くなります。無理はしないようにしましょう。20代のような無茶は厳禁です。

06.
子供っぽさに、違和感が…
「ジャンプスーツ」

オーバーオール然り。若い時はおちゃめで可愛いんですけどね。

07.
大きすぎるのはダメ
「フープピアス・イヤリング」

shutterstock_2674916_2女性らしさをプラスしてくれるアクセサリーは毎日のコーディネートに必要不可欠です。といっても、チョイスを間違えれば逆効果。大きさをよく確かめましょう。

08.
目立ちすぎ!
「キラキラパンツ」

日常生活では良くない目立ちかたをしてしまうので、着ないのが得策です。

Licensed material used with permission by Amerikanki

女性からすると「えっ!?」と思うようなファッションを、実は多くの男性が好んでいる。そう主張する「Elite Daily」の男性ライターKevin Schl...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
「MODE」が男性ファッションの歴史100年分を総まとめ!動画に各世代の流行を再現しました。が、全部下着なんですって。かつては、全身を覆うタイプが主流だっ...
「今日、なに食べよう?」って考えるときと、「今日、なに着ていこう?」って考えるときって…意外と似ているかも!?そんな風に「ファッション」と「食べもの」を結...
月給の何倍ものお金をハイブランドファッションに賭し、エレガントに街を歩くーー。そうして精神的に豊かでいることや平和の大切さを謳う集団「サプール」。「服を汚...
30歳は間違いなく人生の節目のひとつ。仕事でもプライベートでも責任が大きくなり始め、新たなライフステージが始まる年齢と言っていいでしょう。となると、心の持...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンド...
誰だって20代はあっという間です。「あのときこうしていれば」なんてものは無限に湧いてくるもので、いちいち後悔なんかしていたら身が持ちません。だけど、仕事に...
これまで世に登場した骨伝導スピーカー。どれもガジェット感が主張されすぎていて、オシャレとは程遠いものばかり。いくらモノが良くてもファッションとして不適格で...
バンクーバー在住のおしゃれなマルチーズ、トビーくん。なんと彼は8万5,000人のフォロワーを抱える超人気者。洋服を着た多くの“おめかし犬”の中で、彼をここ...
自分の知らない世界を見せてくれそうで、不思議と魅力的に感じてしまう「大人」な男性。…ですが、彼らに恋い焦がれるのと付き合うのは話が別。そこで、今まで年上と...
普段はほとんど使わないサングラスも、海外を旅するときは不思議とかけたくなる。日本よりも強い日差しがそうさせるのかもしれないし、海外に来たという解放感が自分...
パツワルド 敬子出版社勤務ののち米留学を経てフリーランスの編集ライター兼翻訳家に。書籍・ムック・雑誌・ウェブ、各媒体で執筆中。ほんの少し“きちんと”するだ...
20代のうちは誕生日があんなに楽しみだったのに、30歳を超えると「筋肉痛が二日遅れで来た」だの「お肌の曲がり角」だの、何かとマイナスなイメージ。だけど、2...
これはミリタリーパッチと呼ばれるものです。まあワッペンの一種ですね。ミリタリーウェアの胸や肩に、面ファスナーがあるでしょう?あそこにつけるんです。マニアの...
ドレスコードは「ツイード」。まるで、1920〜30年代のイギリスにタイムスリップしたような錯覚におちいる自転車イベントが、2009年より毎年ロンドンで開催...
陽射しの強いこの時期、俄然気になるモバイルアイテムがサングラスです。ただ、そのチョイスには毎年悩まされます。シリアスなスポーツモデルやファッションアイコン...
子どものころ、30歳にどんなイメージをもっていましたか?立派な大人?もうおじさん、おばさん?実際になってみると案外それまでと変わらないものですが、確実に2...
20代のうちは「知らない」「できない」で済まされていたことが、30代になっても改善できていないとしたら非常に残念。まず自分自身の軸がしっかりしていれば、ど...