ミントティを美味しく飲む方法「本場モロッコ式」

本場モロッコでは「そんなに?」と思う高さから注がれるミントティ。角砂糖をたっぷり入れて飲む不思議な味に、旅行者は戸惑いつつも、モロッコを離れる頃には名残りおしくてたまらなくなるのだとか。本場のミントティは、それ自体が一つの思い出になるほどに魅力的な存在だ。

実はミントティにはこだわりが詰まっている。例えば高い所から注ぐのには「お茶を混ぜる」という目的があるのだが、ここでスプーンを使わないというのは、こだわりというよりはむしろ作法に近い。ゆえにそれを無用と切り捨ててしまうのではなく、モロッコ式茶道を実践してみてはどうだろう。

自宅で簡単にできる!
ミントティの作り方

こし器にミントを入れる際は、太い茎を入れないのがポイント。モロッコでは「入れると頭が痛くなる」と言われている。

ポットにお湯を注ぎ、それを火にかける。その際ポットの蓋は開けたままにしておくことで、吹きこぼれを防ぐ。

ミントティをマドラーやスプーンで混ぜるのは野暮。煮だしている途中「一度コップに注いで、再び戻す」という作業を2、3回。そのスキに濃さを確認する。

好みの濃さになったら、高いところからコップに注ぐ。甘みが足りなければ角砂糖を足して、ジュワジュワーっと溶けたら、完成!

ミントティに関するアレコレ

■本場では、ティリーフは中国茶って知ってた?

モロッコで飲まれているミントティの茶葉は中国の緑茶が一般的。発酵していないという点では紅茶や烏龍茶とは異なり、蒸さないで炒っているという点で日本の緑茶とは異なるが、基本的に元は同じ。

■ミントはモヒートの「アレ」で!

使うミントは、ケーキの上にちょんとのっているペパーミントではなく、主にモヒートに使われている「イエルバ・ブエナ」と呼ばれているもの。

■ポット&お盆は銀、コップはガラス

まずポットは、必ずと言っていいほど重厚感のある銀色のポットがモロッコでは使われる。急須でも紅茶を入れられるが使わないのと同じで、ミントティはこれでないと! また、お盆もポットと同素材のもので。

コップは陶器ではなく、ガラス。写真のように、コップにミントを直接入れるのもアリだ。


そのほかのモロッコの記事はコチラ

All Photo by Dan Imai/All Illustration by Ricco.
Licensed material used with permission by 『トリコガイド モロッコ』

 

リアドは「中庭付きの邸宅」、あるいは「緑のある家」という意味のアラビア語。かつての上流階級が建てたものだが、「使いにくい」という理由である時期は放置されて...
モロッコの都市マラケシュのメディナ(旧市街)の西側にあるのが、ジャマ エル フナことフナ広場。モロッコ旅のトップ・エクスペリエンスだ。夜は巨大なディナー会...
モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、...
モロッコの革製の履物「バブーシュ」について。さまざまな情報が断片的に載っているけれど、どこよりもまとまってる自信、アリマス!バブーシュとは、カカトが折れて...
「中庭付きの邸宅」、「緑のある家」という意味のアラビア語であるリヤド。モロッコの上流階級が建てたリヤドは、今宿泊施設となって、多くの観光客を楽しませていま...
ヨーロッパの人々にとってモロッコは極めてメジャーな存在だ。スペインからジブラルタル海峡を挟んで僅か14kmの所に位置するこの国は、「手軽に異国情緒を味わえ...
近年、旅好きの間で人気のモロッコ。東洋とも西洋とも違う文化を感じる町並みや世界遺産に広大な砂漠、さらにはタジン鍋に代表されるモロッコ料理に可愛い雑貨と、と...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
最近のオーガニック志向は、口にする食材ばかりか、衣類や化粧品、洗剤や石けんにも。こうした健康ブームを受けて、アメリカで話題となっているのが、自家製歯磨き粉...
スターバックスに通うようになってもう何年も経つが、そのホスピタリティの高さには毎回感心してしまう。通勤途中にある店舗では、ブラックエプロンを身につけた、店...
これは、いわゆるブルスケッタの簡単版。片手でつまめる気軽さはもちろん、食欲をそそるものからスウィートなものまで自由自在なのがミソ。「バゲット・バイツ」と呼...
この記事のテーマは「紅茶」です。でも、一般的な紹介とは違い、味には一切言及しません。だって、この「NOVELTEAS」は、飲みものとしてではなくむしろ、部...
一般的なポップコーンのつくり方は、熱したフライパンに油やバターを溶かして、ポップコーン豆を弾けさせていく方法。それをもっと手軽に、さらに風味豊かなアレンジ...
 ヨーグルトというと、日本ではジャムをかけてデザートにするのがごく普通の食べ方だろう。しかしインドから中央アジア、中東にかけての一帯では、ヨーグルトは料理...
世界一青い街と呼ばれ、旅人たちを魅了するシャウエンこと、シェフシャウエンの街。その一番の見所は、時間の経過に伴い、“青”の色みが変わること。特に必見は夜。...
冷たい水を入れてもドリップには10分とかからないそうです。使い方もシンプル。たとえば、コーヒーなら…もちろんお茶もいれられます。充電式ですが、ACアダプタ...
世界のコーヒー文化の多様性を知る手がかり、そのひとつが飲み方。はちみつ、シナモン、バター、レモン、塩、真っ赤に焼けた木炭まで入れる国もあります。では、数あ...
キリンの午後の紅茶シリーズから発売された、『恋のティーグルト』をご存じですか? 紅茶でありながら、甘酸っぱいヨーグルトテイストという話題の紅茶飲料です。た...
テクノロジーが進化し、どんどん便利になる今日この頃。目新しいアイテムも魅力的ですが、一方で「昔ながらの知恵」に立ち返りたくなることもあります。たとえば、消...