ウィキよりも詳しい。 モロッコの履物「バブーシュ」のすべて

モロッコの革製の履物「バブーシュ」について。さまざまな情報が断片的に載っているけれど、どこよりもまとまってる自信、アリマス!

バブーシュとは、
カカトが折れてる
スリッパのようなもの

バブーシュは見た目的にはスリッパである。ただ構造的にスリッパとは決定的に違う点もあり、それは「使わないけれど一応、カカトが設けられている」という点。“折る”前提でカカトを作り、ほとんどのものは折った状態で糊付けされている。 まれにまったくカカトがないものもあるが、これはもう、スリッパである。

ツマ先の形状は2種類
「ベルベル」「アラビック」

尖っているものと、丸いもの。バブーシュのトゥはこのどちらかに大別できる。丸いものはベルベル人の「ベルベル」、尖っているものはアラブ人の「アラビック」と呼ばれているが、深い意味はまったくないそうで、「ただ単にモロッコ人も2種類、バブーシュも2種類だからじゃない? 誰かがそう呼び始めただけのことでしょう」とは、現地のバブーシュ店の主の言葉。 良い悪いはもちろんなく、ただのデザインなので、好き好きで選べば良し。

知ってた?
外履きと内履きがある

モロッコでバブーシュ店に立ち寄ると「ソトバキ? ウチバキ?」と聞かれる。そう! バブーシュ=内履きだと思っている人が多いが、むしろバブーシュは基本的に外で履くものなのだ。 実際モロッコの人々はきちんとした民族衣装を着て出かける時こそ、革のバブーシュを履いていく。違いはアウトソールの強度。硬いアスファルトの上を歩くためには、それなりの強度が必要で、アッパーとの縫い合わせも異なる。

作られた町でデザインが
微妙に異なる

バブーシュはもう一つ、作られた町で「マラケッシュ」と「フェス」に分けられる。この線引きは難しく、実用的には何か違いがあるわけではない。目安としてはマラケッシュで作られたものは、デザインが大人しく、内履きが多い。フェスで作られたものは、工夫された意匠のものが多く、基本的には外履きになっている。

カカトのあるバブーシュは
通称「アディダス」!?

バブーシュの定義を根底から覆す“カカトあり”のバブーシュ。もはやこれは革靴であり、バブーシュ感のかけらもないが、モロッコの人は意外と履いている。結局カカトを折って……。 ちなみにこのタイプが「アディダス」と呼ばれているのは、3ストライプのスニーカーに似ているから、という理由だけだろう。もうスリッパというより靴に近いといえる。

バブーシュを選ぶ際の
目利きポイント3つ

最後にモロッコでバブーシュを購入する際に、見るべきポイントを3つ紹介しておこう。現地に訪れる機会がある人は、要チェック!

01.超臭いのは、悪い素材を使っているから

02.値引き前提で来るのは悪徳業者かも!?

03.日本で使うイメージが湧くものを!

そのほかのモロッコの記事はコチラ

Licensed material used with permission by 『トリコガイド モロッコ』

ヨーロッパの人々にとってモロッコは極めてメジャーな存在だ。スペインからジブラルタル海峡を挟んで僅か14kmの所に位置するこの国は、「手軽に異国情緒を味わえ...
ロンドンのデザインスタジオで製作された、とってもオシャレなスリッパを見つけました。洗練されたデザインも然ることながら、本当に、このまま外履きとしてお出かけ...
本場モロッコでは「そんなに?」と思う高さから注がれるミントティ。角砂糖をたっぷり入れて飲む不思議な味に、旅行者は戸惑いつつも、モロッコを離れる頃には名残り...
モロッコ料理というと、とんがり帽子のような鍋蓋が特徴的な“タジン”を思い浮かべる人が多いだろう。確かにこの煮込み料理はモロッコ料理の代名詞で、ベジタブル、...
モロッコの都市マラケシュのメディナ(旧市街)の西側にあるのが、ジャマ エル フナことフナ広場。モロッコ旅のトップ・エクスペリエンスだ。夜は巨大なディナー会...
「中庭付きの邸宅」、「緑のある家」という意味のアラビア語であるリヤド。モロッコの上流階級が建てたリヤドは、今宿泊施設となって、多くの観光客を楽しませていま...
近年、旅好きの間で人気のモロッコ。東洋とも西洋とも違う文化を感じる町並みや世界遺産に広大な砂漠、さらにはタジン鍋に代表されるモロッコ料理に可愛い雑貨と、と...
リアドは「中庭付きの邸宅」、あるいは「緑のある家」という意味のアラビア語。かつての上流階級が建てたものだが、「使いにくい」という理由である時期は放置されて...
スペイン・バレンシア南部の街エルチェは、実に1,000以上の靴工場が軒を連ねる、履物産業がさかんな地域。この街で家族経営を営む「CP Slippers」は...
インタビュアー(以下I):おいおいお前たち、なんで木に登っているんだ?ヤギ(以下Y):僕たちが住むのはモロッコのサハラ砂漠地帯なのだメ〜。I:砂漠が何か関...
モロッカン陶器ができるまで幾何学模様の組み合わせでできたゼリージュや鮮やかな色……日本でも人気の高いモロッカン陶器。フェスは陶器の代表的な産地だ。「フェス...
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
小学生の男の子が、弟のために新聞紙で作ったドラクエの装備品。これがキッカケとなり、研究に研究を重ねた彼は、災害時でも役立つこと間違いなしの「簡易スリッパ」...
このスリッパ、一見なんでもないように見えますが、かなりのスグレモノです。まず、履き口が広い。ぺったんこのスリッパで履く時にモタモタしたことが誰でもあると思...
〈ISLAND SLIPPER〉×〈BRIEFING(ブリーフィング)〉とのコラボモデルのスリッパは、履き心地抜群。機内で、リゾートで、リッチな気分を味わ...
自分の足にぴったりのフィット感にできるところが、ひものついたスニーカーのいいところ。でも、脱ぎ履きするたびにいちいち結び直すのも大変だし、無精してそのまま...
いい靴に出会うと、20年だってつき合うことができるといいます。一緒に年を重ねるごとにどんどん自分の足に馴染んでくる。こうなるともう、完全にパートナーみたい...
伝統工芸の技術をいかし、竹で作った「Hazang」は、控えめだけれどモダンなデザインで、お部屋の内装を問わず、いい音を届けてくれます。スマートフォンやタブ...
2008年、東京・南青山のビルの一室にオープンした靴磨き専門店「Brift H(ブリフトアッシュ)」。その創立者の一人が、明石優という人物だ。目の肥えたハ...
「靴磨きを毎日の歯磨きくらい当たり前のことにしたい。ちゃんと手入れすれば、20年は履けますよ」。先日公開したインタビュー記事の中で、このように述べている靴...