創業100年。京都の料亭「岡崎つる家」で挙げる結婚式が素敵すぎる・・・

結婚式は2人を支えてくれた家族・友人がいたからこそ迎えられるもの。きっとどのカップルも、彼らへの恩返しとして最高のおもてなしがしたい、と考えることでしょう。

そこでポイントとなるのは式場選びですが、「岡崎つる家」こそ、最も相応しい“恩返しの場”と言えるかもしれません。
関西在住のカップルからはもちろん、「小旅行を兼ねて」と、首都圏在住のカップルにも人気なのだとか。

エリザベス女王、
ダイアナ妃も訪れた
日本を代表する料亭

外観_つる家

空間_つる家

京都左京区。平安神宮のほど近くに「岡崎つる家」はあります。歴史は古く、昭和天皇即位の大礼が京都御所で行われる際、日本全国の貴族院・衆議院をもてなしたことがはじまりでした。

160226_0365

3,300㎡に及ぶ広大な敷地内には、文化勲章を受章した建築家吉田五十八による“数寄屋造りの傑作”の呼び声も高い貴重な日本家屋と、建仁寺の庭園も手がけた作庭家加藤熊吉による庭園が相まって、趣深い大和絵のような世界が広がっています。

庭園_つる家

これまでにアメリカ大統領やエリザベス女王、ダイアナ妃など各国元首や財政界の要人など数々の貴賓を迎えてきた、まさに日本を代表する料亭です。

btn_novarese_160324

創業100年。
伝統と真心が込められた
会席料理が贅沢に味わえる

FotorCreated

東山山麓を借景とした庭園を眺めながら味わう会席料理は格別です。「味は加えず、引き出す」 「味付けならいくらでもできる。素材そのものの美味しさを引き出すことこそ難しい」という創業当初からのコンセプトに沿って、伝統的な技を駆使。火加減や包丁さばき、また出汁や味噌、酢の繊細な風味にまで神経を研ぎ澄まして調理されているのです。

日本人としての美徳を大切にする
「つる家」の結婚式

160226_0093

和心_つる家

さて、この歴史ある「つる家」での日本の伝統と格式を重んじた結婚式は、2人を支えてくれた大切な家族・友人への最高の恩返しとなることでしょう。感謝の気持ちが込められた本物のおもてなしと日本家屋が持つ木のぬくもりを感じる風雅な披露宴会場──。

ゲスト全員の記憶に残る、素晴らしい結婚式になることは間違いありません。

流行に流されることのない“和婚”で
ゲストの記憶に残る、ひとときを

和婚_つる家

今となってはウェディングドレスを着て、チャペルで挙式を行う欧米風の結婚式がスタンダードです。だから、みんなと違った結婚式がしたい!と考えているカップルこそ、“和婚”を選ぶべきでは?

最近は、「日本人に生まれたからには!」と、日本人の美徳を大切にしたスタイルを選ぶカップルも増えてきているそうですよ。

btn_novarese_160324

Sponsored by NOVARESE

60年前に挙げた結婚式、思い出せるような写真が一枚も残っていなかった老夫婦がいました。その後、9人の子ども、16人の孫、そして4人のひ孫に囲まれて幸せな時...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
自然と調和して暮らしたい(しかも、快適性も担保しつつ…)。そんな住宅がついに登場! なんとこの家、水に浮かんでいるらしいんです。水面にポッカリ浮かぶデザイ...
台北で茶商をいとなむ十年来の友人夫婦がいる。何度もお互いに行き来し、趣味嗜好もだいたいは把握している仲。なので台湾を訪れるときは、決まって彼らのサロンから...
2014年夏、全米で話題となった99歳のおばあちゃんLillian Weberさん。当時、彼女にはある目標があった。「100歳の誕生日までに1,000着の...
今日は結婚式。会場はカリブ海のまんなか。主役である花嫁はまるで人魚のよう…。まわりのゲストたちも水をかけて祝福しています。そんな夢のような結婚式を挙げたの...
世界を変えられるとしたら…こんな質問に下は5歳、上は105歳までの男女が、「if」の世界を言葉にしている。意外にも、ほぼ全員が“誰かのため”に世界を変えた...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
南極の冒険者を支援する団体「Antarctic Heritage Trust」が、100年前のものと見られるフルーツケーキを発見しました。ブリキの箱に入れ...
意中の相手は自分から捕まえにいく。いまのご時世、女性から積極的に声をかける「逆ナンパ」も珍しくありません。恋愛に奥手になっているのはむしろ男性の方…。かど...
「Wikkelhouse」は、少なくともその寿命が50年以上と謳われているコンテナハウス。雨に強く、100年ほどは暮らせるとも。カンタンに運べるうえに、た...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
歴史的建造物が多く残り、観光地としても人気の「京都」。その地で活躍した人物や歴史的事件は、国内外問わず多くの人が興味を持っています。これまで、地図や鉄道関...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
あの「くまモン」の生みの親・小山薫堂氏が代表を務める下鴨茶寮。同社が2015年1月から本格的に販売を開始した、粉末醤油調味料「料亭の粉しょうゆ」が、見れば...
京都・伏見の地で、340年以上にわたる伝統を紡いできた造り酒屋、増田德兵衞商店。2017年6月29日、この由緒ある酒蔵を舞台に、伝統と現代を結ぶ新たなスキ...
今年で12年目になる『京都手帖』。京都広域MAP、鉄道路線図、バス路線図、葵祭・祇園祭・時代祭のルートMAP。さらには、主要な社寺の拝観データ、文化施設の...
大好きな人とするキス。でもその顔って、じっくり見たことないですよね。自分のキス顔なんてもちろん見たことがないし、相手のキス顔だって、はっきり見えるものでは...