母から娘へ、花嫁へ「宝石」を受け継ぐ。ヨーロッパに古くから伝わる習慣「ビジュ ド ファミーユ」が素敵すぎる・・・

宝石はそれ自体に人を魅了してやまない輝きがありますが、実は遠い昔から、素敵な想いがそこに込められていることを知っていましたか?

家族の想いを、
宝石を通じて受け継ぐ
“ビジュ・ド・ファミーユ”

bijou de famille(ビジュ ド ファミーユ)」、それはフランス語で「家族の宝石」という意味。祖母から母へ。母から娘へ、あるいは、花嫁へ。家族の「愛の証」として一生もののビジュ(宝石)を、世代を超えて受け継いでいく、ヨーロッパでは古くから伝わる習慣です。ひとりひとりの命は限りあるものですが、宝石の輝きは永遠。家族の愛が、宝石の輝きのように永久に続いていくようにと想いが込められたのです。

例えばイギリスでは、キャサリン妃がダイアナ妃のサファイアを婚約指輪に受け継いだ、というエピソードがあります。

「家族の愛」にピッタリな
宝石は、日本にあった

160402_fetaria_002そんな素敵な習慣にピッタリな宝石が、実はここ日本にありました。その名は、“Wish upon a star”。複雑に輝くカットの中に浮かび上がるふたつの美しい星が特徴のダイヤモンドです。この星形のカットは高度な技術が必要とされ、世界でも10人ほどしかいないトップマイスターだけが生み出せるもの。小さい星は夢や目標に向かって奔走する「今」の自分、大きな星はそれを叶えてひとつ大きく成長した「未来」の自分を表現しており、「星に願いを」という名の通り「夢が叶うダイヤ」と言われています。

話題の現代アーティスト・小松美羽さんは、Wish upon a starを自らの作品「新・風土記」の中に植え込み、その絵を日本有数のパワースポットである出雲大社に奉納。それ以来自身もWish upon a starを身につけ、世界に羽ばたく活躍を続けています。 60億年前、ダイヤモンドは地球よりも前に誕生し、宇宙空間を漂っていたと言います。ダイヤモンドはまさに「星」だったのです。古から変わらない星の輝きを表現したWish upon a starこそ、「ビジュ ド ファミーユ(家族の宝石)」に最も相応しいと言えるのではないでしょうか?

一生ものに出会う「特別な場所」
フェスタリア ビジュ ソフィア

Wish upon a starを作り続けているのが、今年10周年を迎えるジュエリーブランド、『festaria bijou SOPHIA(フェスタリア ビジュ ソフィア)』。「ビジュ ド ファミーユ(家族の宝石)」の想いをブランドコンセプトに掲げ、一生身につけたくなるジュエリーと出会える「特別な場所」を目指しています。

これからも一人でも多くの人に「夢を叶えるジュエリー」を届け、「ビジュ ド ファミーユ」という素敵な習慣を伝えていくという志を持ったブランドだから、きっとあなたの一生に寄り添い、その先まで輝きを失わないジュエリーが見つかるはず。

btn_festaira_160402

Sponsored by SADAMATSU

何も知らされないまま友人に連れてこられた学校の教室。そこへ家族が“先生”と­なって現れ、これまでの人生を振り返りながら、想いや感謝の気持ちを授業として発表...
ここで紹介するのは、「Lessons Learned in Life」で掲載された、年老いた母が、娘に贈った手紙という記事。すこし物忘れをしやすくなってし...
カナダのバンクーバーに住むCaitlin Fladagerさんは、夫と3歳の娘、1歳の息子と暮らす4人家族。そんな彼女の、Facebook投稿が話題になり...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
これから紹介する90秒のアニメーションは、マルコメ株式会社のTVCM「料亭の味 カップみそ汁 夜食篇」。素直になれない受験生の娘と不器用に娘を思いやる父の...
ある日、母親のエイミーさんはもうすぐ中学生になる娘に、歯磨き粉の中身すべてをお皿の上に出すよう指示し、こう言いました。「この歯磨き粉を全部、またチューブの...
母想いの息子が、一緒に観光旅行をしているだけの「ブログ」かと思いきや、そこには心温まるストーリーがありました。息子のBarton Brooksさんは、婚約...
「これ以上の輝きは、もうないのでは」博物館の学芸員にこう言わしめた、史上最高の輝きを放つオパールが、いよいよ一般公開されるという。「ヴァージン・レインボー...
バレエ教室で練習に励むのは、可憐な女の子と…ぎこちないパパ!?おかしくって思わず吹き出しちゃうバレエレッスンの動画が、話題になりました。動画を再生すると、...
幸せの絶頂で迎える結婚式──。女性がもっとも美しく輝くこの日、ウェディングドレス姿の花嫁が、今まさにヴァージンロードを歩いてきます。その幸せの瞬間に、花婿...
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
風が冷たくなり、秋の気配が漂ってきた今日この頃。そろそろ紅葉の季節も近くなってきましたね。四季の移り変わりで毎年楽しめる紅葉ですが、美しいのは日本だけでは...
離婚をしてしまったら、結婚していたふたりは他人同士にならざるを得ません。でも子どもにとっては、ふたりがいつまでも自分の親であることに変わりはないのです。子...
肺がんと闘う病床の母の願いを叶えてあげたい。娘Rosie SkripkunisさんはFacebookを利用し、自身のタイムラインに、いちるの望みを託してあ...
花婿のタイラーさんと花嫁のチェルシーさんの結婚式。ブーケトスの時間がやってきました。「1、2、3、せーのっ」と、投げると思いきや…ブーケを投げずに手渡しを...
いまある日常をすべて捨て、自由気ままな無期限の旅に出る…あこがれはあれど、簡単にできることではありません。それをスパッと決断。6歳の娘とアジア圏を暮らすよ...
子どもの知能は、どうやって決まるのでしょうか。遺伝的には両親ふたりから受け継ぐと考えられていましたが、最新の研究ではなんと、母親の影響のほうがずっと強い可...
海外旅行をすると、今まで自分が知らなかった文化や慣習に出合います。そうした一種のカルチャーショックこそが、楽しかったりもしますよね。ここで紹介するのは、そ...
ママが出張で、パパと娘がお留守番。そう聞いて、そこはかとなく不安が漂ってしまうのは、どこの国でも同じなようです。とあるロシア人の父娘は「ママ、こっちは大丈...
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...