イタリアで人気の「ゼンパスタ」など。ダイエッターにおすすめのパスタをまとめて紹介!

近年、「太る原因は糖質だった」と様々なメディアで騒がれていますね。 その影響もあってか「パスタは太るから……」と敬遠している人もいると思います。

とはいえ、麺類は簡単にやめられるものではないのです。専門的な話になりますが、麺類には、喉越しや、すすった時の触覚刺激があります。また、絡んだソースや出汁によってダイレクトに口内の味覚受容体に届き、美味しいという感覚を刺激します。いくら太ると言われても、これらの感覚はなかなか忘れられないものなのです。

「ダイエットはしたいけど、パスタは食べたい!」というワガママな人に、この3種類のパスタをオススメします。

イタリアから日本にも
人気が飛び火!
「ゼンパスタ」

th_pasta2

まずは、パスタの本場イタリアで人気を獲得した『ゼンパスタ』。日本の乾燥しらたきを使ったパスタの代替商品です。乾燥させることで弾力のある歯ごたえと、ソースの絡みやすさを実現しています。とくに体型管理が必要なモデルさんに愛用されているそうです。 味は若干こんにゃく特有の風味がします。

ちなみに『ゼンパスタ』が手に入らないという人は、市販のしらたきでも代用可能です。フライパンで乾煎りをし、水分をしっかりと飛ばせばOK。食べ応えは十分です。

ソースと絡みやすく
食感もばっちり
「ベジパスタ」

th_pasta4
ローフードの世界で話題になったベジパスタ。ローフードとは加熱をしない食事を摂る健康法です。

作り方はシンプルで、生で食べられる野菜を薄くパスタ状にスライスすることでパスタに見立てます。スライスは包丁を使うと難しいので、スライサーを使うのがベター。 生のまま食べられるので、ローフード愛好家に親しまれていますが、さっとゆがいてソースと絡めても美味しいですよ。

野菜の歯触りのある食感が心地よく、かさも増えて彩りも良くなるので、代替品とはいえ、かなり満足度が高いのが特徴です。

美容効果も期待!
スーパーフードで作る
「キヌアのクスクス風」

th_pasta3
数あるスーパーフードのなかでも、人気が高いのが南米原産の雑穀です。キヌアはネット通販でも売っていますし、スーパーなど量販店でも取り扱いが増えて買いやすくなりました。

これを世界最小のパスタであるクスクスに見立てて調理することでヘルシーパスタに早変わり!

キヌアの味は香ばしい野性味ある香りがしますが、胡椒やハーブや香りの強いオリーブ油を使うことで食べやすくもなります。これに野菜や生ハムを刻んでドレッシングを和えると完全に見た目もクスクスです。キヌアのプチプチとした食感が加わるので歯触りや噛みごたえが加わってさらに満足度もアップしますよ。

パスタは太るという概念を覆す、近年話題になったネオパスタをご紹介しました。ダイエット中の方はもちろん、どれも家で試しやすいのでぜひ食べてみてください。

フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チームです。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
「Food52」に登場するパスタメニューは山ほどありますが、これまで見てきたものの中で、ここまで貧相なビジュアルのパスタは初めて。紹介者のAnnie Cr...
あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライ...
ニューヨークで高級ギリシャ料理レストラン「Loi Estiatorio」を営む、シェフのマリア・ロイさんが、地中海料理の上手な取り入れ方を「The New...
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
イタリアのイメージが強いパスタ料理ですが、イオニア海を南東に下ったギリシャでも、古くからラザニアによく似た「パスティツィオ」という料理が親しまれてきました...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
ダイエット中の残念なチョイスを避けるテクニックを、手島奈緒さん著『外食女子のための太らない選択』(サンクチュアリ出版)でチェック。外食時に役立つ知識が盛り...
本場イタリア人が見たら、驚嘆の「マンマ・ミーア!」が聞こえてきそうなこのパスタ。一度目にしたら忘れられない、ド派手なピンク色。間違いなくインパクト大!とこ...
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
キヌア、チアシードに続くトレンドとして注目されている、スーパーフード「フリーカ」。昨年秋に日本に上陸して以降、ヘルスコンシャスな人々を中心にハマる...
食べやすく、見た目も華やかなフィンガーフードは、さまざまなシーンで重宝できます。ここで紹介したいのは、米レシピサイト「Allrecipes」に掲載されてい...
正直いって見た目はイマイチですが、得てしてそういうものの方がおいしかったりするものです。マーケットや屋台でおそるおそる口にする、B級グルメがその典型。それ...
女性をデートに誘う時は、オシャレな飲食店を選びたいですよね。ラフ過ぎることもなく堅苦し過ぎることもない場所といえば、イタリアンにたどり着くことが多いのでは...
2016年8月24日未明にM6.2の地震がイタリア中部を襲いました。壊滅的な被害を受けた街アマトリーチェ(Amatrice)を支援するため、民間レベルでの...
体重167キロ。医師には「命の危険性がある」と言われるほどまで太ってしまったのは、シェフのカルミネ・コッツォリーノさん。N.Yに自分のレストランをオープン...
2015年10月18日、Twitterに投稿されたいろは@速度制限中さんのツイートには、ほんの少しの工夫で劇的に便利になった「パスタの袋の開け方」が紹介さ...
SNSで何かを共有し、その価値を交換する方法は様々。例えば、Uberなら「移動手段」を、Airbnbなら「スペース」をーー。そして、ここで紹介する「Fea...
サラダなどで目にする「カッペリーニ」という名の細いパスタ。トマトやバジルの冷製パスタで目にしたことがある方も多いかもしれません。ただ、どうしても冷製という...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...