「名物パスタを食べて寄付しよう」Facebookから始まった、イタリア地震への支援活動

2016年8月24日未明にM6.2の地震がイタリア中部を襲いました。壊滅的な被害を受けた街アマトリーチェ(Amatrice)を支援するため、民間レベルでのさまざまなボランティア活動がスタート。そんななか、この街で生まれたある名物料理を食べることで募金しようという動きが広まっています。

アマトリチャーナを食べ
一皿で2ユーロの寄付を

「アマトリーチェの人たち、そして地震で被害にあった地域の人たちを支援しよう。スパゲッティ・アマトリチャーナをオーダーしたら、一皿につき2ユーロを被災地の人たちに寄付。お店からも、お客からも支援の輪を広げよう」

「CNN」の記事によれば、ローマ出身のグラフィックアーティストPaolo Campana(パオロ・カンパーナ)さんは、地震発生の翌日「アマトリチャーナを食べて街を救おう」という文言とともに、自身のFacebookでこう呼びかけました。

積極的にレストランがアマトリチャーナを提供し、お店とお客が1ユーロずつ合計2ユーロ(約228円)を、イタリア赤十字社に届け募金に充てる。カンパーナさんによれば、チャリティへの呼びかけからわずか2日間、イタリアでは既に700店を超えるレストランが賛同したと言います。

「Eat For Italy」
支援の輪は世界にも

SNSを使ったチャリティへの呼びかけが、世界のイタリアンレストランへと拡散するのにそう時間はかからなかったようです。「NPR」が伝えるところによると、米ロサンゼルスの複数のイタリアレストランでも同支援を開始、カナダやイギリス、そして日本でも。

パンチェッタ(豚バラ肉の塩漬け)を入れたトマトソースに、羊の乳からつくったペコリーノチーズ。アマトリーチェ地方に暮らす羊飼いが1700年代に考案したとされるメニューは、地元の郷土料理のひとつ。毎年恒例のアマトリーチェを祝う祭りを数日後に控えている中で起きた今回の大地震。

食べることでイタリアを支援する。あなたのよく行くイタリアンでも、「Eat For Italy」できるレストランがきっとあるはず。

Reference:CNN, NPR, Paolo Campana
「サッカー日本代表のエース」「ACミランの10番」そんな“本職”以外にも、「経営者」や「クラブオーナー」「MITメディアラボ特別研究員」など、さまざまな肩...
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
女性をデートに誘う時は、オシャレな飲食店を選びたいですよね。ラフ過ぎることもなく堅苦し過ぎることもない場所といえば、イタリアンにたどり着くことが多いのでは...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
ひと袋に何個も入っているじゃがいもを買うと、料理によってはいくつか余ってしまうことがあります。使い回しが利く野菜だけに、1個ずつでも料理に使えるのですが、...
体重167キロ。医師には「命の危険性がある」と言われるほどまで太ってしまったのは、シェフのカルミネ・コッツォリーノさん。N.Yに自分のレストランをオープン...
2016年4月14日21時26分ごろ、熊本県で最大震度7に及ぶ地震が発生しました(気象庁)。「防衛省」は、述べ約2,100名の自衛隊員を救援活動のために派...
乾燥して固くなってしまったバゲットをどうするべきか、こんな検索をした経験ありませんか。イタリアの家庭料理から、固くなったパンのステキな活用術を紹介します。...
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
近年、「太る原因は糖質だった」と様々なメディアで騒がれていますね。 その影響もあってか「パスタは太るから……」と敬遠している人もいると思います。とはいえ、...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
今日、4月16日は「イースター」です。キリストの復活祭として、世界各地で多様なお祝いの仕方があるようで、お祝いのアイコンもイースターエッグやうさぎ型のチョ...
あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライ...
ドイツの古城やメキシコの遺跡を目の前にして、こんなことを考えたことってありませんか?「一度でいいから住んでみたい」と。そんなとき「Airbnb」を使えば、...
イタリアのイメージが強いパスタ料理ですが、イオニア海を南東に下ったギリシャでも、古くからラザニアによく似た「パスティツィオ」という料理が親しまれてきました...
イタリアの市街地は、どこも趣のある古い建築物がたくさんある。有名な観光名所だけでなく、何気ない通りでも、思わずカメラを向けてしまうほど旅情感たっぷりだ。ビ...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
SNSで何かを共有し、その価値を交換する方法は様々。例えば、Uberなら「移動手段」を、Airbnbなら「スペース」をーー。そして、ここで紹介する「Fea...
日本とイタリアの国交樹立150周年にあたる2016年。日本文化(着物地)とイタリア文化(シルク)を融合させた「リバーシブルスカート」をメインアイテムとする...
大自然のなかで食べるごはんのおいしさといったらない。そのために山を登る人だっている。道具や素材が限られているのに、食べ慣れたものでさえいつもより感動してし...