「朝穫れ野菜」を楽しめるオーガニックバルが、食べ飲み放題会員を募集中!

2016年1月に銀座にオープンした「STAND BY FARM」は、千葉県佐倉市にある自家農園「在来農場」直送の、穫れたて&無農薬・無化学肥料で育てた野菜を堪能できるオーガニックバル。実はこのたび、クラウドファンディングサイト「Makuake」限定となる同店の食べ飲み放題会員の募集が開始され、話題になっているようなのです。

朝穫れ野菜のおいしさを、
いつでも手軽に楽しめるように

Medium 23e7d8071556bc8fef15c1c97c674458604367ba

作業を終えた農家がカジュアルに食べる野菜をイメージした料理は、「固定種」ならではの個性とインパクトを存分に活かした仕上がりに。「ブロッコリーの丸蒸し」や「玉葱の丸ごと鉄板焼き」など、野菜ごとに好みの調理法を選択できるスタイル。もちろん、そんな野菜と相性抜群の肉料理やオーガニックワインも取り揃えています。

Medium 59ea1d4122a7e7857c9013c8cf0248c9f40306faMedium bb8c3250bceff98f24d609b84541de085eb3866d

そもそも
「固定種」ってナニ!?

Medium 9581ff81241e708cc8ac4446fb9c4f326e3f4032Medium 81bff67a218cac25fc46aee42fe774119ac70572

固定種とは、品種改良をせず、毎年種採りをしながらつくられる“性質を固定された野菜”の意。農家が手をかけて代々受け継いでいくことで、その風土に徐々に適応するため、見た目や味にとても個性がある野菜なのだとか。

そんな個性的でたくましい固定種の野菜を、より多くの人に楽しんでほしい!という想いから、「ALL FARM」は自分たちの手で畑を耕し、育て、一番おいしいカタチで食べてもらえるよう、農場とレストラン・デリの両方を運営しているのです。

Medium f97bb82fa1b6e59912363ebb0a88f2af08abe4e9Medium 28719a88d1d61f9283c19475b1826d83b6690efe

このたび「Makuake」で手に入るのは、毎回3,000円で2時間、アラカルトが食べ放題になる会員権。嬉しいことに飲み放題もついています。一度に何名でも、1年間何度でも利用できるこの権利を、今なら6,000円で購入可能。ただし、ボトルワインは除外されています。

Medium 57c3e528af80950fe881d8a1216d29670d324574

シーズンによって、野菜とメニューがどんどん変化していくのも、STAND BY FARMならではの魅力。何度訪れても、飽きのこない新鮮な朝獲れ野菜が楽しめるなんて、イイかも!

Medium 0fa95171be11f21b8ff211ee99c6891d496d690eMedium b1b60e684bb5aff57346d7897419f0c00668dbdd

【店舗概要】
STAND BY FARM 銀座店
・住所:〒104-0061 東京都中央区銀座3-12-7 原町ビル1F
・営業時間:ランチ 11:30〜15:00(L.O.14:30)ディナー 17:00〜24:00 (L.O.23:00)
・定休日:なし

Licensed material used with permission by Makuake
屋上農園のブーム到来か・・・?アメリカ・ニューヨークに位置するブルックリン地区。ビルの屋上にふと目をやると、大都会には似つかわしくない緑に覆われた屋根が目...
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...
歌うことは不可能ではないダウン症を持って生まれた12歳の少女(Madison Tevlin)が披露した歌声に、世界が感動している。国際ダウン症候群教育学会...
2016年夏、NYの港に登場する予定のこちらの船は、「Swale」と呼ばれるプロジェクトの一環。船上に設置されるのは小さな森のような施設で、新鮮な野菜やフ...
見た目もサイズもお米のような「リゾーニ」という粒状パスタがあります。ギリシャではこれをサラダに加えて食べるスタイルが好まれているようですが、それを本物のお...
くったりとしなびたレタス、しわしわに乾いてしまったほうれん草……購入したものの、しばらく使わず野菜の鮮度が落ちてしまったという経験は誰しもあるはず。そんな...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
具体的な名前を挙げるとすれば、「KUA`AINA」や「Eggs'n Things」。日本に上陸した“ハワイアンフード”の中でも、思い浮かぶのはこうしたハン...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
NYは「フードデザート(食の砂漠)」問題の影響下にあり、新鮮な野菜が手に入りづらくなりつつあると言われています。が、健康志向なニューヨーカーたちのニーズは...
この写真は「インポッシブルバーガー」という商品。一見、肉厚でジューシーなパティに見えるけれど、肉は一切使用されていません。植物でつくられているんです。見た...
産地直送野菜──。収穫したての鮮度をいかに保ちながら、それを商品として売り場に陳列するか?これは、ブラジル大手スーパーチェーン店の企業努力を紹介した動画で...
スーパーで野菜を前にして、コレとコレどっちが美味しいんだろう…なんて悩む人って、意外と多いのでは?今回は『モノの見分け方事典』より、新鮮な野菜の見分け方を...
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
緑色ではなく、ピーマン。黄色ではなく、とうもろこし。ちょっと変わったカラー表記のクレヨンが話題です!楽しめるのは“誰も知らなかった色”その正体は、mizu...
2014年5月19日、当時国連の特別報告官を務めていたオリビエ・デシューター氏が、世界保健機関(WHO)の首脳会談で「不健康な食品はタバコよりも深刻な問題...
「庭園と図書館さえあれば、あなたに必要なものはすべて揃っている」とは、かの有名なキケロの言葉ですが、まさに「畑」を使うことで、地域の生活の質を向上させよう...
もったいない! 普段何気なくやっている調理の工程のなかには、食材の大切な栄養素を失う結果になることも!? どうせ食べるなら、栄養素も無駄なく摂取したいもの...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...