マルシェよりもイマドキ?PARISの街にオーガニック野菜の「自動販売機」が増殖中

フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。

こうした食材を、ちょっと遅めの仕事帰りでも、いつでも自由に買いものがしたい。そんな消費者のニーズに応えるように、ここ数年パリ市内に増えつつあるのが「農産物の自動販売機」です。

パリの街角に登場した
オーガニック野菜自販機

Medium 0b61077f7d33bacf3eb4b1d9a675c0b1309619e6

日本でも、畑の横に野菜の無人販売所や卵の自販機を見かけたことがありますよね。あれがここ数年パリの街角に増えつつあるというのです。

上の写真は、2015年パリ17区にオープンした「Au Bout Du Champ」の2号店。男性が手にしているニンジンのほか、じゃがいも、ルバーブ、レタス、シャンピニオン、さらには卵など、どれもオーガニックなBio食材。自販機にお金を入れ目当てのボックスの番号を入力すればロックが開き、食材が手に入るという仕組み自体は日本のそれと、さほど変わりありません。

パリ近郊の契約農家から
毎日届く獲れたて野菜

Medium 672555cd9ddbcddd55ef67704a2db9ce0e32e11d

それにしても、パリ市内に中小規模の畑ってありましたっけ?

Au Bout Du Champによると、これらの農産物はどれもイル・ド・フランスを中心に、パリ近郊100キロ圏内の契約農家から収穫されたもの。スタッフが定期的に農家と店舗を循環しながら、新鮮な野菜を補充するといいます。ちなみに、店名のAu Bout Du Champは、フランス語で「畑の隅っこ」の意。

Medium 4e2d636f5bf521466ddb06aa9faee980f49f8f8d

どこかフランスといえば、「マルシェ(市場)」というイメージがありますよね。パリにも無農薬で作られた野菜を取り揃えるマルシェはいくつかあるようですが、そのほとんどは夕方前には店じまい。つまり、仕事帰りや時間を気にせずオーガニックな野菜を手に入れたいというニーズが少なからずあったことも、この店の人気の理由かもしれません。2016年には、市内にさらに2店舗オープン予定だとか。

マルシェ巡りよりも
“自販機巡り”がイマドキ?

Medium a855f25a96f0323a2b0926258f528f968a039f87

野菜スタンドは朝8時から夜10時までの営業で、ネットから予約注文も可能。それでも、昼までには品切れになってしまう人気野菜も多いそうですよ。

これまでにも、南フランスでは24時間営業の野菜の自動販売機が設置されてきました。パリでは2011年に試験導入を始めたのをキッカケに、無人販売が徐々に浸透。野菜や農産物以外にも、3分で焼きたてのバゲットが手に入る「パンの自動販売機」なんていう“変わり種”もあるんです。

次回、パリを訪れる際はマルシェ巡りならぬ、自販機巡りなんて面白いかも。

Licensed material used with permission by Au Bout Du Champ
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
1月半ばに入って急に寒くなりましたよね。自動販売機の赤いボタンにもつい手が伸びちゃいます。しかし、そんなときにこんな商品はいかが?コーンポタージュにしよう...
アメリカ、ワシントンD.C.に設置されている自動販売機から出てくるのは、飲み物でもスナックでもありません。なんと、子ども向けの本です。子どもたちがたくさん...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...
ベルリンで大通りに突然現れた、自動販売機。そこでは1枚2ユーロ(約270円)のTシャツが売られているのですが、ある仕掛けが施されていました。2ユーロで販売...
料理好きな人ほど、食材の鮮度にだってこだわりたいもの。だからこそ、野菜やハーブを家で育てているという人も多いのではないでしょうか。ドイツ・ベルリンにあるス...
毎年、世界中でおよそ300億トンもの野菜や果物が廃棄処分されています。このなかには商品として店頭に出荷できない、見栄えが悪くいびつな形をした、いわゆる規格...
「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」「Baby Organic」は、そんな疑問を...
えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...
今日のココナッツオイルブームの火付け役とも言える女性起業家が、「ガマンしないオーガニックおやつ」の路面店をオープンしました。オーガニックなんだけど、ジャン...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
NYは「フードデザート(食の砂漠)」問題の影響下にあり、新鮮な野菜が手に入りづらくなりつつあると言われています。が、健康志向なニューヨーカーたちのニーズは...
2016年1月に銀座にオープンした「STAND BY FARM」は、千葉県佐倉市にある自家農園「在来農場」直送の、穫れたて&無農薬・無化学肥料で育...
緑色ではなく、ピーマン。黄色ではなく、とうもろこし。ちょっと変わったカラー表記のクレヨンが話題です!楽しめるのは“誰も知らなかった色”その正体は、mizu...
出先でコーヒーこぼしちゃった!でも、この後大事な約束が…。そんな時にめちゃくちゃ役立つアイテムが登場しました。使い方がカンタンな上に、かかる時間が最短30...
あったかいごはんに、菊イモと人参のきんぴら、能登の里山汁。堪らず舌先が“しっとり”してくるこの献立。2016年1月29日、石川県羽咋(はくい)市内の小中学...
食を通じて健康や文化、自分の暮らす地域を知る。近年、“食育”を通して、食の重要性を子どもに伝える授業が注目されています。ここで紹介するのはアメリカの例です...
産地直送野菜──。収穫したての鮮度をいかに保ちながら、それを商品として売り場に陳列するか?これは、ブラジル大手スーパーチェーン店の企業努力を紹介した動画で...
くったりとしなびたレタス、しわしわに乾いてしまったほうれん草……購入したものの、しばらく使わず野菜の鮮度が落ちてしまったという経験は誰しもあるはず。そんな...
完全オーガニックの学校給食がアメリカで開始される。「TakePart」のライターWilly Blackmore氏によれば、それも「地元産のみ」というこだわ...