もったいない! 野菜の栄養素を台無しにする「3つのNG」

もったいない! 普段何気なくやっている調理の工程のなかには、食材の大切な栄養素を失う結果になることも!? どうせ食べるなら、栄養素も無駄なく摂取したいものですよね。

01.
「じゃがいも」を切って、
ぐつぐつ茹でる

68654

茹で時間が短くなるため、やってしまいがちですが、実はもったいない調理法です。

いも類のなかでも、じゃがいもはとくに多くのビタミンCを含んでいます。しかし、ビタミンCは水に溶けやすいのです。カットしてから、茹でてしまうと、茹で汁にビタミンCが溶け出してしまいます。ちなみに、むくみ解消に効果的なカリウムも水溶性。ビタミンCとともに、茹で汁のなかへ……。

調理する時は蒸すか、皮付きで丸ごと弱火で茹でてみてください。スープなど茹で汁も一緒に食べてしまう料理の場合は、切ってから茹でてもOKですよ。

02.
「にんじん」の皮をむく

205846105

代表的な緑黄色野菜のひとつであるにんじん。免疫力アップに効果的なカロテンが豊富に含まれていますが、その場所が問題。皮の裏側あたりに多く含まれているのです。つまり、皮をむいてしまうと、カロテンも捨てていることになってしまう……。

皮をむかないとなると、農薬の付着が心配になる人もいるでしょう。一般的に、にんじんは出荷される前に、薄皮やヒゲ根が処理され、きれいに洗われているんです。この段階でも随分農薬は落ちていますが、家庭で調理する前に流水できちんと洗い落とせばOK。

それでも気になるという人は、無農薬のにんじんを選ぶか、皮はできるだけ薄〜くむくのが正解です。

03.
「レタス」を切ってから
水にさらす

201723401

シャキッとした新鮮なレタスが食べたい! そのためにレタスを包丁で切ってから水にさらしてる……なんてことありませんか?

新鮮なレタスには、ポリフェノールが多く含まれるのですが、包丁などの金物で切ってしまうとポリフェノールと鉄が反応し、切り口が酸化。切るなら手でちぎるのがオススメです! 断面が粗くなるのでドレッシングが絡みやすくなり、無駄に多くドレッシングを使うことも防げて一石二鳥。

さらにレタスをちぎった後に冷水にさらすと、ビタミンCやカリウムなどの水溶性の栄養素が落ちてしまいます。冷水にさらすときは、一枚ずつはがして10分程つけたら水分をよく切り、そこから手でちぎるようにしましょう。

普段使っている食材だからこそ、栄養素を無駄にしない調理方法を心がけ“もったいない調理”から卒業しましょう!

フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チームです。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

健康を維持するためにも、栄養は効率よく摂りたいものです。しかし、当たり前のようにやっていることが、じつは食材の栄養効果を無駄にしてしまっていることも……。...
「野菜炒めのコツは、強火で一気に炒めること」料理の常識として、当たり前のように語られていますが、こんな経験はありませんか?「言われたとおり強火で一気に炒め...
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
くったりとしなびたレタス、しわしわに乾いてしまったほうれん草……購入したものの、しばらく使わず野菜の鮮度が落ちてしまったという経験は誰しもあるはず。そんな...
楽しく食べられて、たくさん元気がもらえる「理想のパスタ」が登場した。毎日、健康的でいたい!って思っても、食材を揃えるのに苦労したり、費用や料理に頭を抱えた...
健康を願うなら、食材選びは重要な要素のひとつ。皮まで食べる野菜や果物は無農薬を選びたいところです。とはいえ、これらはコストが高くて毎食取り入れるのは難しい...
スーパーで野菜を前にして、コレとコレどっちが美味しいんだろう…なんて悩む人って、意外と多いのでは?今回は『モノの見分け方事典』より、新鮮な野菜の見分け方を...
フランス料理で用いられる調理法に「Sous vide(スーヴィード)」がある。空気に触れない状態で一定の温度を保ったまま、素材に火を均一に通していくという...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
葉物野菜はお湯から茹でるーー料理の常識ですが、これ絶対正解というわけでもないんです。野菜の水分が抜けてシナシナになってしまうのは、細胞膜が壊れることで野菜...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
健康のことを考えたとき、一番に始めるたいのが「食生活の改善」。野菜を多めに摂ったり、玄米にしてみたり、なんとなくでも栄養管理をする人も多いはず。しかし、そ...
食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛みにくくもな...
「食料を自給自足するのではなく、他の地域からの輸入に頼っているニューヨークで暮らす人々に、どうやって野菜やフルーツが育てられているのかを知ってほしい」。ア...
「完全食」と聞いてピンとこない人も「ソイレント」なら聞き覚えがあるかも。それは、人間が生きるために必要なすべての栄養素を含んでおり、水に溶かして飲むだけで...
65歳以上の高齢者の人口が全国民の20%を超え、「高齢社会」となっている現在の日本。年金や介護など、誰もが考えなくてはならない問題が山積みですが、そんな今...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
寒い冬を元気に乗り切るには、ビタミンが豊富な野菜をたっぷり食べたいところです。でも、一度に量を食べるのって、意外と大変。そこでオススメしたいのが、ギリシャ...
カラフルな食材の色彩を応用しない手はない!と、Erin McDowellさんが紹介したレシピは、ありもので十分賄えそうなフードカラーリングソースの作りかた...