間違ってた人も多いはず・・・野菜炒めに「強火」はNG!

「野菜炒めのコツは、強火で一気に炒めること」

料理の常識として、当たり前のように語られていますが、こんな経験はありませんか?

「言われたとおり強火で一気に炒めているのに、べチャッとしている」

「野菜のうまみが出てしまっていて、美味しくない……」

そうなんです。強火は、必ずしも正解ではありません!

本当に美味しい野菜炒め
5つのポイント

Medium 988e446f0250c86c8d63f6aaf17ae64eb0b6ac35

1.野菜の大きさをそろえる
これだけでも、火の通りが均一になりますよ。

2.先に肉を炒める
弱めの中火で先に肉に火を通しておきます。肉がいちばんおいしく焼ける温度(180℃程度)と、野菜のおいしさが保たれる温度(40℃~60℃)が違うためです。火を通した肉は、野菜を炒めたあとに加えましょう。

3.弱火で炒める
野菜は弱火で8分~10分かけて火を通します。
弱火でじっくり炒めることで、野菜本来の甘みを引き出すことできます。また、細胞同士をつなぐ「ペクチン」という物質を壊さずに済むため、水分や旨味が流れ出さない=シャキッとした状態で食べられるのです。

4.こまめにアクをキッチンペーパーでふき取る
肉のアクはきれいにふきとり、野菜から出た水分や油分もキッチンペーパーでふき取ってください。余分な水分には、野菜のえぐみやアクなどが含まれているためです。

5.調理の最後に、塩分を加える
野菜に味をしみ込ませようとして、最初に調味料を入れたりするのはNG!塩が加わると野菜から水分が出てしまうため、調味料は肉を戻し入れた後に入れましょう。

一度は作って欲しい
基本のレシピ

【材料:1人分】
豚バラ薄切り肉:80g
塩こしょう:適量
にんじん:1/4本
キャベツ:3枚
もやし:1/2袋
塩:適量
こしょう:適量
ごま油:小さじ1


【作り方】
①豚バラ薄切り肉は4cm幅に切り、塩こしょうをふって下味をつける。にんじんは短冊切り、キャベツはひと口サイズに切る。
②フライパンを弱めの中火で熱し、豚バラ薄切り肉を焼いて取り出す。
③②のフライパンの粗熱がとれたらにんじん、キャベツ、もやしを入れ、ごま油を和えたら弱火にかける。2分に1回、上下をひっくり返すように混ぜ、火が通るまで加熱する。
④豚バラ薄切り肉を戻し入れ、塩こしょうで味を調える。

今回はシンプルに塩こしょうで味つけをしましたが、醤油やオイスターソースなど、お好みの調味料を使用してもOK。

料理の入門編ともいえる野菜炒め。「弱火でじっくり」炒めることで、栄養もおいしさも流出させずに取り入れることができます。また、冷めても水分が出ないため、お弁当などに入れてもシャキシャキの食感を楽しむことができるんです。

フードクリエイティブファクトリー
「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チーム。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。
あっと驚く、驚異のにら玉。フライパンで炒めて作ったものと、見た目は全然違うんだけど、食べるとちゃんとにら玉の味がして、二度びっくり!油をまったく使わない体...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
エスニック料理といえば、やっぱりパクチー。どんな料理に入れても楽しめるので、トッピング用にたくさん購入する人も多いですよね。そんなマニアも唸らせる「万能パ...
スーパーで野菜を前にして、コレとコレどっちが美味しいんだろう…なんて悩む人って、意外と多いのでは?今回は『モノの見分け方事典』より、新鮮な野菜の見分け方を...
もったいない! 普段何気なくやっている調理の工程のなかには、食材の大切な栄養素を失う結果になることも!? どうせ食べるなら、栄養素も無駄なく摂取したいもの...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
野菜のマリネは、保存性を高めることができるため世界各地で用いられている料理法。ところが、ひと口にマリネといっても、地域によってその特色はさまざま。たとえば...
寒い冬を元気に乗り切るには、ビタミンが豊富な野菜をたっぷり食べたいところです。でも、一度に量を食べるのって、意外と大変。そこでオススメしたいのが、ギリシャ...
フランス中南部オーブラック地方に伝わる、摩訶不思議な料理が、ここのところSNSで大きな話題になっています。「アリゴ」という名のポテト料理。じゃがいものポテ...
くったりとしなびたレタス、しわしわに乾いてしまったほうれん草……購入したものの、しばらく使わず野菜の鮮度が落ちてしまったという経験は誰しもあるはず。そんな...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
カットした野菜を、オリーブ油、塩、シークァーサー果汁で和えただけの超シンプルなサラダ。「野菜の大きさを均一にする」「氷水にくぐらせる」。この2点を押さえれ...
2016年1月に銀座にオープンした「STAND BY FARM」は、千葉県佐倉市にある自家農園「在来農場」直送の、穫れたて&無農薬・無化学肥料で育...
カレーやオニオングラタンスープなどを専門店の味に近づけるには、玉ねぎを飴色に炒めて、香味と甘味を引き出すことがポイントです。しかし、そこまで炒めるには時間...
キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥...
東洋医学では、春は解毒機能をもつ肝臓の働きが活発になり、冬に溜まっていた老廃物や毒素を排泄するといわれています。そして、旬の春野菜には肝臓の機能をサポート...
栄養価の高いネバネバ野菜「オクラ」は、夏バテにも効果があると言われています。せっかくなので、おいしく食べるためのとっておきレシピを紹介しましょう。ごはん1...
カラフルな食材の色彩を応用しない手はない!と、Erin McDowellさんが紹介したレシピは、ありもので十分賄えそうなフードカラーリングソースの作りかた...