捨てちゃダメ!「長ネギの青い部分」は、栄養が豊富で汎用性も抜群です

フードクリエイティブファクトリー

暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制作チーム。農水省の海外向け和食PRサイト Taste of Japanへのレシピ提供や、シンガポールで連載や地方自治体のイベントプロデュースや料理教室など、日本の素敵な暮らしを世界へ発信しています。

生のまま辛味を生かしたタレにしたり、とろりとした甘みを引き出した煮物にしたり。和食、中華、洋食などなど幅広い料理に使える長ネギは、まさに万能野菜です。

ここで質問! 長ネギを料理するとき、青い部分を捨ててしまってはいませんか? 実はそれ、栄養を無駄にしていますよ。長ネギの青い部分には、私たちの美容や健康を守る栄養が豊富に含まれているんです。

長ネギの青い部分の
栄養素って?

onions-blue-part_221586847

長ネギの青い部分に含まれるβ-カロテンやビタミンC、ミネラル類は白い部分よりも多いと言われているんです。これらの栄養素は、健康や美容の維持に役立つとされているもの。私たちのカラダに欠かせません。

β-カロテン:目や皮膚、鼻、のどなどの粘膜の健康維持を助けて免疫機能の維持に働きかけます。

ビタミンC:強い抗酸化作用があり、増えすぎると体に害を及ぼす原因となる活性酸素を除去し、美肌や健康の維持に役立ちます。

長ネギの青い部分の
栄養素を活用するポイント

onions-blue-part_247274791

栄養豊富な長ネギの青い部分ですが、この栄養素の働きを最大限に活用するなら、調理法に工夫が必要です。ポイントは3つ!

01.

切ったあとは水にさらさない

長ネギの青い部分に含まれるビタミンやミネラルなどには水溶性の性質を持つものがあり、これらは水にさらすと流出してしまいます。切る前に水でよく洗うだけで、切ったあとは水にさらさないようにしましょう。

02.

生のまま食べる

長ネギの青い部分に含まれるビタミンCは、加熱すると壊れやすい性質を持ちます。できれば生のまま料理に使用し、加熱する場合は仕上げに加えてさっと火を通す程度にしましょう。

03.

油と合わせる

β-カロテンは、油と合わせることで、体内での吸収率が高まります。加熱調理に使用する場合は、ビタミンCが壊れないよう、仕上げに油を入れるといいですよ。例えば、チャーハン、スープ、焼きそばなどに使えるテクニックです。

長ネギの青い部分は土から出ている状態で栽培されるため、農薬の心配をする人もいるかもしれません。調理をする際は、水でよく洗って、表面についた汚れや農薬を落としてから使うようにしてください。

これまでは青い部分を捨ててしまっていた人も、これからは料理に活用して、栄養を無駄にしないようにしたいですね。

健康食材としてのアボカドの認知度は、今や疑いようのないもの。ところが、本当に栄養があるのは、なんと果肉よりも種なんだとか。ライターAlanna Ketle...
スーパーで野菜を前にして、コレとコレどっちが美味しいんだろう…なんて悩む人って、意外と多いのでは?今回は『モノの見分け方事典』より、新鮮な野菜の見分け方を...
健康を維持するためにも、栄養は効率よく摂りたいものです。しかし、当たり前のようにやっていることが、じつは食材の栄養効果を無駄にしてしまっていることも……。...
もったいない! 普段何気なくやっている調理の工程のなかには、食材の大切な栄養素を失う結果になることも!? どうせ食べるなら、栄養素も無駄なく摂取したいもの...
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
タンパク質が多く低カロリーな「ギリシャヨーグルト」は、デザートとしてだけでなく、料理にも使えてとにかく汎用性が高い。今ではスーパーでも買えるほど身近になり...
テレビ番組で特集が組まれるほど注目されている「パクチー」の美容・健康効果。では、具体的にどんな効果があるのでしょうか? 今さら聞けないパクチーの秘密と、そ...
露出が増える夏。足のむくみが気になる人も多いのでは?むくみの原因のひとつには「塩分の過剰摂取」があります。ここでは、引き締まった美脚に近づくために取り入れ...
あらためて「ツナ」と「シーチキン」の違いを尋ねられると、「どうなんだろう」とふと疑問に思ってしまいますよね。なかには、「同じような気がする」とか「あまり意...
健康的なダイエットには欠かせない「食物繊維」。消化を促進してくれ、少量で満腹感が得られ、脳卒中や心臓病のリスクを下げるとも言われています。多く含まれる食材...
知っても知らなくても生きていける。でも、知ってたほうがちょっぴり得をすることってありますよね。今回『モノの見分け方事典』から紹介するのは、そういう豆知識的...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
飲み会などでお酒飲んだ次の日、胃もたれで朝起きるのが辛い……。なんてお悩みのアナタ。飲んだ翌日の胃もたれを和らげる、メニューを管理栄養士が紹介します。胃も...
「野菜炒めのコツは、強火で一気に炒めること」料理の常識として、当たり前のように語られていますが、こんな経験はありませんか?「言われたとおり強火で一気に炒め...
小さな果実に栄養がたっぷり詰まったキウイ。春から夏にかけてはニュージーランド産が多く出回りますが、9月下旬からは国産モノも数多く登場してきます。健康維持、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
コロコロと可愛らしく、シュガーフリー・グルテンフリー。天然素材を使っていて、おいしくて健康にもいいこのお菓子。でもじつは、ある秘密があるんです。それは、小...
リッチなレストランで食事をするよりも、人気のデートスポットに行くよりも、他のどんなデートプランよりも一番ステキなのは「2人で料理を作ること」。そう主張する...
楽しく食べられて、たくさん元気がもらえる「理想のパスタ」が登場した。毎日、健康的でいたい!って思っても、食材を揃えるのに苦労したり、費用や料理に頭を抱えた...
「いまや女たちの料理力はどんどん退化して、無能な男レベルに近づき、おいしいものをみずからの腕でほしいままにする自由を喪失している」。約40年前に発売された...