料理初心者でも簡単!フレッシュで美味しい「野菜」の見分け方

スーパーで野菜を前にして、コレとコレどっちが美味しいんだろう…なんて悩む人って、意外と多いのでは?今回は『モノの見分け方事典』より、新鮮な野菜の見分け方をまとめました。とても簡単なので、ぜひ参考にしてみてください。

玉ねぎ
「皮が乾いて、根が伸びてない」

Whole and sliced onions on wooden cutting  board

玉ねぎは、表面がよく乾燥しているものほど、良質で味が良いです。時間が経つと頭のほうから劣化していくため、触って感触を確かめてみましょう。新鮮であればしっかりとした硬さを感じますが、傷んでいると軟らかいはずです。

葉物野菜
「芯が白い」

葉物野菜に共通するポイントは、芯の色。白いものは新鮮ですが、古くなると茶色く変色していきます。特にレタスは、鮮度が落ちるのが早いです。白、ピンク、茶色、クロという順番で変わっていくので、できればピンク色くらいまでを選びましょう。

ニンジン
「色が濃い、肌がなめらか」

Carrots on wood

ニンジンといえば、優れた抗酸化力を持つカロテンが豊富な食材です。赤みが強いものほど、カロテンがより多く含まれています。栄養価が高く、新鮮なニンジンを選ぶなら、迷わず色の濃いものにしましょう。

キノコ
「かさが開いてない、色が濃い」

キノコは、成長するとカサが開いていきます。つまり、カサが開いていないほど若いキノコというわけです。また、時間が経つと、だんだんと白っぽく変色していくのもキノコの特徴。色は、濃いほど美味しい、と覚えておきましょう。

ほうれん草・小松菜
「ピンと伸びている、葉のつや」

151636469

栄養をたくさん蓄えた葉は、ピンと張ってみずみずしいです。加えて、切り口が太ければ、元気に育ったサイン。文句なしに新鮮です。ほうれん草の場合、栄養が詰まっているのは根本部分。根本がピンクや赤など濃い色になっていると、なお良しです。

アスパラガス
「穂先が締まって、まっすぐ長い」

アスパラガス本来の色は、濃い緑色なので、できるだけ色の濃いものを選ぶのが正解。栄養が行き届いているものは、まっすぐで長いです。穂先が固く締まっているかどうかも見分けるポイントです。

じゃがいも
「色が均一、傷やしわがない」

表面がうっすら緑になっていたら、日光が当たりすぎて発芽しやすくなっている可能性が大なので、要注意。また、つい大きめのサイズのものを買ってしまいがちですが、大きすぎると食べられない茶色い空洞部分(「ス」)が入りやすいです。特に男爵いもやキタアカリは、その傾向が強いため、中くらいの大きさを選ぶのが正解です。

ナス・トマト
「ヘタが尖っている」

000045211710_Large

栄養がちゃんと行き届いているかどうかは、ヘタを見れば分かります。ヘタが丸まっていたり、黒ずんでいるものは、発育に少々難があると見ていいです。また、収穫直後の新鮮なナスのヘタは、触ると痛いほど尖っています。スーパーに行ったら、よりヘタが尖っているナスを探しましょう。

レンコン
「ふっくらして太い」

レンコンは、沼や蓮田などの水の中で、水分をたっぷり含んで成長します。そのため、水分を保ってふっくら太く、重量のあるものが栄養たっぷりでおいしいです。カットされている場合は切り口から傷んでいくので、紫色や黒ずんでいるものは避けたほうがベター。

カボチャ
「穴が小さく、実が詰まっている」

000014462729_Large

カボチャの中央部分には穴があり、そこに種があります。この穴が小さいほど、実が詰まっている美味しいカボチャです。ちなみに、ミネラル分がしっかりある土で育てられると、カボチャの表面はツヤツヤになります。

もやし
「色が白く、まっすぐ張っている」

言うまでもなく、豆が開き切っていないほうが若いもやしです。また、古くなるとしんなりとして、水分が出る性質があるため、袋買いするときは一度傾けて水がたまっていないことを確認してみましょう。

ブロッコリー
「太くしっかりした茎」

000016886187_Large

ブロッコリーの鮮度を支えているのは、茎の部分。太くしっかりした茎であるほど、鮮度が長持ちします。日光をたくさん受けて育ったおいしいブロッコリーの葉は、実は少し紫色がかっているのも特徴です。

長ねぎ
「緑と白の境界がくっきり」

いい土・いい気候で育った長ねぎは、緑と白の境界がハッキリしています。また、巻きがしっかりしているほど味が良いです。ちなみに、葉ねぎの場合は、先端までピンとして、緑色がハッキリしているほうが美味しいです。

きゅうり
「濃い緑色、太さが均一」

栄養が行き渡ったきゅうりは、全体が濃い緑色になりますが、偏っている場合は色の濃淡が出ます。同様に、途中から細くなっていたり、太くなっていたりするものは、栄養が偏って育ったきゅうりです。色・太さ共に、バランスのいいものを選びましょう。

モノの見分け方事典

モノの見分け方事典(編:ホームライフセミナー)

食材の鮮度、食べごろ、高コスパ品、病気のサイン、安全な場所、他人の心理…など、オールジャンル・365日役立つ「見分け方」を初めてイラスト図解で網羅した全く新しい事典。

ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...
知っても知らなくても生きていける。でも、知ってたほうがちょっぴり得をすることってありますよね。今回『モノの見分け方事典』から紹介するのは、そういう豆知識的...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
ランニングを日課にしようとする人が、つい陥りがちな間違った思い込み。こんなことでやせる効果が半減したり、せっかくのやる気が削がれてしまうのはもったいない!...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった書籍『聡明な女は料理がうまい』。この本は、社会が進化しても変わらない女性の生き方について、“料理”と“台所...
アサリをお店で購入する際、どんなものを選ぶようにしていますか? 大ぶりなものほど美味しいと思っている人。それ、間違っていますよ!美味しいアサリを選ぶには、...
フランス中南部オーブラック地方に伝わる、摩訶不思議な料理が、ここのところSNSで大きな話題になっています。「アリゴ」という名のポテト料理。じゃがいものポテ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
「野菜炒めのコツは、強火で一気に炒めること」料理の常識として、当たり前のように語られていますが、こんな経験はありませんか?「言われたとおり強火で一気に炒め...
野菜のマリネは、保存性を高めることができるため世界各地で用いられている料理法。ところが、ひと口にマリネといっても、地域によってその特色はさまざま。たとえば...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
気持ちのいい初夏の気候が続いていますね!そこで食べたくなってくるのがエスニック料理。タイやベトナム料理はだけじゃなく、南米メキシコ料理だって家めしならカン...
あなたの部屋には観葉植物がありますか?「ない」と答えた人の理由としては、「育てるのが難しそう」「どんな種類を買えばいいのかわからない」といったものが多いは...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
ニューヨークで高級ギリシャ料理レストラン「Loi Estiatorio」を営む、シェフのマリア・ロイさんが、地中海料理の上手な取り入れ方を「The New...
くったりとしなびたレタス、しわしわに乾いてしまったほうれん草……購入したものの、しばらく使わず野菜の鮮度が落ちてしまったという経験は誰しもあるはず。そんな...
葉物野菜はお湯から茹でるーー料理の常識ですが、これ絶対正解というわけでもないんです。野菜の水分が抜けてシナシナになってしまうのは、細胞膜が壊れることで野菜...