玉ねぎを素早く飴色に炒める「3つの方法」

カレーやオニオングラタンスープなどを専門店の味に近づけるには、玉ねぎを飴色に炒めて、香味と甘味を引き出すことがポイントです。
しかし、そこまで炒めるには時間がかかります。長時間ずっと混ぜていなければいけない上に、後半は玉ねぎの糖分で焦げやすくなります。
そこで玉ねぎを早く飴色にする方法を紹介しましょう!

そもそもどうして
玉ねぎは飴色になるの?

玉ねぎが飴色になるのは、玉ねぎに豊富に含まれる糖質が熱によって化学反応を起こして褐色になるから。これはメイラード反応と呼ばれています。

牛肉に茶色い美味しそうな色がついたり、フライドポテトが褐色しやすいのも同じ原理。早く飴色にするためにメイラード反応をいかに早く出すかが焦点となります。

条件:玉ねぎ1個(150g)、油大さじ1を使用。弱火で炒める。

01.
熱伝導を高めるために
水を入れる方法

678798_341237858

炒める際に水を大さじ1程度加えることで、玉ねぎの中まで火が通りやすく、糖分を水に溶かすことで、表面が早く褐色になります。玉ねぎの水分がなくなったら、都度大さじ1の水を足しながら炒めてみてください。

差水しながら混ぜることを何度か繰り返すことで、飴色玉ねぎがいつもよりも素早く完成するはずです。

02.
刻んだ後、冷凍すると
表面温度が高くなりやすい

玉ねぎは刻んでから冷凍して使うことで、水分が抜けます。そのため、表面温度が高くなりやすく、メイラード反応を促進することができます。

水分が抜けた玉ねぎの細かい部位から焦げてくるので、01.の差水しながら炒めるのがオススメ。合わせ技でより時短できますよ!

03.
最速の技はコレ!
重曹を加えてアルカリ性に

166023185

重曹(食用)を入れて玉ねぎをアルカリ性にすることによって、反応のスピードを促進する方法です。重曹の分量は、小さじ1/4でOK。これをフライパンの上で刻んだ玉ねぎに加えて、炒めます。すると、火にかけたそばから、どんどん色が変化! ビックリするぐらいのスピードで飴色の玉ねぎが完成しますよ。

さて、気になるお味ですが、これは差水のみで炒めた玉ねぎが一番美味しくなります(時間的には一番かかってしまいますが……)。もちろん、個人差はありますが、カラメルの香ばしい香りと甘みがしっかりと出ます。

時短を取るか、味を取るか、難しいところですが、シーンに分けて使い分けるのもアリですね。

フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チームです。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

「野菜炒めのコツは、強火で一気に炒めること」料理の常識として、当たり前のように語られていますが、こんな経験はありませんか?「言われたとおり強火で一気に炒め...
豊かな自然と温暖な気候が魅力の淡路島。ご存知の通り、甘くて柔らかい「玉ねぎ」が有名な、瀬戸内海最大の島です。実はいま、そんな特産品を使った「淡路島カレー」...
突然ですが、どんな方法で玉ねぎのみじん切りに挑んでいますか?ただでさえ目にしみるうえに、ちっともパラパラ「みじん」にならない人へ。ライターChris Wu...
玉ねぎを切ると、涙が出てくるのは周知の事実。では、みなさんはそれをどう回避していますか?「包丁と玉ねぎをよく冷やしておく」「割り箸を口にくわえる」など、“...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
エスニック料理といえば、やっぱりパクチー。どんな料理に入れても楽しめるので、トッピング用にたくさん購入する人も多いですよね。そんなマニアも唸らせる「万能パ...
手づくり餃子における意外な落とし穴は、あんと皮のバランス。なぜかいつも皮だけ数枚余ってしまう。みたいなことありませんか?ところがこの餃子の皮、使い方次第で...
気持ちのいい初夏の気候が続いていますね!そこで食べたくなってくるのがエスニック料理。タイやベトナム料理はだけじゃなく、南米メキシコ料理だって家めしならカン...
BBQをただ焼くだけでは芸がない。でも、凝った料理は難しい…。というような場面で活躍必至の一品を紹介します。用意するのはベーコンと玉ねぎだけ。本場アメリカ...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった書籍『聡明な女は料理がうまい』。この本は、社会が進化しても変わらない女性の生き方について、“料理”と“台所...
知っても知らなくても生きていける。でも、知ってたほうがちょっぴり得をすることってありますよね。今回『モノの見分け方事典』から紹介するのは、そういう豆知識的...
さぞかし情熱的な一皿をイメージしてしまいそうな料理名ですが、これはデンマークのおふくろの味「ブランデ・キャルリフ」を和訳したもの。つまり、情熱的な“燃える...
あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライ...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、一皿でしっかり栄養の取れ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
スーパーで野菜を前にして、コレとコレどっちが美味しいんだろう…なんて悩む人って、意外と多いのでは?今回は『モノの見分け方事典』より、新鮮な野菜の見分け方を...
トルコ語で「はらわたを裂く」という意味を持つ料理があります。それがカルヌヤルク。何だかおどろおどろしい名前ですが、裂くのはナスのお腹。日本でおなじみ「ピー...
あっと驚く、驚異のにら玉。フライパンで炒めて作ったものと、見た目は全然違うんだけど、食べるとちゃんとにら玉の味がして、二度びっくり!油をまったく使わない体...