当たり前に食べているけど、本当は「食べないほうがいいモノ」3選

「食べ物は残さず食べましょう!」なんて言いますが、健康のためにも時には「食べない」という選択も必要です。私たちの身近な食材の中で、食べないほうがいいモノを紹介しましょう。

01.
ホタテの
「ウロ」

th_tabetehaikenai1

殻付きホタテについている黒い部分を「ウロ」と呼びます。このウロは、毒素が集まりやすい部分。食べたからといって、すぐに病気になったりすることは考えにくいものの、貝毒の可能性や重金属の蓄積につながるとされています。

魚介の肝が好きな方はウロも好んで食べてしまう方もいるかもしれませんが、取り除いてから食べるようにしてくださいね。

02.
乾燥ひじきの
「戻し汁」

th_tabetehaikenai3

ひじきは、無機ヒ素を多く含む食品です。ヒ素を一度に大量に摂ったり、長期にわたって摂ることで、嘔吐や下痢をともなう中毒になってしまうことも……。

とはいえ、ひじき自体は決して危険な食べ物ではありません。無機ヒ素は、ひじきを戻す際にでる戻し汁に流れ出る性質があります。ひじきを使用する場合は、水で30分以上戻して、戻し汁は捨て、水洗いしてから使用すればOK。その後に茹でると、ヒ素はより減少します。

03.
じゃがいもの
「芽や緑色の部分」

th_tabetehaikenai2
これは知っている人も多いかもしれませんね。じゃがいもの芽や緑色になった皮の部分を食べるのはNGです。これらには、天然毒素の一種であるソラニンやチャコニンが多く含まれます。これらを摂取すると、吐き気や下痢、おう吐、腹痛、頭痛、めまいなどの症状が出ることも。

じゃがいもの芽は取り除く際に、皮に緑色の部分を見つけたら、そこは厚めに皮むきを! それだけでOKです。

3つの中には、知らずに食べてた……というものはあったのでは? もちろん、それぞれ危険な食材というわけではないので、ちゃんと処理をして味わってくださいね。

フードクリエイティブファクトリー

「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を企業理念とする食のクリエイティブに特化した企画制作チームです。食の企画、レシピ・商品開発、執筆、メディア出演、イベントなどを手がけています。

聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
健康のことを考えたとき、一番に始めるたいのが「食生活の改善」。野菜を多めに摂ったり、玄米にしてみたり、なんとなくでも栄養管理をする人も多いはず。しかし、そ...
突然ですが、「よくねたいも」という商品を知っていますか? 期間限定のじゃがいもで、北海道のホクレンから発売されています。「こんなに甘くてねっとりしたじゃが...
もしも、魚が夢に出てきたら…そこにどんな意味があるのでしょう。海や川、湖を泳ぐ魚たちには、あなたの日常生活とリンクする意味合いがあるようです。種類別に解説...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
あんな料理やこんな料理、フライパンひとつでいつもの料理が作れると洗い物も減るし、時短にもなります。ここでは、いつもはハードルが高かった“あの料理”をフライ...
SNSで何かを共有し、その価値を交換する方法は様々。例えば、Uberなら「移動手段」を、Airbnbなら「スペース」をーー。そして、ここで紹介する「Fea...
レストランの入り口でよく見かける「食品サンプル」。本物みたいな出来にビックリすることも多いですが、「サンプル」なので、当然食べられません。ところが、今回ご...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった書籍『聡明な女は料理がうまい』。この本は、社会が進化しても変わらない女性の生き方について、“料理”と“台所...
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
効果的に栄養素を摂取するために覚えておきたいのが「食べ合わせ」。健康的な食生活が送れるだけでなく、生活習慣病の予防にもなるでしょう。ここでは、米国ジョージ...
冬場の鍋もの料理に欠かせない食材がタラ。今が旬の味覚です。ところがこのタラ、他に思い当たる料理といえばムニエルに、あとは…となかなかバリエーションが出てこ...
スーパーで野菜を前にして、コレとコレどっちが美味しいんだろう…なんて悩む人って、意外と多いのでは?今回は『モノの見分け方事典』より、新鮮な野菜の見分け方を...
大自然のなかで食べるごはんのおいしさといったらない。そのために山を登る人だっている。道具や素材が限られているのに、食べ慣れたものでさえいつもより感動してし...
料理をするのは楽しいものです。でも、包丁とまな板をしっかり使いこなすには慣れが必要。とくにまな板は、食材がポロポロこぼれ落ちたり、切り落としたはずの食べな...