高さ300mの壁で囲んだ、新しい「セントラルパーク」が圧巻!(米・NY)

所狭しと高層ビルが立ち並ぶ摩天楼「NY」。そんな街で暮らすニューヨーカーたちの憩いの場「セントラルパーク」に、仰天のコンセプトデザインが提案されました。

「NEW YORK  HORIZON(ニューヨークの地平線)」と呼ばれるこのデザイン。Yitan SunとJianshi Wuという2人が担当したもので、アメリカの建築雑誌「evolo」が募集した超高層ビルのアイデアコンペ2016で1位を受賞したそうです。

「大都市」と「大自然」
共存

Medium 38f3ba85a03aefcd62f6374a30f5e738cdffe095

現状のセントラルパークは、約2.0平方kmと決して広いものではありません。しかしここで提案されているデザインでは、掘り下げることで、公園の下に隠された岩盤(山)を表に出し、新たな崖に沿ってスペースをつくるという大胆なもの。

この計画では総床面積は約11.25平方kmとなり、エンパイアステートビルの80倍に匹敵するとか。

「伝統的な『景観と建物の関係性』を逆転させる」

という彼らの野望通り、想像以上の「大自然」が目の前に広がっています。

Medium bd599298b073b00dc0c055be0a5f657fb70760d7

高さ1,000フィート(約300m)、地下100フィート(約30メートル)という構造になっていて、側面には反射率の高いガラスカバーを設置。

そう、まさに地平線のよう!

ニューヨーカーが
都市生活を脱出するために

Medium f62f09457b321d17591ae06fad13527f4049b64b

工事の際に取り除かれた土は、周囲の様々な都市に分配されて、新たな建築物に使用するという計画も立てられていて、抜かりはなし。

忙しい毎日を送るニューヨーカーが、ひとりでも多く自然に触れてリラックスできるように、と考えられたNEW YORK  HORIZON。

コンペ用のデザインコンセプトではありますが、「未来の都市のあり方」を改めて考えるきっかけになりそうですね。

Licensed material used with permission by New York Horizon
この写真、合成ではありません。ここはセントラルパーク内「Sheep Medow」。満開の桜のようにも見えます。映画によく登場する「Gapstow Brid...
大寒波が日本列島を襲った2016年1月下旬、同じく記録的な寒波で大雪に見舞われていたのがアメリカNY。二日間降り続いた雪は、セントラルパークでじつに積雪6...
地上200メートルのビルでキャンプができるようになるーー。そんなわくわくするコンセプトが発表されました。環境に応じて中の温度を調節してくれる、セイルボート...
田舎暮らしの、その前に暮らし方の選択は、非常に増えている。海外暮らし、田舎暮らし、三拠点での暮らし、そして、都会暮らし・・・。TABI LABOではこれま...
毎年この時期になると、世界各地で国際的なブックフェアが開催される。なかでも『NY Art Book Fair』はアメリカを代表するブックフェアで、アーティ...
庭用のなかでも、巨大なビニールプールがあるというのは知っていました。けれど、本格的に船で引っ張り水場に設置して、そこに小さなウォーターパークを作ってしまお...
フランス人グラフィックアーティスト(Vahram  Muratyan)は、パリとニューヨーク(NY)を股にかけて活躍する人。一年の半分ずつを2都市で住み分...
2016年1月10日、NYの地下鉄に突如、ズボンやスカートを身につけずパンツ姿の集団が現れた。外は真冬の寒さ。寒くない訳がないし、履き忘れて家を出ちゃった...
4月のよく晴れた週末、ニューヨークはマンハッタンのグリニッジ・ビレッジ。 19世紀の街並みが残る落ち着いた通りに突如現れた、まくらを抱えた人たち。 こ...
おもちにきなこと黒蜜をかけて食べる、山梨のお菓子「信玄餅」。その進化版とも言える「水信玄餅」は国内でも話題になりましたが、さらにこれにインスパイヤされた「...
世界のどの街とも違っていて、ニューヨークは「新しい自分」をつくる感覚になると言います。現在NY在住のAlexandra Wilsonさんも、そのパワーを感...
いま、健康に意識の高いニューヨーカーたちの間で、大ヒットとなっている商品があります。それがこの、サー・ケンジントンの「アボカドマヨネーズ」。そう聞いて「ア...
NYの女性デザイナー2名が始めた「Nightwood Ny」は、街を徘徊して家具や木材、織物などの廃品を拾い集め、修理したりつくり直して販売しています。口...
この方法を試しているのは、小学校3年生に算数を教えているAlycia Zimmerman先生。計算を教えるための道具としてレゴを使っているそうです。とても...
11月19日の午後2時。「GO!」の合図と共に、米ニューヨークのハドソン・ヤードからサイクリストたちが一斉に走り出しました。向かう先はスーパーマーケット。...
イギリスやアメリカで活躍するフォトグラファーのSam Golanskiさんは、一風変わった写真を撮っている。それは、ニューヨークのドアマン。昔ながらの変わ...
ここは元々「Brooklyn Navy Yard」と呼ばれており、もともとは海軍所有の造船所でした。1966年に売却された後、イベント会場として利用された...
いま、NYで最も注目を集める観光バス「THE RIDE」を知っていますか?“動くミニシアター”とも形容される、この街ならではのエンターテインメントが、乗客...
マット・ボルチマーは「eCUSSIONIST」を名乗るドラマー。最近NYを騒がせているお祭り兄ちゃんです。名まえにも現れている通り、エレクトロとパーカッシ...
マンハッタンにある繁華街、ノリータ(North of Little Italy)は、ニューヨークで暮らすミュージシャンやモデルたちに愛されているエリア。そ...