アーティストの「嘆き」が刻まれたベルリンの壁でつくるアート

「差別、暴力、殺人…ネガティブな感情ばかりを想起させる」と、ベルリン在住のアーティストLigia Fascioniさんは、この街の歴史を象ってきた“壁”に対して人一倍の嫌悪を抱いています。

「大キライ」そう強調する彼女ですが、唯一、ベルリンの壁が語りかけてくる“想い”を感じているんだとか。いま、Ligiaさんはその想いに自分を重ね合せることで、作品を生み出しています。

キャンバスとしての
「ベルリンの壁」

1deac26be2ff2388799da86e90a7d0b0fbd08772B43910468ddf76274ad50fb976b9f30d70e200c8

Image by Ligia Fascioni

46982f33274d12243f3f2e24df94112c6c6d94a5

Image by Ligia Fascioni

Cbb8e6b07d84925f4f65512ba81fbbebfc17bff0

Image by Ligia Fascioni

F75896fbf21ca328589db3817e787dc9fd4bf7da

Image by Ligia Fascioni

58816bd37ec9eb2a9b3eb35744e4fac16e9a1dfe

Image by Ligia Fascioni

Ea00a1939d761f8350174d29764e220d2e03f0b5

Image by Ligia Fascioni

4611415d6ab33d3cce2a635d2c009e24fc032a5f

Image by Ligia Fascioni

ペンキの層に蓄積する
アーティストたちの“想い”

82c55790ad7265031c36c81048d3506c1f8a6876

1961年8月13日、一夜にしてつくられたこの壁によって、ベルリンは東西に分断されました。以来、たくさんのアーティストたちが、「少しでも“負の産物”に好感が持てるようにと描いてきたキモチ」。それがカタチとなって今日もなお残っているのがペンキの層だとLigiaさん。彼女の琴線に触れるものこそ、塗り重ねられたこの国の歴史そのものだったのではないでしょうか。

240354c7938593bc9fe50d02190ce690c8aea69f

そのポジティブな想いの結晶である「ペンキの層」をスキャンして、イラストを描いています。これらのカラフルなアートから、生きる強さを伝えたいようです。

Licensed material used with permission by Ligia Fascioni, (Instagram)
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
ベルリンの、とあるアートギャラリーの入り口に大きな砂文字のアートが飾られました。まるでギャラリーへの侵入を妨げるように置かれています。なぜ、こんな邪魔にな...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
弾けるような躍動感がある、ペイント。実はすべてコーヒーで描いているそう。ドイツ出身のDianaさんが描くアーティスト達は、それぞれの人物が放つオーラまで再...
ハワイを拠点にしたアート集団「POW! WOW!」。展覧会を開いて人を集める従来のスタイルとは異なり、自分たちで世界各地どこへでも行ってしまう。目的地では...
2015年4月に登場したファレル・ウィリアムスとadidas Originalsとのコラボレーション企画「Supercolor」。50色展開のSupers...
オランダの森の中に突如現れた、泡のような不思議な建物。おとぎ話の世界にでも迷い込んだかのようなこの場所、いったい何なのでしょうか。ここ「LOUD SHAD...
これは、ドイツ・ベルリンの、とあるカフェで使われているカップとソーサーの話。丸みのあるシンプルなデザインと、深い濃淡のあるブラウンは味わいがあります。何よ...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
ベルリンで大通りに突然現れた、自動販売機。そこでは1枚2ユーロ(約270円)のTシャツが売られているのですが、ある仕掛けが施されていました。2ユーロで販売...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...