アラスカの荒野に天高くそびえる「家」があった!

どれだけの重機と人出が必要だったのか、またどれほどの建築費がかかったかは不明。ただ、天へと向かって首を伸ばす、まるで絵本の中から出てきたような家があります。これを「家」と呼ぶのもはばかられるその外観。これはいったい、ナンダ?

高さ55メートル
絵本の中から飛び出た家

5491ad4db7f9b4ce5badd3d685883e248a215f0dD9c767c084675721c29e3d893cd7e7c91ec869e1

アラスカ州アンカレッジから北へ180キロ、タルキートナ村の森の奥に天空へと伸びる、それが建っていました。まるで建設途中で廃墟となった鉄塔のような風貌。どこか、物悲しさを感じます。

「ノーザンライツが見たいのさ」

C3d9e84cc70f281b26f0bab5a727e214a586eb5e

オーナーは、Phillip Weidnerさん。彼は約15年の歳月をかけて「Goose Creek Tower」と名付けた塔を作り続けて来ました。目的はただひとつ。地平線の向こう、アラスカの夜空に輝くノーザンライツ(オーロラ)を眺めるために。

屋根の上に6つの小屋を
積み重ねて完成?

910cd3b80560dd171d14985028c15f7f93c13712Aed85fcf833e7029bf1cd2669bd4061d5091feca

土台となる家の上にひと回り小さな小屋を組み立てて載せていきます。その小屋の上にまた、ひと回り小さなものを。こうして、6段重ねの塔が完成。本当は、もっと高く部屋を積み上げたかったと語るPhillipさん。けれど、地上60メートルを超えると合衆国領空に達してしまうこの地域。そのため、これ以上の増築はしないと決めたんだそう。

8cc7726c130049e17b93a293f17b364f092b2df26bb8e87c23bfdb96b02f901cdd946e868b34083dEb329c940f94b4d71de3254d6dd40a8da7056448Bf71d6cfd2ab780d17c892155ccefa32d1bd5db4

現在、高さ55メートルに達した天守閣ならぬ最上階からは、360度全方位、地平線までバッチリ見渡せます。ただ、上へ上へととにかく高さを追求してきたPhillipさん。ところが、一段目の母屋以外は、壁が貼ってなかったり、ガラス窓が抜けていたり。各階を仕上げていかなければいけなさそうですが…。

次なる夢は、
ラジオ放送局開局

1fa6a4b1a1aac75ba81a4568cb1d305ad1615cd8

「最上階に上がるたびに、いろんなことを考えてしまうんだ。ここに立てば、きっと宇宙とのつながりを意識するはずさ」

次なる目標は、ここにアマチュア無線を引き、ラジオ番組を放送することだと語るPhillipさん。いくつになっても見果てぬ夢を追いかける。アラスカのおじいちゃんにエールを送りたいっ!

Licensed material used with permission by Gonzalez, Eric
「フリートラベラー」中村洋太が目にした-39℃の世界、アラスカ。厳冬に生きる人々と自然を独自の視点で記事にしました。
写真家のPatty Waymireさんは、真っ白な雪景色に佇む、真っ白なシロクマを撮影しようと、極寒のアラスカ・バーター島へと足を運びました。しかし現地に...
まるで吸い込まれそうなほど美しい、オーロラ。でもじつはこれ「Borealis(ボレアリス)」と呼ばれる、人工で作られたものなんです。本物のオーロラは、アラ...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
2016年6月30日にNASAが公開した、とある映像。映し出されているのは、木星と揺らめく青い光──、そうオーロラです。実はいま、わずか13秒のこの動画が...
過去の成功体験に溺れたくない。手持ちのカードは捨て続けて、新しいカードを増やしたい。僕が建築家として仕事をする上で、大事にしているのが“新鮮な気持ちで考え...
ニューヨークからレイキャビクに向かうフライトの途中、窓から外を眺めると、そこに現れたのは光り輝くオーロラの姿。そんな貴重な場面に居合わせたアリエ・ニーレン...
人生のうちで一度はオーロラを生で見てみたい。そんな人も多いのではないでしょうか。でも「行くまでに過酷なんでしょ?」「ずっと外で待っててもオーロラが出なかっ...
サンパウロ郊外Vila Matildeという街に建てられた、ある小さなおうちが、栄誉ある国際的な建築賞を受賞しました。それも2つ。幅わずかに4.8メートル...
東京都杉並区でユニークな家を発見しました。びっくりするくらいにうすいんです!この住宅を設計した水石浩太建築設計室に連絡をすると、その理由が分かりました。な...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
地上828mの世界一高いビルを建て、人工島をまるごと所有して家を建てることもできる国、ドバイ。次にどんな建築物が登場しても、ちょっとやそっとのことでは、も...
「家を建てる」というのは、多くの人にとって一生に1度の大切なイベント。家族全員が納得できる家を建てるためには、どのようなことに気を付ければいいのでしょう。...
「GOOSE ISLAND(グースアイランド)」は1988年にシカゴで誕生した、アメリカ中西部最大のクラフトビールブランド。こだわりのホップ...
「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...
「人間は誰にでも温かく、安全な場所で体を休める権利があるはずです。それが、たとえホームレスであったとしても。まるで厄介者のように扱うのではなく、彼らを思い...
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
雷に苦手意識を持つ人や、嫌なイメージを抱いている人は多いはず。閃光と雷鳴。それが夢の中に登場するとき、そこにどんなメッセージが込められているのでしょう。「...
2015年12月21日未明、北海道の一部の地域でオーロラが観測されました。日本でオーロラ?いまいち、しっくりこないかもしれません。ところが、道内では今年に...