1本9.99ドルの落書きバナナ。これだけで年商1,382万円だって!?

さすがは自由の国アメリカ、としか言いようがない!だって、ささっと落書き……いえ、イラストを描いただけのバナナが、9.99ドル(約1,071円)で飛ぶように売れているというのだから。著名なアーティストならともかく、その絵っていうのが、まあこんな感じです。

イラスト入りバナナが
飛ぶように売れる!?

E56242c50d904e14e23d93be47dc0d3ee47277cc

このちんぷんかんぷんなビジネスを起動に乗せ、なんと年商130,000ドル(日本円にして約1,382万円)にまで成長させたのは、テキサス州のスタートアップ企業「Bananas Gone Wild」。人気ポルノビデオシリーズ『Girls Gone Wild』に掛けての命名(?)かどうかは定かじゃありませんが。

創設者のDavonte Wilson氏は、もともと医療機器のソフトウェア開発を学ぶ学校に通う学生でした。1日8時間の授業にヘトヘトだったそう。おやつ代わりにいつも持ち歩いていたのがバナナでした。

D47a58449cf402befafd57fad1c82a4fbb54aaf0

「ちょっとした気晴らしだったんだ」。持参のバナナに落書きをしたことがキッカケとなり、まさかまさかの仰天ビジネスをスタートさせちゃったんだそう。

「もともと絵を描くことが好きってのもあるけどね。だってさ、感謝の気持ちや愛のメッセージを届けるのに手紙よりもバナナの方が断然面白いに決まってるよ。クールじゃん」。

と「Forbes」に語る Wilson氏。落書きしたバナナ1本9.99ドル。これが飛ぶように売れるっていうんだから、世の中って不思議。

メッセージを添えて
友だちや同僚に送るバナナ

5f6f4f852edec0fe39cff3d95e92e302d9fc8b27A27d2edef5b383bc61fcf82183f0d8a82199827026d0f36d1a59f210eb4bbc1093b4ed3156f375e765726b04ccec8b3cfa495578f3e1448c1f33c3c23e8fcfdeab427082f0b5d6628206f2cce5e144be

ところで、実際このバナナ誰が欲しがるの?というギモン。どうやら、親しい友だちや同僚にプレゼント代わりに送るのが流行っているみたいです。イラストの他にメッセージ入のバナナも。ホームページからは、カスタムオーダーも受け付け可能。友だちの似顔絵やメッセージ入りバナナを注文する人も多いそう。

233a94d3744a31484e03611413d1765567eb0f2bEa09d7713b4ebb89312d0b5f2031a89cc544c292Aae0828f14c221a617bf70a434bea1cdf7920b5d837f2893678fec30b1c9aa169f0a81703084fd391773ea3f462532f90e7756fc16b08d79b89207340a17776cd3d9154cb9bac106803f96d1d6797dcc

食品が送られてくる訳ですから、やっぱり気になるのはその鮮度。ページのFAQには、オーダーを受けてから2営業日以内に届くとの説明があり、画像を見る限り完熟を見計らって届くようなことはなさそうです。

送られた側からはどんな反応が帰ってくるのでしょうね…。考えれば考えるほど謎は深まるばかりです。

Licensed material used with permission by Bananas Gone Wild
ニューオリンズの老舗レストラン「Brenann's」が発祥とされる、全米で永きにわたって愛されているスイーツがあります。それが「バナナ・フォスター」、今じ...
浴室、トイレ、息子の部屋…と家中に落書きをしているのは、ベルギーのイラストレーターJoke Neyrich。「家は私の大きなキャンバス」と言い切る彼女は、...
子どものころ、バナナを耳にあてて「もしもし?」と遊んだことはありませんか?その遊び心を、もう一度味わえるバナナフォンが実現しました。もちろん、ちゃんと“使...
「バナナアートに専念するため、今月初めに仕事を辞めたんだ」と教えてくれたのは、バナナを見たことがないアート作品に変えてしまう、デザイナーStephan B...
「The Community Against Preventable Injuries」は、事故や事件、怪我を未然に防ぐために、時にユニークな方法で注意を...
日本では、甘いフルーツという認識のバナナ。ケーキやお菓子に使われることはあっても、おかずとして料理に使われることはほとんどなし。でも、南米やアフリカでは主...
思い起こせば誰にでも一人くらいは、恩師と呼べるような先生がいるんじゃないでしょうか。この記事の主人公もきっと、いつかそう呼ばれるに違いないステキな先生です...
栄養カウンセラーでローフーディストのYulia Tarbath氏が、“バナナ島”から12日ぶりに生還し、その体験を語った動画が注目を集めています。12日間...
歯医者に行かなくても歯を白くできる。そんな裏ワザが「PureWow」に掲載されて話題です。しかも、使うのはバナナだけ。おやつに食べるついでと言ってはなんで...
突然ですが、バナナを食べ終わった後の“皮”をどうしてますか?もし捨てているというなら、もったいない!「I Heart Intelligence」では、バナ...
インドネシアの島々で、小腹を空かさせて屋台街をふらついていると、決まって行き着いてしまうのがこの「ピサンゴレン」の前。うず高く山のように積まれ、芳ばしい香...
フルーツ専門店や輸入食材を多く扱うスーパーに行ってみると、果物売り場に初めて目にする、エキゾチックなフルーツに出くわすことがありますよね。品種改良によって...
今月アップされたこちらの動画は、「1ドルで何が買えるか」の最新版。日本円にして約112円(7/21現在)で、2017年の世界では何が買えると思う?日本なら...
ラクガキと合わさることで、よく知られるあのモニュメントが二次元へ早変わり。世界中のあらゆる観光名所がマンガの一部になったみたいです。デフォルメされたその姿...
世界各国で活躍しているフォトグラファーのJason D.Pageさんは、10年以上前からこのライトアートの虜。この魅力をもっと世に伝えるべく、夜空に落書き...
人体には、想像できないようなとてつもないミラクルが詰まっているようです。ここでは、「I Heart Intelligence」の記事から、人間のカラダにま...
一年中半袖で過ごすことができるタイですが、温かくして食べるデザートが意外に多いんですよね。ここに紹介する「グルアイ・ボッチ」もあつあつのタイ風ぜんざい。調...
「遊び」はいつも子どもたちから生まれるものです。では、発明はどうでしょう?ここに紹介する発明品は、どれも6歳から11歳までの子どもたちから生まれたもの。子...
「ああ〜職場に戻りたくない」「ミーティングがなくなれば」なんて嘆きや、「この一杯が最高!」という、休憩中にカップを手にした時の気持ちを、うま〜く表現してい...
サラダって、いざ作ろうと思うと意外に面倒ですよね。色どりのことも考えたら、何種類もの野菜を洗っては切り、洗っては切り…。そんな悩みを一発で解決し、たったの...