1本9.99ドルの落書きバナナ。これだけで年商1,382万円だって!?

さすがは自由の国アメリカ、としか言いようがない!だって、ささっと落書き……いえ、イラストを描いただけのバナナが、9.99ドル(約1,071円)で飛ぶように売れているというのだから。著名なアーティストならともかく、その絵っていうのが、まあこんな感じです。

イラスト入りバナナが
飛ぶように売れる!?

Medium e56242c50d904e14e23d93be47dc0d3ee47277cc

このちんぷんかんぷんなビジネスを起動に乗せ、なんと年商130,000ドル(日本円にして約1,382万円)にまで成長させたのは、テキサス州のスタートアップ企業「Bananas Gone Wild」。人気ポルノビデオシリーズ『Girls Gone Wild』に掛けての命名(?)かどうかは定かじゃありませんが。

創設者のDavonte Wilson氏は、もともと医療機器のソフトウェア開発を学ぶ学校に通う学生でした。1日8時間の授業にヘトヘトだったそう。おやつ代わりにいつも持ち歩いていたのがバナナでした。

Medium d47a58449cf402befafd57fad1c82a4fbb54aaf0

「ちょっとした気晴らしだったんだ」。持参のバナナに落書きをしたことがキッカケとなり、まさかまさかの仰天ビジネスをスタートさせちゃったんだそう。

「もともと絵を描くことが好きってのもあるけどね。だってさ、感謝の気持ちや愛のメッセージを届けるのに手紙よりもバナナの方が断然面白いに決まってるよ。クールじゃん」。

と「Forbes」に語る Wilson氏。落書きしたバナナ1本9.99ドル。これが飛ぶように売れるっていうんだから、世の中って不思議。

メッセージを添えて
友だちや同僚に送るバナナ

Medium 5f6f4f852edec0fe39cff3d95e92e302d9fc8b27Medium a27d2edef5b383bc61fcf82183f0d8a821998270Medium 26d0f36d1a59f210eb4bbc1093b4ed3156f375e7Medium 65726b04ccec8b3cfa495578f3e1448c1f33c3c2Medium 3e8fcfdeab427082f0b5d6628206f2cce5e144be

ところで、実際このバナナ誰が欲しがるの?というギモン。どうやら、親しい友だちや同僚にプレゼント代わりに送るのが流行っているみたいです。イラストの他にメッセージ入のバナナも。ホームページからは、カスタムオーダーも受け付け可能。友だちの似顔絵やメッセージ入りバナナを注文する人も多いそう。

Medium 233a94d3744a31484e03611413d1765567eb0f2bMedium ea09d7713b4ebb89312d0b5f2031a89cc544c292Medium aae0828f14c221a617bf70a434bea1cdf7920b5dMedium 837f2893678fec30b1c9aa169f0a81703084fd39Medium 1773ea3f462532f90e7756fc16b08d79b8920734Medium 0a17776cd3d9154cb9bac106803f96d1d6797dcc

食品が送られてくる訳ですから、やっぱり気になるのはその鮮度。ページのFAQには、オーダーを受けてから2営業日以内に届くとの説明があり、画像を見る限り完熟を見計らって届くようなことはなさそうです。

送られた側からはどんな反応が帰ってくるのでしょうね…。考えれば考えるほど謎は深まるばかりです。

Licensed material used with permission by Bananas Gone Wild
ニューオリンズの老舗レストラン「Brenann's」が発祥とされる、全米で永きにわたって愛されているスイーツがあります。それが「バナナ・フォスター」、今じ...
歯医者に行かなくても歯を白くできる。そんな裏ワザが「PureWow」に掲載されて話題です。しかも、使うのはバナナだけ。おやつに食べるついでと言ってはなんで...
栄養カウンセラーでローフーディストのYulia Tarbath氏が、“バナナ島”から12日ぶりに生還し、その体験を語った動画が注目を集めています。12日間...
思い起こせば誰にでも一人くらいは、恩師と呼べるような先生がいるんじゃないでしょうか。この記事の主人公もきっと、いつかそう呼ばれるに違いないステキな先生です...
突然ですが、バナナを食べ終わった後の“皮”をどうしてますか?もし捨てているというなら、もったいない!「I Heart Intelligence」では、バナ...
インドネシアの島々で、小腹を空かさせて屋台街をふらついていると、決まって行き着いてしまうのがこの「ピサンゴレン」の前。うず高く山のように積まれ、芳ばしい香...
フルーツ専門店や輸入食材を多く扱うスーパーに行ってみると、果物売り場に初めて目にする、エキゾチックなフルーツに出くわすことがありますよね。品種改良によって...
人体には、想像できないようなとてつもないミラクルが詰まっているようです。ここでは、「I Heart Intelligence」の記事から、人間のカラダにま...
一年中半袖で過ごすことができるタイですが、温かくして食べるデザートが意外に多いんですよね。ここに紹介する「グルアイ・ボッチ」もあつあつのタイ風ぜんざい。調...
「遊び」はいつも子どもたちから生まれるものです。では、発明はどうでしょう?ここに紹介する発明品は、どれも6歳から11歳までの子どもたちから生まれたもの。子...
「Go Local(地産でいこう!)」が早くから生活の中に浸透しているハワイで、2014年のオープン以来、大注目を集めている新感覚デザートがあります。メイ...
観光庁の発表によると、20代のパスポート取得率は1989年で8.6%、2013年で5.9%。24年間減少の一途をたどっています。これを危惧した成田空港と日...
ニューヨークのあるピザ屋さんから、一枚2,000ドル(約22万円)もの高級ピザが登場しました。金箔が乗っていていかにも豪華ですが、値段の理由はそれだけでは...
「ポラロイドカメラ」や「チェキ」って、撮った後すぐに写真が出力されて便利ですよね。このタイプのインスタントカメラを使ったことがある人は、その味のある写真や...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
親に「目が悪くなるよ」と言われながらも、布団のなかで夢中になって本を読んだ子どもの頃。あとちょっと、と思いながらも止まらなくなって、結局朝を迎えてしまった...
マジメくんにはなりたくないけど、最低限スタイルはキープしておきたいよね。っていうので作られたのがこちらのスーツだそう。コストパフォーマンスと華やかさがイン...
世の中は知らなくても生きていけるけど、知ってて損もしない情報がたくさんあります。たとえば『お客に言えない!モノの原価マル秘事典』(青春出版社)で紹介されて...
「バンクシー」は、世界的に有名なストリートアーティストとして知られています。その正体は誰にもわかりませんが、公共物を扱う非合法のアートが多いなか、作品に込...
日本人の心のふるさと、お風呂。銭湯や大きなバスタブ、露天風呂などは日本人にとっても馴染み深いものですが、水が貴重で水道代が高い国では、じつはあまりお目にか...