組み立てや運搬も簡単。折りたたみ式「災害時シェルター」がスゴい(再利用も可)

地球上で起こる自然災害の42.9%がアジアで起き、この20年で約2,500万人以上がホームレスになっているのだそうです。この情報を知った時、何ができるかーー。シンガポールに拠点を置くデザイン・建築オフィス「WY-TO」の答えは、折りたたみ式のシェルター「Living Shelter」でした。

アジアで起きる
自然災害時のニーズを
ほぼ網羅

Medium f8b91cb1338cc81c111a64b2738d64df77e8fb1a

特徴は大きく5つ。

・フラットで運搬しやすい

・大人2〜3人、30分程で組み立てられ、特別なツールは必要なし

・東南アジアの気候、環境に合わせて作られている

・家具から照明まで、基本的な住環境ニーズを押えている

・再利用可能

な点。

縦2m30cm、横2m83cm、幅4.3cmとぺたんこになるので、スマートな運送が可能です。

Medium 94f6df52c56add828ce56c887bd8eed1cf3805f4Medium a3fe84526854fd8d655d3a55bfb15048c6e11908

組み立ても簡単で、コンテナやトラックで一度に運搬できる数も上記の通り。

復興まで見据えた
無駄のない設計

Medium ce7afb6ad8571001b99086fdc4f8a627a9a2db80

東南アジアによく見られる、高床式で風通しがよい「カンポンハウス」を参考に設計。鍵はもちろん、虫が入ってこないよう窓にはネット、ベッドやハンモックなどのポータブル家具、外で料理する際の棚、ソーラーパネル発電、雨水回収システムも付いているという万能性。

Medium df70a5a286b7d5caba80587e7bda1dd42b718ce0

また最終的に、使用されている部品は簡単に解体して再利用もできるそうで、災害時から復興までを視野に入れた、無駄のないデザインが秀逸です。

Medium 22bed8be10ce2e3d7f99f24e6b3507e6a787a437

プロトタイプは2016年5月28日から開催されるヴェネチア・ビエンナーレ建築展への出展が決まっていますが、4万ドル(約430万円)の資金を必要としていて、現在「INDIEGOGO」にて支援者を募っています。

被災地復興の強い味方となりそうなこのシェルター、早いタイミングでの商品化を期待したいところです。

Partnership with POD Structures

Licensed material used with permission by WY-TO, (Facebook), (Twitter), (Instagram)
ハワイの建築会社Group 70 Internationalが、面白い取り組みを始めています。彼らは、使わなくなった古いバスを改装してホームレス用のシェル...
ここ数日、記録的な大雨が日本列島を襲っています。報道によると、各地で鉄道の運転見合わせや停電が多発している模様。引き続き、厳重な警戒が必要です。さて、今回...
噴火や土砂崩れ、洪水が起きたら、どのエリアが危険なのか?どこが安全なのか?「状況をきちんと把握できる正確なマップ」がなければ、救援活動を行うことができませ...
ニュースでは、ヨーロッパ各国が難民受け入れ問題で混乱していたり、アメリカでもトランプ大統領がその受け入れを制限したりと、世界的に大きな話題となっている、難...
じつはコチラ、災害を想定して設計された簡易シェルターです。とはいえ、その機能や携帯性は特筆すべきものがあります。被災地ではもちろん、アウトドアでも活躍する...
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...
もしも、どんなに汚れている水でも、すぐに飲料水に変えてしまう魔法のボトルがあったら…。アメリカに住むマイケル・プリチャードさんは、2004年スマトラ島沖地...
里親を待つシェルター犬たちが、お見合い成立後にさっぱりしてから新たな家族の元へ行くことはあるかもしれません。でも、第一印象がイマイチだと、なかなか貰い手が...
マイホームの購入予算としては破格すぎる住宅デザイン。その金額なんと75ドル!日本円にしておよそ9,000円です。実はこれ、建築デザインオフィス「 i-Be...
2016年4月14日21時26分ごろ、熊本県で最大震度7に及ぶ地震が発生しました(気象庁)。「防衛省」は、述べ約2,100名の自衛隊員を救援活動のために派...
「人間は誰にでも温かく、安全な場所で体を休める権利があるはずです。それが、たとえホームレスであったとしても。まるで厄介者のように扱うのではなく、彼らを思い...
カヌーやカヤックといった水辺のレジャーツールには、サイズや保管場所の問題が常にありました。でも、フォールディングタイプの登場で、こうした問題が徐々に解消。...
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
小学生の男の子が、弟のために新聞紙で作ったドラクエの装備品。これがキッカケとなり、研究に研究を重ねた彼は、災害時でも役立つこと間違いなしの「簡易スリッパ」...
2014年8月に広島県で発生した土砂災害。その救助現場で活躍した夢之丞という名前の災害救助犬をあなたは知っているでしょうか?「助かった命」が、今度は「命を...
カメラを手に入れたら、色々な機能を試してみたいものですよね。もちろんスマホのアプリも便利でいいのですが、ここではレゴブロックのように組み立てながら遊べるカ...
東日本大震災から6年。自然の脅威を見せつけられたあの経験から、私たちは何を学んだのか。そう遠くない将来にまた起こると言われている「震災」に対して、どれほど...
下の動画では、0分30秒から実際に建築していく様子が確認できますが、出来上がりもイイ感じ。さっそく見てみましょう。この建物に使われているのは、基本的に木材...
台湾の台北市の高架下に設置された、長いパイプ状のユニークな遊具。この遊具の材料には産業廃棄物として出た鉄材や、廃タイヤなどが利用されているとのこと。なんだ...
家って「建てる」ものだと思っていました。土台を築いて、骨を組んで、壁を打ち付けて…。大規模な設備と長い時間が必要なものだと。でもこれからの時代、たったひと...