まるでワインに精通しているかのようにオーダーする「5つのコツ」

ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいですよね。

ここでは、ワイン評論家のMike Peterson氏がまとめた、ワインを頼む際のとっておきの方法を紹介しましょう。ここぞというデートの時に役立つかも?

01.
選んだらダメなのは
「2番目に安いワイン」

Medium 2c499c9491d0d1f0c624018218521e04ae6261c2

メニューのなかで一番安いワインを選ぶのは、なんとなく抵抗がありますよね?ついつい「2番目に安いワイン」を頼んでしまったことはないでしょうか。

レストラン側もそのことはよくわかっているので、最もよく頼まれる2番目に安いワインを、一番利益率が高い価格に設定していることが多いのです。利益率が高いということは、コストパフォーマンスが悪いということ。変に見栄を張ってレストランの策略にハマるのはやめましょう。

逆に、1番安いワインは品質相応の値段に設定されています。これが、なかなかおいしいものなんですよ。

02.
3杯以上飲むなら
ボトルのほうがお得

グラスで頼むべきか、ボトルで頼むべきか、悩む人も多いでしょう。ボトル1本はだいたいグラス4杯分ですが、グラス4杯のほうがボトル1本より高い場合がほとんどです。もし同じワインを3杯以上飲むなら、ボトルで頼みましょう。

ただ、割高だからといってグラスで頼むべきでないのかといえば、そうではありません。ワインは料理との相性が大切です。いろいろなワインを試すことができるのは、グラスならでは。

03.
ソムリエに伝えるべき
ポイント

Medium 40a9ec45eda5b07aaa9c55cf72d7b3ce1c9f3ef0

よほどワインに精通していない限りは、無理せずソムリエに相談しましょう。病気に正しい診断ができるのは医者だけなのと同じで、結局はワインも専門家に頼るのが一番です。

ソムリエには、次の4つのポイントを伝えましょう。

・色:赤か白か
・産地:新世界(フルーツの香り)か旧世界(土の香り)か
・コクの強さ:ライトボディ、ミディアムボディ、フルボディか
・予算

この希望さえ伝えれば、ぴったりのワインを選んでくれますよ。

04.
予算を言いたくないときは
メニューを指差す

誰にだって懐具合はあるものです。ソムリエに予算を伝えればその範囲内で選んでくれるとはいえ、デートなどで正直に予算が言えないときもあるでしょう。

そんなときは、メニューをソムリエに見せながら、ワインの価格を指差して「こんな感じで」と伝えましょう。ソムリエも予算を明らかにしたくないときがあることは心得ていますから、これで察してくれます。

05.
テイスティングでNGな香りは
「濡れた新聞紙」

Medium a0a3d90ce3ae15150381fb50486e8d3b4c11f4e3

ワインが来たら、いよいよテイスティングです。これは、ワインに異常がないかをチェックするためのもので、味が好みかどうかを見るものではありません。

ソムリエがコルクの栓を抜いて、少量のワインを注いでくれます。数回グラスを回し、しっかりと香りを吸い込んだあと、味見をします。ここでもし濡れた新聞紙やダンボールのような匂いがしたら、迷わずソムリエに伝えてください。これは「コルクテイント(ブショネ)」と言って、稀に起きるワインにコルクの匂いが移ってしまう現象で、3〜5%くらいの確率で発生する事故のようなものです。これは開栓するまでわからないので、こうしたテイスティングが必要になるわけです。

コルクテイントが発生した場合は、無料で別のボトルに変えてもらうことができます。

Licensed material used with permission by Mike Peterson, ( Twitter)
同じワインなのに、レストランで飲んだ味と違う…。そんな経験があるなら、それは温度のせいかも。「Kelvin(ケルビン)」ならおいしかったあの味を家でも楽し...
よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
オーストラリアのワインコミュニティーサイト「The Wine Wanker」によると、カンタス航空はこの夏、国際線など一部の長距離フライトで、希望のあった...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
そうそう、こうやって食卓には色鮮やかな赤ワインを用意して、と思ったら…。え、ワインじゃないの!?これは、紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」と呼ば...
「オーダーメイド」と聞くと、どこかハードルが高い印象。当然、普通のモノに比べると割高だし、そもそもどこでどう依頼したらイイのか分からない人も多いはず。でも...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
ボルドーワインと聞けば、多くの人が重厚な赤ワインを思い浮かべるだろう。しっかりとしたお肉料理にどっしりと重いフルボディの赤。しかし太陽がさんさんと降り注ぐ...
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。あらため...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場するやいなや、世界中の酒好きから絶大な支持を獲得。わずか数日で目標金額を達成してしまった「Oa...
ブラジルの写真家、マルコス・アルベルティさんが「ワイン・プロジェクト」という、楽しげなポートレイトを撮影。内容はいたってシンプルで、ワインを使って「なし」...
自家製ワインを近所におすそ分けーー。なんてちょっと素敵すぎますか?でも、これがあればできちゃいそう。「Winemaking Kit」の見た目は、さながら理...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
ワインにはポリフェノールを筆頭にビタミンやミネラルなど多くの成分が含まれていることで知られています。その他にも様々な健康効果があるようですが、もちろん飲み...
「おむすび」と聞いて、頭に思い浮かべるイメージは人それぞれかもしれません。塩むすび? 海苔はついてる? 具材は? 俵型? 三角?日本人にとってのソフルフー...