全米を旅する「モバイル試着室」でぴったりのブラを選ぼう

このおしゃれなトラック、なんだと思いますか?実は、下着屋さんなんです。

オンライン下着ブランド「True & Co」が行っている「Try-On Truck」は、全米をこの試着室を備えたトラックで周り、自社のものとその他40ブランドの下着を、思う存分試してもらうというもの。

中もスタイリッシュ!

Medium 048766f88c30a0aa80fce1e411ed62ebca87e78f

WWD」によれば、トラックの大きさは幅7.3メートル奥行き2.4メートルで、マイクロバスとほぼ同じ大きさ。そこに試着室が4部屋。着替える時は外から見えないように目隠しができるようです。

Medium bfcd55077924c5b10fb146a44cd08fce5217e8dfMedium 6071ec4244b75c55ed68551807f15641def1174e

5分間のオンラインアンケートに答え、自分にフィットするタイプがわかったら、同ブランドをはじめ全40種の下着ブランドからブラをチョイス。30分間の無料フィッティングが行えると「Refinery29」は紹介しています。

常駐している「フィッティングセラピスト」からサイズのアドバイスを受けることもでき、もちろんその場で購入可能。後日、自宅へ送ってくれる仕組みだそう。

Medium a622d122bb5d90b3e4a66ec80c66dcbcb3eb823c

データに基づき6,000種から
自分に最適なブラを提案

もともとオンラインのみで展開していたこのブランド。「Mashable」によると、メジャーを使わず、質問に答えていくだけでその人に合ったブラを提案するシステムは、独自のアルゴリズムに基いているのだそう。

試着制度もユニークで、保証金45ドル(約4,800円)を払うと、気に入った3つのブラのほかに、試着用の2つを送ってくれ、万が一気に入らなければアンケートに記入、返品するというもの。この調査によって得られたデータから、お客は、のべ6,000種の体型バリエーションを特定でき、よりフィットしたブラジャーを見つけられるというのです。

そうそう、初の「店舗」がモバイルというのも面白いですよね。

約1年間の運用を予定しているこのトラック、どの街へ行くかは随時サイトにアップされるのでそこから予約をする仕組み。斬新なスタイルの「移動販売」で全米メディアから取り上げられているこの試着室。新たなショッピングのモデルケースとなるかもしれませんね。

Reference:WWD, Refinery29, Mashable
Licensed material used with permission by Bruce Damonte Photography
店内をぐるっと一周しては、気になった洋服をいくつかピック。試着室とフロアを行ったり来たりしながら、どうしようかとお悩みモード。そんな買い物の形はこれから少...
間もなく到来する年末セール。試着室は順番待ちで長蛇の列…。そんな場面でこそ、ゼッタイ役立つライフハックをビエボ動画より紹介します。こういうのって知っておく...
男性は胸を出して歩く人もいるのに、どうして女性だけ胸を隠さないといけないの?そんな疑問から、アメリカでFree the Nippleなるムーブメントが起き...
毎日着ける下着。着心地や素材など、こだわりを持っている人も多いはず。ライターのRebecca Endicottさんは「多くの女性はブラジャーに強いこだわり...
欲しいものが決まっているとき、オンラインショッピングって本当に便利。外に出る必要も、わざわざ歩きまわって商品を探す必要もない。でも欲しいものが決まってない...
1日の終わりにブラジャーを外す時こそ、世界でもっとも気持ちのいい瞬間。男性には分からないノーブラになる気持ちを、「Elite Daily」のライターAsh...
ニューヨークに住んでいた時思ったのが、おしゃれな女性が多いということ。ベーシックなアイテムでも、なぜかかっこいい。どうしてかな?と観察していて「その人の身...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
洋服を決めるときは試着、新しい食材を買う際には試食、車を購入する前には試乗──。何かを判断する前には「試す」という行為があるべきなのに、こと住まいにおいて...
あなたが急遽、パーティーに参加することになったとします。背中が開いた服を着たいけど、ストラップが見えるのはちょっとイヤ…。 そんな時でも安心。パーティーや...
ライター Laura Argintar氏が、自身の“スリムな胸”をカミングアウトした記事が「Elite Daily」で話題騒然です。同じ境遇の女性たちへの...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
月給の何倍ものお金をハイブランドファッションに賭し、エレガントに街を歩くーー。そうして精神的に豊かでいることや平和の大切さを謳う集団「サプール」。「服を汚...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
「MODE」が男性ファッションの歴史100年分を総まとめ!動画に各世代の流行を再現しました。が、全部下着なんですって。かつては、全身を覆うタイプが主流だっ...
01.意外な万能選手「ブラックドレス」は1着あれば着回しが効く!ハイエンドなスポットに行く予定のない旅でも、何が起きるかわかりません。クラブに行く時、パー...
ScottとEmilyのManning夫婦は、大の旅好き。ふたりは大学を卒業してから新居を探していたのですが、ちょうどいい家がなかなか見つかりませんでした...
Kickstarterで出資を募っている、あるブラジャーが話題になっています。資金募集を開始して、わずか24時間で3万ドル(約360万円)の目標金額に達成...
バストが大きい。そんな女性たちが毎日抱えている悩みーー。その重大さを男性にもわかってもらおう!ってなわけで、女性用下着のなかでも、品質、デザイン、フィッテ...
鎖国の間も日本で唯一、海外に港が開かれ、さまざまな人や文化が行き交った長崎。その文化交流の中でも、日本の「和」、中国の「華」、オランダの「蘭」が交わって表...