目覚ましの代わりに「コーヒーの香り」で素敵な朝を迎えてみませんか?

コーヒー好きにとって、朝「淹れたてのコーヒーの香り」とともに目覚めることができたら最高に幸せですよね。朝だけでなく、仕事で疲れて帰ってきた時や、お風呂あがりにコーヒーが自動で出来上がっていたら・・・

実はそんな夢を叶えてくれる
マシンがすでに存在していて、ここ日本でも購入できるのを知っていましたか?

ネスプレッソ初のIoTマシン
「PRODIGIO」

489a14b14fd064cb4bdb0a408a86d23605700221

それがプレミアムポーションコーヒーのパイオニアNESPRESSO(ネスプレッソ)初のIoTコーヒーメーカー『PRODIGIO(プロディジオ)』。プロディジオは、スマートフォンアプリとBluetooth機能でリンク、これまで手動で操作していたさまざまな機能を遠隔で行えるのです。たとえば・・・

コーヒーを遠隔操作で抽出したり
コーヒー抽出時間を予約できたり
カプセルコーヒーの残数を管理したり
タンクが空になった時やメンテナンスの時期を
プッシュ通知してくれたり

などなど。


機能面だけではありません。高級感溢れるチタンとシルバーの2色から選べるボディはデザインも◎。コーヒーのあるライフスタイルがもっと楽しくなりますよ!

348f08a25a658d47b2f9049a25840c2e42a77905

朝、コーヒーの香りとともに
目覚めるには

7fd0f540bca7ccbad9a7231b310a1737fb285806

夜、寝る前にプロディジオにカプセルコーヒーとカップをセット。ネスプレッソアプリを起動し、コーヒーが出来上がる時間=起きる時間にセットしましょう。あとはいい香りを夢見ながら眠るだけ。翌朝、芳醇な香りがあなたの鼻腔をくすぐる幸せな目覚めを体験できることでしょう。

8c4a6489ef2cbec77c3c81b325f03df84442c00a

前夜に時間をセットしなくても、スマートフォンのアラームで目覚めたついでにアプリを起動しコーヒーの抽出を開始することも可能です。顔を洗ってキッチンへ行けばそこには淹れたてのコーヒーが待っていますよ。

14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37

帰宅してすぐに
コーヒーで一息つきたい

0ef54e875309b3ee77041adef25e5dd79e26e2e4

ハードワークをこなし、ようやく帰宅。あらかじめ出かける前に、カプセルコーヒーとカップをプロディジオにセットしておいて、カバンを置いたらまずはネスプレッソアプリを起動しプロディジオにコーヒーの抽出を開始してもらいましょう。服を着替え、手を洗ってキッチンへ。そこには待っていたかのように香り豊かなコーヒーが。

先にお風呂でサッパリしたい人は、バスタイムを計算してコーヒーの出来上がり時間をセットしておけばバッチリですね!

カプセルの残数をスマートに管理
追加注文もその場で可能

B1762218a725c31f26c45c9bf4faebbe74a26ab2

コーヒー好きにとっては、毎朝コーヒーを飲んで一日をスタートするのがルーティン。それなのに、カプセルコーヒーを買い忘れて「コーヒーが切れていた!」となると、その日のモチベーションが上がらなくなってしまいますよね。

プロディジオならアプリでカプセルの残数を確認できます。もしもストックが切れそうになったら、その場で前回と同じものを注文できるから安心です。

高品質豆へのこだわり、
カプセルコーヒーはなんと23種類

4218dfce51363814c39fbc108a95a0f25f0773a1

プロディジオは優れたマシンですが、そのコーヒー体験が特別なものになるのは何と言ってもとことん「豆」にこだわっているから。

ネスプレッソのカプセルコーヒー「グラン・クリュ」は、世界のコーヒー総生産量のわずか1~2%にあたる、厳選された豆だけを使用しています。カプセルコーヒーの種類は「力強い味わいのもの」「バランスのとれたもの」「フルーティーなタイプのもの」など、なんと23種類もあるんです。これはワイン顔負けですね。

至福の味わいと、これまでになかった操作感があなたのコーヒーライフを一変させるかもしれません。気になる人はチェックしてみては!?

14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37
Sponsored by ネスレネスプレッソ株式会社
かつて、これほどまでに「香り高い目覚め」があったでしょうか?そのビジュアルは、「デジタル目覚まし時計」と「ドリップ式コーヒーメーカー」が合体したかのよう。...
もしかしたら、あなたは間違った時間にコーヒーを飲んでいるかもしれません。というのも「朝9時前にコーヒーを飲んではいけない!」という、ちょっと意外な内容の動...
朝が弱い!という人に。「ASAP Science」が睡眠のメカニズムを元に紹介した、スッキリ目が覚める7つの方法が役に立つかもしれません。以下、参考にして...
誰にでも、お気に入りのカフェのひとつはあるはずだ。おいしいコーヒーはもちろん、BGMのセンスが良かったり、そこでしか味わえない料理があったり、いつ訪れても...
最近、自宅やオフィスでコーヒーを淹れるのが日課という人、増えています。時間帯や気分に合わせてコーヒーを選べば、楽しみ方の幅はもっと広がっていきます。豆の特...
今年こそ朝型人間になる!2017年の目標は早寝早起き!なんて抱負を立ててみたけど、年越しや正月ボケで、むしろ生活リズムは最悪…。そんなあなたに教えたいのは...
アメリカ最古の蒸留酒製造所を持ち、2016年には150周年を迎えたアメリカン・ウイスキーの代表格「ジャック ダニエル」。ボリューム感のある四角いボトルに満...
世界のコーヒー文化の多様性を知る手がかり、そのひとつが飲み方。はちみつ、シナモン、バター、レモン、塩、真っ赤に焼けた木炭まで入れる国もあります。では、数あ...
朝からシャキッと過ごせていますか?目が覚めても頭は冴えずにダラダラ、もしくは支度でバタバタしてしまい、気づいたら出る時間。疲れもたまってなかなかエンジンが...
弾けるような躍動感がある、ペイント。実はすべてコーヒーで描いているそう。ドイツ出身のDianaさんが描くアーティスト達は、それぞれの人物が放つオーラまで再...
ライターのBenjamin P. Hardyは、こんな問いかけをしています。 朝、目が覚めたときどんな気分?スーパーマンみたいになんでもできそう?それとも...
どれだけ些細なことでも、だれかの優しさに触れると、心はほっこりとするもの。そんな日々の小さなしあわせに気づくのも大事なことですが、自分からそのしあわせを作...
従来の目覚まし時計は、聴覚を刺激することで私たちを目覚めさせるもの。しかし、ここで紹介する「SensorWake」は嗅覚へと働きかけるのだそうです。指定の...
あなたは朝の目覚めがいい方ですか? それとも目覚ましアラームを止めて二度寝してしまうタイプ?朝はいつでもすっきり目覚められるというあなたは、朝型人間です。...
世界で1番コーヒーがよく飲まれていると言われる「北欧」。私の住むシアトルは、冬場は朝9時過ぎにやっと明るくなったかと思うと夕方4時には暗くなるのですが、北...
生活をガラリと変えることはむつかしいけれど、身近なところから少しずつ。そんなふうに、毎日の暮らしを、ささやかなところから前向きに変えていくことが出来たら、...
日本のコンビニは、外国人や海外に住んでる日本人にとっては目がキラキラしてしまう場所です。たとえば私の住むアメリカでは、コンビニは少し怖い場所という認識があ...
2016年3月10日、東京・青山に新たなコーヒースタンド「THE LOCAL」がオープンしました。この店、ある画期的なオーダーシステムを採用しているんです...
これは、ドイツ・ベルリンの、とあるカフェで使われているカップとソーサーの話。丸みのあるシンプルなデザインと、深い濃淡のあるブラウンは味わいがあります。何よ...
「夜の営みを朝にする」。ちょっと背徳感すらある、モーニングセックス(あえて、こうよびましょう)が、まさかの「コーヒーよりも目覚めにいい」という研究結果が出...