【ビギナー必読】次に飲む時さっそく使おう。「ワインの入り口5つの知識」

「敷居が高い」と感じていても、基礎を身につけたりルールを覚えたりした途端にグっと身近になって、その魅力に引き込まれるコトってありますよね?「ワイン」はまさにその代表格。確かに、知れば知るほどワインの魅力はどこまでも奥深く広がっていくものですが、そのイメージだけが先行して、多くの人にとって最初から敷居が高く見えすぎてしまっている可能性が高いのです。

ここでは、最低限これだけ覚えてしまえばワインの魅力を十分に堪能できるようになる、いわば「ワインを好きになる準備」が整う、超ベーシックなポイントをご紹介。「赤と白の違いぐらいしかわからないけど」・・・という人でも大丈夫。むしろそんな人にこそ、以下のポイントをチェックしていただきたいのです。読み終わったときにはきっと、次にワインを飲む機会が楽しみになっていますよ。

01.
まずは覚えておくべき
ブドウ品種5つ

89ff61d490af7ba3ef5e549692953bd897e4378b

ワインのぶどう品種は気が遠くなるほど多く存在しています。一説には2万種類とも3万種類とも言われており、通の人ほどぶどう品種に関しての知識が豊富でぶどう品種に関してのウンチクが大好きな傾向にあります。それがワインの敷居を高く見せている一因かも知れませんね。でも、まずは上記5種類の名前味の特徴を丸暗記してしまいましょう。それだけでもレストランでのワインの注文が格段に楽しくなりますよ!

02.
ワインの生産国は
「旧世界」と「新世界」
に分かれる

A56d6935aeb2c08efca29174d38d94f962d1aba9

ワインの原料となるぶどうは世界中どこでも育つので、ワインの生産国も世界中に広がっています。ワインの世界では、生産国別に「旧世界」と「新世界」に分かれているのを知っていましたか?ワインと言えば真っ先に思い浮かぶフランスを筆頭に、「旧世界」は古くからワインを作っているヨーロッパ諸国。「新世界」は、カリフォルニアに代表されるアメリカ、チリ、オーストラリアなど比較的歴史が浅いヨーロッパ以外のワイン新興国です。やはりそれぞれの国ごとにワインの特徴は違ってくるのですが、ざっくり言うと「旧世界」のワインは飽きのこないイメージで、「新世界」のワインは派手でインパクトのあるイメージのものが多いです。

「旧世界」・・・フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、ポルトガル
「新世界」・・・アメリカ、チリ、オーストラリア、カナダ、南アフリカ、etc

03.
「スワリング」は
何のためにやるのか

Fa9a69eb73e18f26d23464ab08328f2e88bc2596

グラスに注いだワインをくるくる回す行為、見たことありますよね。あれはカッコつけているわけではなく、「スワリング」という行為で、ちゃんとやるべき理由があるものなんです。ワインは、味はもちろん香りがとても重要な要素。グラスを回し、中のワインを空気に触れさせることによって香りを引き立てる行為が、スワリングなのです。「香りを開かせる」と言うと、ちょっと通っぽいです。

スワリングを左手で行うときは時計回り、右手で行うときは、時計と逆回しが基本です。
ソムリエはグラスを持ち上げ、台座の部分を持って空中で華麗にスワリングを行いますが、慣れていない人だとワインをこぼしてしまうリスクが高いので、無理せず机の上で静かに回してあげましょう。それだけで十分に空気と触れ合って、そのワインが本来持っている香りが華やかに開いてくるので試してみてください。

04.
乾杯では
その響きも楽しもう

4e83d50ecb1fa5c863ec87071a14475d0fd7a1e7

乾杯のとき、薄くて繊細なワイングラス同士を合わせるのはちょっと緊張しますよね。グラスの中で最も薄い縁同士を合わせるのはやっぱり危険ですが、ボウルの一番膨らんだ部分同士を軽く合わせれば、グラスが壊れてしまうことはありません。相手が右手でグラスを持ったら右手で、左手で持ったら左手と、持ち手を合わせるのも重要なポイント。お互いに視線を合わせ息のあった乾杯を心がけましょう。

グラスを合わせたときの美しい響きや
、手を伝わってくる軽い振動もワインの一部。見た目、香り、味わいとともに、まさに五感で楽しむものなんです。

05.
グラスの形で
ワインの味は変わる!

Cef1bb93e842c26ce26a4d61462316ce3b7792cb

「このワイン、すごく美味しいんだよ」と言われたのに、飲んでみると酸味が強すぎたり、渋すぎたりして内心全然美味しいと思えないのに「う、うん!すごい美味しい!」と調子を合わせた経験、ありませんか?それはきっと、グラスの形がワインに合っていないから。

嘘のような本当の話、ワインはグラスの形で味が変わるんです。それは、ワイングラスの形が、それぞれのワインに合わせて味が一番引き出せるように「最適化」されているから。グラスにいろいろな形があるのはそのためなんです。どれぐらい味が変わるかって?それはもう、ビギナーでもはっきりとわかるぐらい変わります。これはちょっと驚きますよ。

「でも、ワイングラスなんてそんなに持ってないから・・・」という人でも、それを体験できる「場」が、実はあるんです。

ワイングラスの老舗RIEDELの
グラス・テイスティングイベント

創業260年、ワイングラスの老舗『RIEDEL(リーデル)』では、「青山本店」「名古屋店」「大阪店」「エノテカ丸の内店」の4店舗で「グラス・テイスティングセミナー」を定期的に開催しています。

セミナーと言っても別に堅苦しいものではなく、ビギナーの人にこそ気軽に参加してもらいたい内容。友人同士で参加したり、カップルの一味違うデートとして参加してみるのも面白いですよ。ワインの基礎知識が身に付くだけでなく、グラスの形によって味が変わる体験を通じて「グラスの重要性」も理解できます。自分好みのワインを発見し、「これからはもっとワインを飲んでみよう!」と思える、そんなセミナーです。興味がある人は、ぜひチェックしてみてください。

4d6647b9c6bb16034690287b5a943b8450205d82
Sponsored by RIEDEL
オーストラリアのワインコミュニティーサイト「The Wine Wanker」によると、カンタス航空はこの夏、国際線など一部の長距離フライトで、希望のあった...
ワインを選ぶ際、魚やお肉などの料理に合わせるのはよくある話。ですが、子育てのイライラに合わせて、ワインを選ぶなんて初めて聞くはずです。ここで紹介するのは「...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
ボルドーワインと聞けば、多くの人が重厚な赤ワインを思い浮かべるだろう。しっかりとしたお肉料理にどっしりと重いフルボディの赤。しかし太陽がさんさんと降り注ぐ...
ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいです...
今日1日がんばったご褒美に。とろとろあまくて、ぽかぽかあたたまる。美味しいホットチョコレートワインはいかがでしょうか。ホットチョコレートとホットワインの美...
まだライターとして駆け出しのころ、毎日決まって白シャツを着る編集者に鍛えられた。怒鳴られるたびに視線が下へ下へと降りていくぼくは、いつからかその編集者の日...
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
ワインにはポリフェノールを筆頭にビタミンやミネラルなど多くの成分が含まれていることで知られています。その他にも様々な健康効果があるようですが、もちろん飲み...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
そうそう、こうやって食卓には色鮮やかな赤ワインを用意して、と思ったら…。え、ワインじゃないの!?これは、紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」と呼ば...
家飲みの終盤、グラスにちょっとだけワインが余ってしまうことがあります。こんなときのハッピーな解決策をご紹介。ローマの南、コーリという小さな町の銘菓「チャン...
ワインを飲んだ後、頭が痛くなったことはありませんか?アルコールを摂りすぎたことも原因ですが、ワインに含まれる酸化防止剤が原因とも言われます。酸化防止剤とは...