ちびっ子たちの間で、タトゥーが流行ってる!?

ド派手なタトゥーを全身にびっしりと入れた子どもたちが、ニュージーランドを中心に急増しているそう。一体なんで…。

やんちゃすぎるキッズに仰天!

C2b30689b6b4e74df9386bea888fc093fe3b16d4248b136e64158c258276ea7a69880042179c8d656b9867ed9853e0b066b7ad63cd9c98a0c04e28d4

もう気づいた人も多いかもしれない。これは、エアブラシを用いて描いたボディーペイントだ。痛みもなければすぐに塗料を落とせるもので、誰でも安心して楽しめる。子どもたちの表情に注目してみて!

みんなニンマリ。

672600ac8a223f9721bad317428c10b2d5591133797d9576e90ef496d267b554266edba6d247c67346c0d206c394324ab667e550b1e975b666f911f4C6ffdf0f273b71cc9f129e018d66cd24be16d5b06f454aaa3254d06470a19a4039077efc16cf94ef

写真右手のベンジャミン・ロイド氏は、10年以上ペインターとして活躍している男性。日本でもエアブラシを使った一時的なタトゥーは利用できる。とはいえ、子ども達に対して応用しているところを見るとつい驚いてしまう。

もともとは大人向けのサービスとして始まったもの。だけど、安全に楽しめる上に、みんなの表情に自信がみなぎっていくのがわかるそう。今ではクラウドファンディングサイト「YourCaring」で資金を募り、病院を回って入院中の子ども達にペイントするようになった。

入院中の子ども達に、
元気になってもらいたい。

「説明できないが、子どもたちを笑顔にしたい気持ちでいっぱいなんだ。投資してくれた何千人もの人々に感謝している。ただ、一つだけ問題があってね。みんなお風呂に入りたがらなくなっちゃうんだよ」。

これだけ本格的な仕上がりなら、たしかにスグ落としてしまうのはもったいない!その気軽さを考えれば、人気が出るのも頷ける。

とはいえ、日本で見かけたらおじいちゃんが腰を抜かしちゃいそうーー。なんて、心配し過ぎ?ちなみに、過去に行った読者アンケートではこんな結果が出た。

1年で消えるタトゥーなら、
やってみたいと思う?

37f0a89e8a2cf14762d8460954bbf928a3f11324

タトゥーに対する憧れって、強いのかも。

Licensed material used with permission by Benjamin Lloyd art collection
スタジオジブリの映画が海外でも人気なのは、言わずもがな。ですが、あまりに好きすぎてタトゥーを彫っている人たちがいることをご存知ですか?トトロからカオナシま...
入れる人の想いが詰まっているタトゥー。日本では、文化的に広く受け入れられているとは言い難い。が、それでもこの「Skin Motion」は、注目に値する。そ...
一見すると、指先まで袖のある黒いドレスを着ているようにしか思えないこの写真。ところが、彼女がまとっているのはドレスではなく、黒一色ベタ塗りのタトゥーなんで...
デビッド・ベッカムは、大のタトゥーフリークでもあります。ただし、その刻まれた数々のタトゥーは、彼の愛する妻や子どもたちの名前、大切な家族を表していると言い...
タトゥーと言えば、基本的には一度入れたら一生ものというイメージ。いくら興味はあっても、その後の人生とどう付き合っていくのか熟慮が必要になるだろう。気軽に楽...
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
コチラの記事では、2週間限定のタトゥー「inkbox」自体の紹介をしたけれど、ここでは簡単な使い方について。貼り付ける箇所によっても変わるけれど、基本的に...
ひと昔前の入れ墨の認識とは違い、今やファッションの一部として楽しむ人も少なくないタトゥー。以前と比較すると、そのイメージはややカジュアルなものになり、街中...
もしも、タトゥーのない自分の姿を見たら、その人はどんな反応をするのだろう。そんな思いつきから、イギリスの写真家、スティーヴン・バートンは1冊の写真集をつく...
20世紀初頭、パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって創始され、その後多くのフォロワーを生んだ現代美術の大きな流れのひとつにキュビズムがある。ルネサン...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
パナマにはなんと12歳のタトゥーアーティストがいる。名前はEzrah Dormon君。母親と外出した時にタトゥースタジオへ行った時の事がきっかけだったとい...
ボディペイントを自分でやるのは難しいし、シールだと偽物感が気になる。本当に彫る勇気もない…となった時に、私が実際に使ってみて予想以上に気に入ったのが「in...
「まっしろ」にこだわるのもいいけれど、今こんなアレンジが流行っているみたい。ね、かわいいでしょう。しかも、どうしても地面に擦れることでついてしまう汚れを目...
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
海外に出ると、日本人ってたいてい年齢より若く見られるもの。小柄で童顔、そんなイメージが板についているんでしょう。でも、私たちが外国人の年齢をズバリ当てられ...
それが世に必要とされる商品かは分からない。けれど、そのアイデアや熱意に投資したいと思わせる。これもクラウドファンディングのいいところ。ギリギリではあるもの...
海外でとてつもない反響を得ているムービーがある。ちびっ子がペダルのないキッズバイク「ストライダー」で通学する様子を撮影したものなのだが、実はこの少年只者で...
壮絶な人生を送ったにも関わらず、そのほとんどは歴史に名を残すこともなく、永遠の眠りについた女性たち。彼女たちの尊い命は、一瞬の輝きを放ったもののすぐに消え...