ウチの子の「ペタッ」が、世界で1番可愛いタトゥー。

仕事中も旅行中も、出来ることなら“ウチの子”をいつもそばに連れていたい。

愛犬家がわんこのタトゥーをいれるのはめずらしくないハナシ。自分とのツーショットや、誕生日や名前を体の一部にすることで、愛おしい気持ちがずっと心をあたためてくれるから。

#pawtattoo
世界で1番カワイイ「肉球」

まだプニプニで傷ひとつなかった小さかった肉球が、少しづつ立派になっていくのをずっと見守り、この手に癒され続けて来たのだから、スタンプのようにペタッと残しておきたくもなりますよね。

最近のインスタでは、#pawtattooで見るとわかる通り、実際の足跡をデザインにして、彫ってもらう人が増えているみたいです。

カラフルな絵の具でペタペタ。グラデーションや跳ね具合まで、完璧な再現です。

本当に踏まれた後のように、地面を再現したデザインも。

なかには、そろそろお別れが近かったり、最近亡くなってしまったわんこの足跡を、体に残す人も。

わんこほどではないですが、愛猫家の間でもブーム拡大中。

あぁ〜、カワイイッ…!

本物の足跡は、イラストのように形は整っていないし、毛が長い子だとかすれて上手く映らないときもある。でも、コレがいいんですよね。

Licensed material used with permission by Dream ink color, @peterharren
スタジオジブリの映画が海外でも人気なのは、言わずもがな。ですが、あまりに好きすぎてタトゥーを彫っている人たちがいることをご存知ですか?トトロからカオナシま...
タトゥーと言えば、基本的には一度入れたら一生ものというイメージ。いくら興味はあっても、その後の人生とどう付き合っていくのか熟慮が必要になるだろう。気軽に楽...
入れる人の想いが詰まっているタトゥー。日本では、文化的に広く受け入れられているとは言い難い。が、それでもこの「Skin Motion」は、注目に値する。そ...
愛犬の仕草や、表情の意味を知りたいと思ったことはありませんか?ここで紹介するのは「Little Things」で掲載された、犬の愛情表現をイラストで表した...
ド派手なタトゥーを全身にびっしりと入れた子どもたちが、ニュージーランドを中心に急増しているそう。一体なんで…。もう気づいた人も多いかもしれない。これは、エ...
一見すると、指先まで袖のある黒いドレスを着ているようにしか思えないこの写真。ところが、彼女がまとっているのはドレスではなく、黒一色ベタ塗りのタトゥーなんで...
コチラの記事では、2週間限定のタトゥー「inkbox」自体の紹介をしたけれど、ここでは簡単な使い方について。貼り付ける箇所によっても変わるけれど、基本的に...
もしも、タトゥーのない自分の姿を見たら、その人はどんな反応をするのだろう。そんな思いつきから、イギリスの写真家、スティーヴン・バートンは1冊の写真集をつく...
もし、愛犬が彼らの方法で「大好きだよ」って伝えているのに、全然わからなかったら悲しいですよね。あなたが気付いていないかもしれない犬の愛情表現を「BarkP...
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
ゴールデンリトリバーのElla(エラ) Fitzgeraldは、絵にうるさい。なんてったって、自分の気に入った作品以外には目もくれない。彼女が絵画を鑑賞す...
SNSにあがっていると思わず「いいね」したくなるような、その存在感だけで十分にかわいいペットたち。ここでは、世界で話題になったワンちゃん(と、自分をワンち...
アメリカ・ミネソタ州に住むアーティスト、Christopher Cline(クリストファー・クライン)さんの愛犬ジュジは、世界一大きな「子犬」としても有名...
20世紀初頭、パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって創始され、その後多くのフォロワーを生んだ現代美術の大きな流れのひとつにキュビズムがある。ルネサン...
愛犬家だったら「犬を飼うのは至上の喜び!」と感じるもの。人類の最大の友、なんて言う人もいるくらい、良好な関係が築ける存在です。なんだか会話が成立しているよ...
いつも私たちのそばに寄り添って、癒しを与えてくれるワンちゃん。単なるペットではなく、家族の一員のように大切に思っている方も少なくないでしょう。実は私たちが...
犬の寿命は当然ながら人間よりも短く、大型犬だと6歳くらいからシニアだという意見があるほど。とは言え家族の一員ですから、いつまでも元気でいて欲しいですよね。...
デビッド・ベッカムは、大のタトゥーフリークでもあります。ただし、その刻まれた数々のタトゥーは、彼の愛する妻や子どもたちの名前、大切な家族を表していると言い...
ひと昔前の入れ墨の認識とは違い、今やファッションの一部として楽しむ人も少なくないタトゥー。以前と比較すると、そのイメージはややカジュアルなものになり、街中...
生まれ持った能力をいかし、世界のさまざまな場面で活躍する「ワンちゃん」たち。ここではそのいくつかの記事を紹介しましょう。大きな愛に溢れる彼らの姿に、きっと...