ベッカムのタトゥーが、児童虐待にストップをかける。

デビッド・ベッカムは、大のタトゥーフリークでもあります。ただし、その刻まれた数々のタトゥーは、彼の愛する妻や子どもたちの名前、大切な家族を表していると言います。幸せであたたかい特別な思い出を残すため、自らの意志で刻み込んだものなのです。

このベッカムのタトゥーをモチーフに「世界中の子どもたちを救おう」という動きがあるんです。

世界中で5分にひとりの
命が奪われている

Af73bd5d9615437fc24ce7da4fdc8839e35da14a

世界には、暴力によって身体に望まない傷跡を残されてしまう子どもたちがたくさんいます。自宅や学校、所属するコミュニティ、ときにはネット上で暴力を受けた子どもたちの傷は、生涯消えることはありません。

04d4610a8f2979c082b45e97b85668083d0843ef

ユニセフが公開した動画では、ベッカムのタトゥーが動き出し、子どもたちに対する暴力シーンがアニメーションで描かれています。

子どもへの暴力は世界的な問題になっていて、5分にひとりの子どもが暴力によって命を奪われている、と言われています。そして、その数よりもっと多くの何百万人という子どもたちが肉体的、精神的、性的な虐待を受けているのです。

Bbfb3ba380a1c30ffab5722faf9218c9b91ac830

動画には、ベッカムのこんな言葉が綴られています。

「Violence against children marks them forever. It's wrong, End it.」

(暴力によって子どもたちが負う傷は、永遠に残り続ける。それは絶対に間違っているし、終わらせなければならない)

「子どもたちが
暴力に耐える必要はないんだ」

6d0bfd6fa4437ec28b542d184ae3571e10dbbc84

そんなベッカムは、2015年2月に「デビッド・ベッカム・ユニセフ・ファンド」を立ち上げています。

「昨年、私はユニセフの活動でカンボジアを訪れ、子どもたちに会いました。そこで彼らは自分たちが受けた暴力について話してくれました。その内容はとても衝撃的で、そして暴力が子どもたちに与える影響は永遠に消えることがない、ということを知ったのです。

子どもたちは本来、暴力に耐える必要なんてありません。しかし、世界中のあらゆる地域、家庭、学校、街頭で子どもたちは暴力に苦しんでいます。私はこのプロジェクトがこの重要な問題に注意喚起し、多くの人の行動を促すことを願っています」

動き出すタトゥーを見て、あなたはどんな思いを抱くでしょうか?

Licensed material used with permission by UNICEF
入れる人の想いが詰まっているタトゥー。日本では、文化的に広く受け入れられているとは言い難い。が、それでもこの「Skin Motion」は、注目に値する。そ...
「赤ちゃんポスト」に「ゆりかごプロジェクト」。赤ちゃんの虐待死を防ぐため、これまで多くの施策が打たれてきました。しかし、今でも2週間に1人、生まれたばかり...
ド派手なタトゥーを全身にびっしりと入れた子どもたちが、ニュージーランドを中心に急増しているそう。一体なんで…。もう気づいた人も多いかもしれない。これは、エ...
一見すると、指先まで袖のある黒いドレスを着ているようにしか思えないこの写真。ところが、彼女がまとっているのはドレスではなく、黒一色ベタ塗りのタトゥーなんで...
虐待と聞くと、つい「肉体的な攻撃」をイメージしてしまうけれど、「I Heart Intelligence」の記事によると、その考え方では不十分らしい。ここ...
もしも、タトゥーのない自分の姿を見たら、その人はどんな反応をするのだろう。そんな思いつきから、イギリスの写真家、スティーヴン・バートンは1冊の写真集をつく...
スタジオジブリの映画が海外でも人気なのは、言わずもがな。ですが、あまりに好きすぎてタトゥーを彫っている人たちがいることをご存知ですか?トトロからカオナシま...
20世紀初頭、パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって創始され、その後多くのフォロワーを生んだ現代美術の大きな流れのひとつにキュビズムがある。ルネサン...
ひと昔前の入れ墨の認識とは違い、今やファッションの一部として楽しむ人も少なくないタトゥー。以前と比較すると、そのイメージはややカジュアルなものになり、街中...
タトゥーと言えば、基本的には一度入れたら一生ものというイメージ。いくら興味はあっても、その後の人生とどう付き合っていくのか熟慮が必要になるだろう。気軽に楽...
物理的な暴力とは違って、なかなか分かりにくいのが心理的な虐待。あなたも知らずの内に、被害者になってるかもしれません…。ここで紹介するのは、精神的な攻撃をし...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
いま、世界中で1本の指だけにマニキュアを塗る男性が現れているという。ファッションとしてではなく、どうして男性がそのような行為をするのか?そこには、悲しい理...
あなたはこのドレスを知っているだろうか?青と黒に見えるか、白と金に見えるか?で話題になった画像だ。There's a scientific explana...
もともとは、アメリカの女性作家ジーン・ウェブスターによる小説。主に両親のいない子どもに金銭的な援助をおこなうが、しかし、その正体は絶対に明かさない。現代日...
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
人形や模型を動かしながら、パラパラ漫画のようにコマ撮りして映像化するストップモーション。何それ?という人も『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』や『ウォレス...
時間ができたらタメになることをしよう。と、スケジュール帳とにらめっこしている人は多いかもしれません。でも、“暇してみる”のも良い選択肢。たとえば、夏休み。...
あなたのお子さんは、純粋に遊んでいるように見えて実は想像以上に大人かもしれません。小さいながらも、発展途上国にいて食べ物がなくて苦しむ同じ子どもたちを助け...