「インテリアショップ」が本気でリノベーションを始めると、部屋はこうなる

1969年から輸入家具の販売とオリジナル家具の製作を手がけるインテリアショップ『ACTUS(アクタス)』。扱う商品ラインナップは暮らしに馴染む「使い心地」を最も大切にしたものばかりで、飽きのこないデザインと相まって多くのファンを魅了しています。特に、「丁寧な暮らし」を体現したコンセプトショップ「スローハウス」を訪れ、その店舗空間に触れてみると、「こんな家に住めたらいいな」と思わずにはいられません。

そのアクタスが、今年から満を持して本格的なリノベーションプロジェクト『LONG LIFE TOKYO』を始動させたのをご存知でしょうか。そこには、長年温めてきたある想いがあるようです。

先進国で最も短命な住宅を
作ってきた日本

B2d6b801294e0d0a06557829a42cc672acff4781

「LONG LIFE TOKYO」のWEBサイトを訪れると、こんな一文で始まるステートメントが目に飛び込んできます。

「日本は世界一の長寿国となった。では、その長い人生を支える住まいはどうか?先進国の中で、最も短命な住宅を建てて来た国である。しかし今、暮らしに合わなくなった古い住居が見捨てられている──」

現在、日本には6300万戸の住宅ストックと850万戸もの「空き家」が存在しています。この、放置できない社会問題の「救世主」として、政府が大きな期待を寄せているのが「リノベーション」という手法。そしてそこに目をつけ立ち上がったのが、アクタスでした。人も住まいも、長く良く活きるために──「LONG LIFE TOKYO」というプロジェクトネームに、その想いが色濃く現れています。

新築でも、中古でもない
リノベーションという選択肢

A0a349d39b29888a5f418bc48c7dc5f7586302d3

以前から、アクタスのショップを訪れる多くの人々から「こんな空間を自宅で実現してみたい」とは言われていました。それは「アクタスにリノベーションを依頼してみたいか?」というリサーチにおいて出た「Yes=95%*」という数字を見ても明らかです。加えて、アクタスはインテリア販売にとどまらず、実は数多くのホテルや美術館といった空間をプロデュースしてきたという実績とノウハウを持っていました。

ライフスタイルに合わせて古い住居の間取りや内装を想いのままに刷新し、理想の住まいを手にいれる「リノベーション」。これは、空き家のままの中古マンションと、「住みたいエリアの新築マンションには手が届かない」という理由で住宅購入をためらっている人々を繋ぐ画期的なソリューション。同時に、アクタスの特技がいかんなく発揮できるフィールドだったのです。

*アクタスの顧客4000人に調査し、リノベーションの計画がある人257名の回答結果。

まず、家具を考える

5f333f738c76f04d7ab2bba3ecfa99833af28ed3

あなたが不動産情報を見るとき、まずその部屋の何を見ますか?間取りは2LDKか、3LDKか。広さは80㎡あるのかないのか・・・そういったところを真っ先に見る人も多いのでは?

アクタスの考えるリノベーションは、まず「家具ありき」です。これはちょっと変わった考え方かもしれませんね。なぜ家具なのでしょうか?

たとえばあなたが、週末大勢の友人を自宅に招くようなライフスタイルを思い描いているとします。すると、8人は掛けられる大きなテーブルが欲しい、ゆったりしたソファがあったらいいな、などと思うはずですよね。そこに、ヒントがあるのです。

見るべきは
間取りよりライフスタイル

既存の新築マンションでは万人に合う「間取り」と「収まり」を優先している場合も多く、欲しい家具のレイアウトに困るという事態が起こりがち。間取りのせいで必要な家具をあきらめる……それはつまり、その先のライフスタイルごとあきらめることを意味します。

だから、新たな住まいを選ぶ際に必要なのは、ライフスタイルの「棚卸し」であるというのがアクタスの考え方。絶対に譲れないものは何か、暮らし方にどんな癖があるのか。今と将来への想像力を膨らませて、中心となる家具を決め、それに合わせて壁を立ち上げ、動線を作る。このプロセスが「理想の住まい」を引き寄せるコツであり、それを実現させる手法がリノベーションなのです。

61cc49d3a56e19d456acf42ee8023b9167b3efdc

内装=家具
「経年美化」する空間を

1e8c112131126730c3e86950cfd7294590ee0b46

アクタスが本領を発揮するのは部屋全体の雰囲気を決めるインフィル(内装)にあります。壁、床、天井、巾木に至るまで、これらすべては「家具と同等のもの」として、素材から徹底的にこだわるのです。特にフローリングに採用される無垢材は、「スローハウス」で使われているものと同じ仕様。幅広の無垢材の本物の質感には唸らされます。

166ea1526957edc8119f11cfd670f18cdb05a1f0

また、新築マンションの購入時によくあるのが、「ちょっと理想の雰囲気と違うんだけど・・・仕方がないか」という妥協。この違和感は、各パーツや建具が規格品であることに起因するケースが多いのですが、アクタスはそのほとんどをオリジナルで制作。

アクタスが取り扱うインテリアとの相性もぴったりの空間が生み出され、ソファやテーブルなどと併せてトータルでコーディネートできるのもインテリアショップならではの魅力です。使い込めば味わいが出てますます愛着が湧く家具のように、空間全体が経年美化する住まい──想像するとワクワクしてきませんか?

14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37

選べる、ふたつのスタイル

アクタスが提案しているリノベーションにはふたつのスタイルがあります。どちらも上記のスピリットを持ちつつ、それぞれ独自の雰囲気を醸し出しているので、見比べてみてください。

【スロースタイル】

「スローハウス」の店舗空間を一般の住宅に落とし込んだらこうなるというのがコンセプト。まさに「アクタスのお店みたいな部屋に住みたい」を実現してくれるスタイルと言えるでしょう。都会にありながら、「丁寧な暮らし」が送れる、ちょっとクラシカルなテイストです。

Dbdfc0d6214f0626bd78f071032d7aebcd34d80aB96942334d130fecbdce19a2194ef2e4b407170225fd0d61ac15213eca510ea1f4087c893f77c395


【スカンジナビアンウェイ】

もともとアクタスが持っているパブリックイメージの「北欧スタイル」に、木材の持つ温かみを加えたのがこちら。アクタスで取り扱う北欧家具との相性を一番に考えてプランされています

3ba177afd33394be851809122b6d4b09c7341f32738d60bcc36a424d16fa102f715791e01b40d316954923230bc788c623d67484172c1ab27771ce8b13df86f0c7c34750f7522c96566c28fa48d63209

リノベーションショールーム
「HOW」とは

38193a7d2544e8cc1e1a4065e7fa849f6ceaa99e

アクタスが「LONG LIFE TOKYO」を展開するにあたり、プロジェクトのベースとして新宿にオープンしたのがリノベーションショールーム『HOW』です。この名前には、「How to make...」つまり、アクタスと顧客が一丸となって「どうやって作ろうか」を追求する空間であるという意味が込められています。

その名の通り、このショールームでは空間を作り込む部材や建具を見るだけでなく、なんと理想の住まいを叶えられる「物件探し」からサポートしてくれるんです。まさかインテリアショップでそこまでのサービスが受けられるとは思いませんよね。そんなところにもアクタスの意気込みが垣間見えてきます。

実際「リノベーションを検討してみたいな」と思ったら、HOWへ。首都圏エリアのマンションを対象とした提案からスタートしています。相談は無料なので、少しでも興味を持った人は週末にでも気軽に足を運んで、まずはその空間が醸し出す雰囲気を味わってみては?

ちなみに……

アクタスでは、「LONG LIFE TOKYO」のパンフレットを8月初旬より配布開始します。今回の記事で紹介した内容をさらに掘り下げ、「暮らし方から考える間取りプラン」の紹介や、実際にリノベーションを依頼するときの流れが詳しく載っていますので、気になる方は資料請求してみてください。

パンフレット請求はコチラから


また、リノベーションルーム「HOW」では、定期的にリノベーションに関する様々なセミナーを開催中です。毎回興味深い切り口のテーマで展開されているので、まずはそれを聞くだけでも住まいに対する考え方や価値観が変わる良い体験になるかも?


『こどもの成長を考えた空間づくり』

開催日 2016年8月6日(土)、27日(土)
時期  14:00-15:00
場所  アクタス新宿店・2階HOWリノベーションルーム内
講師  小笠原 舞 氏(保育士/合同会社こどもみらい探求社合同代表/asobi基地代表)
参加費 無料(定員20名 先着順)

※セミナーへのお申し込みは電話でも可能です。下記番号までお問い合わせください。

03-3356-3261

14c0e01ff6101d7bc23586902cf9266fb3a41d37
Sponsored by ACTUS
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
部屋の中央に、むき出しのサイロが…。そうなんですこの家、古くなった工場をリノベーションしているんです。改装したのは、家主でスペインの建築家のRicardo...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
スピルリナとは、藍藻の一種。大豆より豊富なタンパク、およそ30種以上のミネラルなど、人間にとって必要な栄養素がぎっしり。スーパーフードとしても注目を集め、...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
この記事のテーマは「紅茶」です。でも、一般的な紹介とは違い、味には一切言及しません。だって、この「NOVELTEAS」は、飲みものとしてではなくむしろ、部...
使わなくなった学校を取り壊すのではなく、リノベーションして新たな使いみちを生み出す。カフェやギャラリー、アートスペースとして校舎を再利用する取り組みは、今...
気になったことを忘れないように書き留めておく。そんな本来の役割を全うするだけなら、何もこんなサイズである必要がない。だからこれは、インテリアとして飾るため...
もしかすると、テレビやスマホで翌日の天気をチェックする時代は、もう終わろうとしているのかもしれません。この長方形の箱の正体は、ビジュアルで天気を教えてくれ...
月明かりで生活できたなら…、そんなロマンチックな夢を実現したムーンライトがあります。このおぼろげな明かりをまずはその目で確かめて。夜空の月明かりをそのまま...
部屋の中からテレビの存在感が薄れてきてた。こう感じているのは私だけではないはずです。スマホ画面で4K動画が見られるこの時代。「薄さ」や「インチ数」へのこだ...
日本において約1,400年の歴史を持つ「瓦」は、単に風雨から建物を守るための手段ではなく、他では生み出せない独特の銀色が魅力。強さと美しさを兼ね備え...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
サウナと聞いたら、石や白木でできた密室をイメージしませんか?しかし、この「Saunagondel」は、どこにでも持ち運べて、外の景色を見ながら入浴できる「...
自転車を室内に持ち込むわけだから、結局のところインテリアとどれだけ調和できるかがすべて。だけど、スチールものやハンガータイプはさもありなんで、どうしても部...
大好きな部屋の大好きなベッドで、一日中まったり過ごしたい。…とは言っても、結局は読みたい本を取りに行ったり、音楽をかけてコーヒーを入れてさあ準備OK、と思...