考えてみよう。「わたし」にまつわる科学的な5つの疑問

「自分の体は自分のもの」「私は私」。

日々なんとなくそう思ってしまいますが、実は科学的に見ると「わたし」というのはとっても曖昧な概念なんだそうです。

公開から1週間で再生回数200万回を超えたこちらの動画は、「人間ってなんだろう?」と改めて考えさせられると、話題になっています。

「わたし」とは何なのか、科学的な5つの疑問を見てみましょう。これらの問いに、まだ答えはありません。あなたは、どう思いますか?

【疑問1】
移植した臓器は
誰のもの?

Medium 9e5abd5223fd287b0a64b0e028eb5037235469f9

あなたの体を形作っているのはひとつひとつの細胞です。それでは細胞が自分自身なのでしょうか?

Medium 6b27a1e285d82c91c390fc11988b8f0e4bc6ba33

ここで、臓器を移植したときのことを考えてみましょう。臓器は細胞でできています。病気で困っている人にあなたの臓器を移植したら、それは「他の人の体の中であなたが生きている」ということになるのでしょうか?

【疑問2】
細胞が全て入れかわっても
あなたはあなた?

Medium ff0135a60666a6f8d921ca8c9cfcb5c46945ba30

こんな思考実験をしてみましょう。誰かと細胞をひとつずつ交換していくとしたら、どの段階であなたはあなたでなくなるのでしょうか。全ての細胞を交換し終わったとき、一体どっちがあなたになるのでしょう。

Medium a9350d5c20b31115d76ab8ac06c2a265b4fe9206

人間の体の中では、たったの2分で、2億5000万の細胞が死ぬと言われています。7年経つと、身体中の細胞は全て入れ替わってしまいます。それでも、あなたはあなたなのでしょうか?

【疑問3】
1951年に死んだ
ヘンリエッタは
今も生きている?

Medium 3e463ef317a1c97e48102d9d82a96ac20db8a7aa

1951年に、ヘンリエッタ・ラックスというひとりの女性ががんで亡くなりました。しかしヘンリエッタの体から採取された細胞はその後も生き続け、増殖し続けたのです。

Medium 60cb9f9785c64137311ffc430944b744064b2aba

この細胞は「HeLa(ヒーラ)細胞」と呼ばれ、世界中の研究者によって培養され、ポリオワクチンの開発を含む、さまざまな医療的発見に貢献し続けています。その量は、累計でおよそ20トンにも及ぶそうです。

Medium b880ad9236a8fcd64605d0b2eba914f620e0b44e

果たしてヘンリエッタは死んでいるのでしょうか、それとも生きているというべきなのでしょうか?

【疑問4】
DNAが同じなら
あなただと言える?

生化学に詳しい人なら、「細胞の中に含まれるDNAに保存されている遺伝情報こそ、自分と他の人を隔てる証」だと考えるかもしれません。

Medium 6b3df45076e38e6592aa881b7ebd2456ffa00133

しかし実は、たとえ同じ人の細胞でもDNAは微妙に異なっているのです。突然変異や環境の影響で、DNAは変化し続けています。特に脳を形作る神経細胞は、およそ1,000もの変異があるということが、最新の研究で明らかになっています。

Medium a6e4b6ccd5acc37c14a6997e8ad3adcb893a2f0c

果たしてDNAは、どれくらい「あなたそのもの」だと言えるのでしょう。

【疑問5】
あなたが生まれたのは
一体いつ?

Medium 47a7bc88bad287360b478d24dab0160fbd84d421

あなたとそれ以外を分ける境界は、はっきりとしたものではありません。常に周りの物質とやり取りし続け、変化しています。

ひょっとしたらあなたは、偶然に現れた模様や美しい風景と同じように、今この一瞬だけの存在なのかもしれません。

Medium 836bedee47c382cf842d7a5c201f4b313c70f1be

仮にそうだとしたら、あなたが生まれたのは一体いつなのでしょう。

精子と卵子が出会ったとき?

人類が誕生したとき?

最初の生命が生まれたとき?

それとも…宇宙がはじまったとき?

Licensed material used with permission by Kurzgesagt
遺伝子組み換えの話題になれば、その対象が食であろうと生物であろうと、様々な議論を呼び起こします。そのなかでも注目されているのが「CRISPR-Cas9」と...
いま、ガン治療の特効薬になる可能性を秘め、世界が注目している遺伝子がある。この遺伝子を最も多く持つのがゾウ。人間も含む動物のなかでも、「ゾウだけはほとんど...
「時計遺伝子」って、聞いたことある?あんまり聞き慣れないよね。その名前から想像する通り、生物の体内には時間を管理する遺伝子が存在するらしい。いわゆる体内時...
2015年6月、ロンドンのデザインミュージアムが「デザイン・オブ・ザ・イヤー」に選出したのは、医療用デバイスであるマイクロチップ型の「人工臓器」だった。ハ...
芸術家肌かどうかは、遺伝子でわかる?そんな調査結果が科学誌「ネイチャー」に発表されました。特定の遺伝子パターンを持っているかどうかで、アーティストの創造性...
加齢と慢性疾患の関連性などを研究しているBuck Institute for Research on Agingがワシントン大学との共同研究でとんでもない...
実は人が浮気をするのは、その人の性格…だけではなく、体内から分泌されるホルモンや遺伝子の問題でもあるのだとか。カナダのYouTubeチャネル「Asap S...
もしも、せっかく企画した誕生パーティに誰も来てくれなかったら、とても悲しい気持ちになるでしょう。ましてやそれが、5歳の女の子だったら?そんな女の子を、絶望...
初めて子どもの歯が抜けると、上の歯は軒下に、下の歯は屋根に放り投げる。こんな風習があったのも今は昔。最近では、「へその緒」のように乳歯用のケースまで存在し...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
毎日決まった仕事をこなしていると、慣れてしまうせいか、当初のワクワクを忘れてしまいがちです。やりがいを感じないまま仕事をしていると、「果たしてこのまま続け...
体を張ったチャレンジから、おバカなものまで、世界の実験動画の多くには様々なメッセージが隠されています。(中には、とくに深い意味なんてないものも…)。ここで...
YouTubeでは、変わった挑戦をしている動画が爆発的な再生回数を記録することがありますが、今話題なのがこちら。まずは見てみましょう。1,500ガロン(約...
数世代前の人々にとって、現代の暮らしは夢のようなもの。そんなことを感じさせてくれるのが、人類史を簡単にまとめた動画『What Happened Befor...
この動画は、心臓移植手術を受けたトレバー・サリバンくん(15歳)が、術後にその心境を語ったもの。目が覚めた後の感極まった様子を父親のフィリップさんが映像に...
喘息(ぜんそく)が完治できるかもしれない。「サウサンプトン大学」の最新の研究調査で喘息の根本的な原因とみられる遺伝子が発見されたからだ。これまでの吸入ステ...
2016年2月12日、人間の細胞をもとにつくられた小型の脳が開発されたと発表されました。人間の細胞から作られてるため、より正確な化学実験が行えるというのが...
5月6日、科学誌「Oncotarget」に掲載されたレポートによれば、バークレー大学やスタンフォード大学、ニューサウスウェールズ大学の研究者たちが、今後の...
「家族」──という意味を、もう一度考え直してみたくなる。父と娘、祖母と孫、兄弟姉妹、なかには写っているのが2人の人物とは信じられないものも。受け継いだ遺伝...
自分のことしか考えない人というのが社会には確かに存在しています。不思議なほど自己中心的に考える人がいますが、そのような人の思考は一体どうなっているのでしょ...