肩こりが和らぐ「セルフお灸」を自宅で始めてみませんか?

デスクワークや日常生活からくる、つらい肩こり。マッサージに行きたくても「時間がない」という人は多いはず。もっと手軽に、しかもお金をかけずに解消できたら…。そんなお悩みを、ドラッグストアで買えるお灸が解決してくれるんです。

自宅でお灸をするのは心配、という人のために、鍼灸師監修のもと、初心者でも簡単にできる「お灸のポイント」を紹介しましょう。

初心者は
「台座タイプ」を

84e8fa058a2344dcc31355a4164422948a23e2cd

お灸は、温熱がツボを刺激して血行を良くすることで、自然治癒力を高めてくれます。また、原料のもぐさ(乾燥したよもぎ)は抗酸化作用があり、お灸の熱によって皮膚に浸透するため、免疫の向上も期待できます。

従来のもぐさ100%のものだと取り扱いが難しく、火傷の跡が残ることもあるので、初心者には「台座タイプ」をオススメします。小さな台の上に「もぐさ」が乗せてあるので安定感があり、とても使いやすいんです。また、台座は熱をコントロールする役目もあります。

お灸の使い方って?

用意するのはペン、ライター、市販のお灸、水を入れた容器。

ペンでツボに印をつけてから、台座についているシールをはがし、利き手ではないほうの人差し指の先端にのせてライターで火をつけてから、ツボに据えます。しばらくの間、お灸からじんわりとした温かさを感じましょう。熱いと感じたら、すぐに取り除いて、水を入れた容器に入れてください。

※セルフお灸にまだ慣れていないときに、火をつけてからツボを探すと慌ててしまうため、ペンで印をつけてからお灸をのせましょう。
※初心者の人は1日1回を目安にセルフお灸をしましょう。1回あたり3箇所からはじめて、徐々に増やし、最大10箇所程度まで増やしてOK。灸あたりする(気分が悪くなるなど)ことがあるため、気分が悪くなった場合は2〜3日間あけてからまたセルフお灸をしましょう。

使い方はたったこれだけ。意外と簡単なんです。

肩こりに効く
「5つ」のツボ

01.曲池(きょくち)

肘を曲げるとしわができますよね。そのしわの一番はじにあります。

Ab0d2780168ec68c1c673956a153700615d574b2

02.手三里(てさんり)

上で紹介した「曲池」から親指に向けた線上の、指3本分あたりにあります。

D3891b4a56774feceb1fd41cd33828ad08de0f9f

03.肩井(けんせい)

乳頭から肩まで、まっすぐ上に引いた線上。もしくは、右手で左肩を押さえたとき、中指が自然に当たるところにあります(右肩の場合は左手で押さえたとき)。

D0ec49e4a226a07f39fbb37b0b3f67889da12374

04.肩ぐう(けんぐう)

765bec9b76c4afb9ea5e04a005355bdf135cf756

肩の先端で、「肩井」よりも外側。腕を水平にあげると自然にできる肩のくぼみの真ん中あたりです。

05.合谷(ごうこく)

手の親指と人差し指の間の奥で、骨の手前。やや人差し指方向です。

Aab4d003efb79bc3a5c148fef7dd0fabd63e3534

もしツボの場所がずれてしまっても副作用はありません。必要でない部分に据えた場合、すぐに「熱い」と感じるので取り除いてしまえばOK。また、ピリピリしたり、皮膚が引きつれる感じがするときは、すぐに外してください。試しながら自分の気持ちいいポイントを見つけましょう。

ただし、この7つに注意!

・肩井や肩ぐうなど自分から見えづらいツボは、火を使わないタイプで。

・使い終わったお灸は、しっかり水に濡らして火を完全に消す。

・妊娠中は専門家に相談する。

・入浴前後は避ける。

・飲酒後は避ける。

・発熱時は避ける。

・高血圧の人は控える。

火を使わない貼るだけのタイプは、煙も出ないので仕事中にも使えます。肩こりがつらくなる前にぺたっと貼ってみるのもいいかもしれませんね。

一見ハードルの高そうなお灸ですが、注意すべきところさえ気をつければ、意外と簡単にできるのは驚きですよね。じんわり体が温まるので、リラックスしたいときにも効果的ですよ。最近は匂いによるリラックス効果も期待できるアロマ灸も出ているので、用途に合わせて選んでくださいね。

Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
気温もグンと下がることもあり、これからの季節に多い悩みのひとつが「肩こり」です。1年通して症状がありそうなイメージですが、とくに冬は寒さの影響で、筋肉が凝...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
デスクワークやスマホ操作の代償…「肩こり」。ガチガチに凝りすぎて頭まで痛くなってきたり、もはや凝っていない状態を思い出せなかったり。程度に差はあれど、悩ん...
足つぼマッサージ、リフレクソロジー、フットケア。健康を左右するカギは足裏にある、というのは定説。ライターPhil Mutz氏が医療情報サイト「WebMD」...
2016年4月1日に開設から20周年目を迎えたYahoo! JAPAN。お祝いムードはすでにウェブで、リアルで、あれこれ目にしてきたはず。そして、今日6月...
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
日本における乳がんの罹患率は、年々増加傾向にあります。この病にかかる可能性は、実に、16人に1人と言われているほど。もはや、決して他人事とはいえない疾患な...
突然ですが、肩こりや頭痛に悩まされていませんか?もしかしたらその原因は、スマホを見る姿勢かもしれないという記事が「Spirit Science」に掲載され...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
まるでSF映画から飛び出してきたかのような、不思議な見た目の道具。これ、一体何かというと…。なんだそう。「iTENS」と呼ばれるこのバンデージ(絆創膏のよ...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
自覚がないからこそ実は深刻な『彼氏依存症』。では、一体自分はどの程度の依存度レベルなのか。それがセルフチェックできる10の診断項目を設定し、あてはまる項目...
生活­習慣を見直し、根本的な「美」の改善を狙う“結果重視”のアロマサロン「Organic Aroma Gift」。今回は同サロンの公式HPで公開されている...
ビジネスを成功させるには、自分をプロデュースする能力だって必要。人との接し方、振る舞い方、ブログやSNSの見せ方など、毎日の生活でできるセルフプロデュース...
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...
新茶のおいしい季節ですね。4月中旬から5月中旬に摘み取られたお茶は「一番茶」とも呼ばれ、味や香りがよく、栄養価が高いという特徴があります。お茶はガン予防、...
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...
味はもちろんのこと、料理をする際は健康効果も意識したいところです。ここでは春野菜との「食べ合わせ」だけで、健康効果の向上が期待できる組み合わせを紹介しまし...