「退屈な時間」が子どもにもたらすメリット

時間ができたらタメになることをしよう。と、スケジュール帳とにらめっこしている人は多いかもしれません。でも、“暇してみる”のも良い選択肢。

たとえば、夏休み。いろいろなことを子どもに経験させたいという思いもあるでしょう。けれど、退屈をしっかりと経験させたほうがいいという意見があります。大人が注意したいこともたくさん。

退屈しなければ、
学べないことがある。

B73c7db5f7d1d801edce7055db966dac9927bfad

The Family Strengthening Network」は、イギリスの児童心理学者、Lyn Fryのコメントを紹介。

「両親としての役割は、子どもが社会に出る準備をさせることです。大人になるということは、自分自身で居場所をつくり、やるべきことを見つけられること。もし、親が子どもたちの余暇を埋めてしまったら、彼らはそれを学べません」。

たとえば詰め込み型の学習は、何かを考えるための材料として一定量の知識を蓄えるメリットがありますが、考える時間が足りなくなるとも言われています。

いろいろな体験をしたい。ちょっとしたスキマ時間にも実用的な経験を。と思うのは当然ですが、一過性の知識になってしまいがちというのは一理ありそう。やらされてる感が出てしまえば尚更。

やるべきことがないからこそ、
自発的な行動を促せる。

D3552a5e2bfe3477df0334ba7e8377c5bc359613

BBC」のインタビューで、テレビやビデオが児童にどう影響しているのかを研究しているDr.Teresa Beltoは、こう言いました。

「退屈は内面を刺激します。誰かに話しかけたり、ケーキづくりに挑戦したり、行動を促すものです」。

いまは、いつでもスマホなどで暇つぶしができてしまう時代。それに対して、行動に移すきっかけがめっきり減ってしまっていると「Quotes」。哲学者のBertrand Russellが1930年に書いた著書『The Conquest of Happiness』の一節を紹介しています。

“植物と同じで、子どもたちがよく発達するのは若い時だ。同じ土の上で、出来る限り邪魔しないこと。若いうちに、旅行させすぎたり、いろいろなことに触れさせてはいけない。自分の力で退屈を打ち破れないまま、成長してしまうだろう”。

創造力・行動力
どちらもUPする?

1817dbc7c257d4e11c744a32964d28530fea7fb5

これまでいくつもの調査で、その価値が議論されてきましたが、「Fast Company」には研究者のこんな説明が。

「“のりもの”と聞いた時、きっと最初に思い浮かぶのは車でしょう。でも、もし退屈なら、もっと多様な答えが思い浮かぶんです。ラクダとかね。

しなければいけないことがない状態は、幸せや興奮と同じような感覚になります。だから、その結果として現れた行動には、より意味や面白みが感じられるんです。いまの状況に対して、何かが足りないと思っているからこそ、探さなければという冒険心を掻き立てるのです」。

どうしていいのかわからなくなくほど思いっきり退屈を感じることもあります。だけど、それが必ずしも悪いことというわけではなさそうです。むしろ、新しい発想へと繋がるチャンスとも捉えられますよね。自分にとっても、誰かにとっても。

ひょっとして、彼は私に気がある?それともただの友達と思っている?好きな人だからこそ、彼の一挙一動にドキドキしてしまいがち……。そんなあなたにこそ役に立つ!...
健康にも美容にも、仕事効率にだって大事だと言われる「睡眠」。では実際、どのくらい寝るのがベストなのだろうか?そんなかねてからの疑問をスッキリさせてくれるよ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
テレビや映画、SNSにゲーム。アメリカのティーンエイジャー(8歳〜18歳)たちが、このような“メディア”に費やす時間が長すぎるのでは?と問題視されています...
昔、私はとある大学で心理学の教授を務めていました。私は自分の教えるテーマ、心理学が大好きだったので、皆がこの授業に夢中になるはずだと思っていました。しかし...
大人になってからいざ勉強を始めてみると、学生時代に比べて自分の記憶力が落ちていることに愕然とすることがあります。資格試験の勉強などで苦しんだ記憶がある人も...
「女心は秋の空」とは変わりやすい秋の空模様のように、女性の気持ちは移り気ということを上手に表現したことわざですが、その言葉通り、意中の女性の気持ちが全くわ...
あなたはプレゼンを終えた時、大成功だったと思うことが多いですか?それとも「違うことをやればよかった、言えばよかった」と後悔することが多いですか?後者の場合...
世の中を動かすのは、いつだって個性的な変人たちだ。他人の意見に耳を傾けてばかりで、その度に自分の体幹が崩れるようでは、真の「自分らしさ」なんて出せっこない...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
近ごろは休憩時間やシエスタ(お昼寝)が大切だよね、という話はかなり一般的になってきました。そして、それは子どもたちにとっても同じなのかも。ここでは、国際学...
女子力が高い人は男性からだけでなく、女性からも人気がありますよね。羨ましい限り…。ここでは、そんな女子力の高さに隠されたヒミツを探ってみましょう。たとえば...
理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳は強くなる』では、走ることで脳機能のパフォーマンスがアップし、たくさんのメリットが生まれると紹介されています。でも...
あなたの身近にも、心配性で考えすぎの人はいますよね?こちらがどれだけポジティブな言葉をかけても、まったく効果なし。時には、イライラしてしまうこともあるでし...
「人間は考える葦である」と書いたのは、17世紀のフランスの思想家パスカルだった。要するに、人間は葦のようにか弱いが、思考する能力をもつ偉大な存在だというこ...
今現在、「復縁したい!」と強く願っている女性も多くいるでしょう。しかし元カレとよりを戻したいと思ってしまうのには、このような復縁したいという心理が作用して...
イラストレーターのRobin Eisenbergが描くのは、サイケデリックな女性たちの日常。現実にはあり得ないシーンなんだけど、こんな生き方ができたら退屈...
「子連れで楽しめる」を特徴として押し出す宿泊施設がある一方、「子ども禁制」をウリにするところも世の中にはありまして。もちろん、差別だなんだという話でないこ...
プレゼンの成功とは何でしょうか。その1つには、聴衆の記憶に残ることが挙げられます。たとえおもしろいプレゼンをしても、プレゼン内容が聴衆に覚えてもらえなかっ...
勉強や仕事中、音楽を聴きながらの方が集中できる、という人がいます。半ば自己暗示でしょ?と思うかも。ですが、「Mic」の記事によれば、どうやら音楽が脳に与え...