世界的に有名なポップソングのほとんどを、1人の男が作曲している

テイラー・スウィフト、ケイティ・ペリー、ジャスティン・ビーバー、バックストリート・ボーイズ、ボン・ジョヴィ…。

誰もが一度はその楽曲を聞いたことのある有名アーティストですが、そのNO.1ヒット曲がすべてある一人の外部作曲家によって書かれていたことは、あまり知られていません。そして、その秘密は音楽輸出大国であるスウェーデンにあった!?

動画では、これまでにビルボードでNo.1の座に輝いているミュージシャンを、上から3人挙げています。

1位/ポール・マッカートニー(32回)
2位/ジョン・レノン(26回)

そして第3位は、マックス・マーティン(19回)。彼は、第57回グラミー賞で年間最優秀プロデューサーに選出された作曲家です。

マックス・マーティンって
一体何者?

0c196412e36e0bfc964957a3eca0735617d361ef

手がけた楽曲にビックリ!

下記アーティストの楽曲。見覚えがありませんか?

テイラー・スウィフト『We Are Never Ever Getting Back Together』
ケイティ・ペリー『I Kissed gI Kissed A Girl』
ジャスティン・ビーバー『Beauty And A Beat』
クリスティーナ・アギレラ『Your Body』
アッシャー『DJ Got Us Fallin' In Love』
セリーヌ・ディオン『That's The Way It Is』
ボン・ジョヴィ『It's My Life』
バックストリート・ボーイズ『I Want It That Way』
イン・シンク『It's Gonna Be Me』
マルーン5『One More Night』
ブリトニー・スピアーズ『...Baby One More Time』

どれもMVを再生したり、メロディを聞けば、「ああこれね」と言えるものばかり。

しかも、アーティストはそれぞれ何度も彼に作曲を依頼しており、幾度となく全米No.1に輝いているのです。それによって彼が得た版権料は合計300億円に及ぶとも。

スウェーデンの秘密
ヒット曲を生み出す仕組み

25d77894a7e95a94c4ba071de44b082c44b088a9

マックス・マーティンはスウェーデンの作曲家。同国は音楽輸出大国と言われており、彼以外にも著名な作曲家が数多く存在しています。

リアーナ、コールドプレイ、レディー・ガガ、ニーヨ、イギー・アゼリア、ジェニファー・ロペス、エイコン、ニッキー・ミナージュ。

そうそうたるアーティスト達が、スウェーデンから楽曲を購入しています。しかし、同国の人口はたった900万人ほど。にも関わらず、アメリカ・イギリスに次ぐ版権料の稼ぎ手という実力。じつはこれ、「トラックアンドフック」という産業構造に秘密があったのだとか。

「トラックアンドフック」とは

一言でいうと、楽曲の制作をパート分けして自由に組み合わせられる構造。

従来の音楽制作では、メロディ・歌詞・構成・アレンジなどを一貫してつくるのが主流。しかし、トラックアンドフックではその作業を分担。

・トラックメイク(コード進行とリズムをつくる)

・フックライティング(キャッチーなメロディをつくる)

・編曲する(トラックとフックを自由に組み合わせる)

この3つの作業を複数の人数で行っているというわけ。その割合は、ビルボードランキングのトップ100のうち、およそ5割が4人以上の共同作曲からなっているほどだそう。そこにはレディー・ガガの『Poker Face』も。

これに関してビルボード誌は、2015年10月の記事で「一人で楽曲制作するなんて、時代錯誤だ」と書いています。実際同年10月24日のビルボードランキングトップ100のうち、個人の作曲家によってつくられた楽曲はたったの2曲。

この流れは2014年頃から顕著で、功績をシェアすることに対して謙虚で寛容なスウェーデンらしいカルチャーだとも。

ベースを作り、パターンを出して組み合わせる分担作業ーー。いかにも効率的なつくりかたと言えるかもしれませんね。

Reference:Billboard
Licensed material used with permission by Spotwright
クリスマス・ソングをヤギが歌うーーなんじゃそりゃ!と言わずに聞いてみてください。話題になっているかどうかはおいておいて、その衝撃はホンモノ。いやいや、それ...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
本来ならば、はた迷惑極まりない話です。だって、白昼赤の他人の家の前で、突然トランペットを吹き出すんですから。トランペット奏者のBryce Hayashiく...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
自宅のCDラックから音楽的ルーツやその人となりを探る連載企画「GOOD RACK!」。今回はロックバンド、Wienners(ウィーナーズ)のボーカルにして...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
すべての音楽をジャンルに当てはめることは難しいでしょう。けれど、少なくとも1371個は存在しているようです。このwebサイトをちょっと見てみて!ジャンル名...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
ついに、こんなものまで…。お洒落なキャットハウスや猫のためのワインなど、猫のための贅沢アイテムが次々と出てきますが、今回はなんと「猫のための音楽」が完成し...
クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
アメリカなら、Bruce Springsteen『Born in the U.S.A.』。ニューヨークなら、Frank Sinatra『New York,...
2000年代半ばから徐々に注目され、2014年前後に人気が急上昇しはじめた「トロピカルハウス」。今年は日本にも本格的なブームが到来。とはいえ、なにそれ?と...
30代、40代なら『Give me a Shake』や『 Never gonna stop it』、20代なら『Tacata'』で知ったという人も多いかも...
2013年に公開されたこの動画に覚えがある人は多いかも。“独りオーケストラ”や、“多重録音の天才”と呼ばれた青年「Jacob Collier」。つい先日、...
COP21。地球環境の行く末を世界のリーダーたちが、一同に介して議論していた同じ時、パリを象徴するモニュメントから、世界へ向けて発信されたもうひとつのプロ...
ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、そ...
経営者なら誰しもが「社員には意欲的に、誠実に、そして何より一生懸命働いてほしい」と願っているものですが、やみくもに働きなさい!と言うだけでは、当然社員たち...
3日間で9万人の動員を記録し話題になったEDMフェス「ULTRA JAPAN」にも出演していた超大物DJ「アーミン・ヴァン・ブーレン」のインタビューが「N...
2012年にその年最もバイラルした動画のひとつとしてCBS Newsで取り上げられたこのYouTube動画には、両腕を持たずに生まれたミュージシャン「Ge...
全身の筋力低下と筋萎縮が徐々に進行する、脊髄性筋萎縮症。これから紹介するのは、そんな難病と闘う男の子が、目線によるピアノ演奏にチャレンジしたコンサートの模...