Origamiに魅せられた男の「折り鶴」が、独創的すぎると話題に!

いまや世界各地で注目されるクラフトのひとつとなった「Origami」。ユニークな作風で芸術性の高い作品を折るアーティストは大勢います。そして、ここにも「折り鶴」に魅せられた、真の“Origamist(オリガミスト)”がひとり。その表現力の豊かさ、独創性、もはや我々の予想をはるかに超越しちゃってます!

ひとつとして同じものはなし!
折り鶴を365日、折り続けた男

732e708d6a960958bf1c422fdd23120522638508

Cristian Marianciucさんは、数ある折り方のなかでも特に「鶴」の美しさにハマってしまったそう。そして、2015年1月1日から毎日オリジナルの折り鶴を365日間折り続けるというテーマを自分に課し、プロジェクトを完遂しました。

ところが…300羽を折ったころに、日本の「千羽鶴」の情報を耳にしたというCristianさん。目標を1,000羽に上げて、新たなスタートを切りました。

外国人が折り鶴を折る。これだけでは、何も大した話題ではありません。ところが、彼の折る「鶴」はもはや、私たちが見慣れてきた“それ”ではありません。あまりの独創性に、途中から付いていけなくなるかも!?とにかく、必見です。

「折り鶴」その可能性は
無限大だった…

Bc1dd3aa73329963fa9a51face21b358aceeb4a01baa017ffa8f224097490642d29aae9ca654e60f383ca8a864d2ce689f59c66a80e180f06b70ed9cAf35f3c7222c1788232efeec0fae640300ba0945E2e4b68472d94e833d40549bd559557a80913a84F40296061aacd9e3d8952a7203936721bba28e4aB5b316fe07ea61b1658f092af0ab3111ed7207c47d505f6833f4539d1d6406459a16f00d6f931845276a0febde3eb63c816bf1bf9c9664ba5eb816a997db5ef71f05f11ce24b333210797a6fbb0f56387f35d0a16516e19478f2cfa3163bba5a77c65c6bD5f042f16b83e8962c05133fcf1e697c8e30a8c8Ec09ea9fdb57513b75d4a0933e33698cc5e15acb6b15eb5a130354017635c9c9629e1b92a3547985Dbe8147115d773b365effd59f66cfa11d41cca48E2cfee9a76eabe673eb8f4ab538edfab6fe5c7af73dcca7eef239bae01d720f950785e6c3eb7da195ca686f3d1bf53b5940bf9cd097bd2d0eddb4d5565758c0bc3599ee9a80ce2c196c6e111d1c3da05265ad9f30ea3186c43938fa7f6fba35306cc026911a55a2af4ee226e96dee9232ce64163663cd72f39d43b309e58c026eb75a9d4b19796fdba0880fcB19b46429fe765ba907063c93cb0fbaef5538e894b8b5dc7a1c1a07da86bb2dc950d54ba1236624828a1de34e0247b2f5b68eb596d6f7be891339fb07bbe3aa7175025eca14e79bd1a51904b3aac732565c345a996b7179b3dfb984aae9acb7243ad5408897e015730eebe4793e9b07562f2d2b92dc6e481F0caeaa0d5b97dc378a4f67a8070230a232370bb

Cristianさんがどこへ向かおうとしているのかーー。もはや、私たち凡人には分かり得ない領域に達してしまっているのではないでしょうか。でも、トンデモなく斬新だってことは伝わってきます!

Licensed material used with permission by Cristian Marianciuc, (Instagram)
独創的な折り紙を「365日、折り続ける」ことに情熱を燃やす、Cristian Marianciucさんを紹介したのは去年の早春のこと。目標に掲げた1,00...
いつの時代も、どこの国でも、男たちの「挑戦」には心揺さぶられるものがあります。たとえそれが、「やりすぎ」だとしても…。ここで紹介するのは、好きが高じて、も...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
世界的な日本文化の1つとしてある「Origami」。今回紹介するのは一般的な折り紙の常識の、一歩前へ踏み込んだアート作品!動物はもちろんブランドロゴや、現...
たくさんの本に囲まれて暮らしたい。そう願う人はとても多いことでしょう。一冊、一冊、大切に集めてきた、本のコレクション。どのように収納すれば、読書空間は、よ...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
むかし図鑑で見た結晶のカタチや、化学反応の不思議な色あい。彼女の造形や色彩をみたとき、真っ先に思い出したのはそれです。ドイツのガラス工芸家Heike Br...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
諸説あるものの、一般的に「折り紙」は日本の伝統文化のひとつ。求められる細やかな手先の動きが脳の発育にも役立つとされるなど、いまや世界中の人々を惹きつける遊...
ここで紹介するのは、米カリフォルニア州にあるワイナリー、キャサリンホールにある少し変わったシャンデリア。まるでブドウが垂れているようにも見えるこのシャンデ...
ユニークで個性豊かな人を見ると、自分もあんなふうになってみたいなと思うことがあると思います。個性的な人といっても、いったいどんな特徴を持っている人が個性的...
「マリンスノウ」をモチーフにした、体験型イベント『SNOW AQUARIUM BY NAKED』が開催中の「エプソン アクアパーク品川」。海の中に、神秘的...
「宇宙に一番近い島で、未来に一番近い芸術祭を」。そんな謳い文句を聞かされたら、もう気にせずにはいられません。2017年夏、宇宙をテーマにした新しい芸術祭が...
「いい人」という表現は、ポジティブな文脈で使われることが多いですよね。もちろん、「いい男」もしかりです。でも、両者の行動の裏側には驚きの違いがある。そんな...
淡いブルーで描かれた美しい抽象画…と思いきや、実はこれ上空から塩田を捉えた風景写真。撮影したのは、スコットランドの風景写真家Simon Butterwor...
「部族の暮らし」のなかにある、独特な芸術の世界へ招待しよう。身に付けるもの、肌に描くもの、纏うもの、その文化や思想は、私たちのものとはかけ離れているように...
ダジャレでアート、DAJAART。それは、言葉でしかなかったダジャレをアートとして再現したもの。誰も見たことがなかった新しい世界感はクセになること必至です...
東京ビッグサイトに次々と集まる、スーツ姿の医学生たち。そこで行われるのは、岡山県にある倉敷中央病院による、世界でも類を見ない過酷な「実技トライアウト」だっ...
よく話題に上がる、外向的な性格と内向的な性格の比較。いろいろな説やコラムがありますが、一体どちらがイイのでしょう。また、性格は成長過程や、生活していく上で...