「やりすぎ」がカッコイイ!ロマンすら感じる5人の男たち【まとめ】

いつの時代も、どこの国でも、男たちの「挑戦」には心揺さぶられるものがあります。たとえそれが、「やりすぎ」だとしても…。

ここで紹介するのは、好きが高じて、もはや趣味の域を大きく超えてしまった男たち。ここまでくると「カッコよさ」すら漂ってくるから不思議なものです。

01.
「折り紙」に魅せられた
独創的すぎる男

Medium 7973689bf290c4c38b6d96f32b0e2f1a03be9413

世界各地で注目を集める「折り紙(Origami)」ですが、Cristian Marianciucさんが特に魅了されたのが「つる」でした。なんと彼は、2015年1月1日から折り鶴を365日間折り続けるというテーマを自分に課し、そのプロジェクトを完遂。

ときには自分すらも作品の一部にしてしまうその独創性は、一見の価値あり。

→詳しい記事はこちらから。

02.
友達が欲しくて「編みもの」に
ハマった男

Medium 1786b30827889cc2a85a7158e855153441ff0dee

オーストラリア人のPhil  Fergusonさんが編み物を始めたきっかけは「Instagramを通して、友達をつくりたかったから」だとか。

結果はどうだったかというと、なんとフォロワー14万5,000人を誇る人気インスタグラマーに!アニメキャラクターの「かぶりもの」を見てこのスタイルを思いついた、とのことですが、なんとも言えない表情がやみつきになります。

→詳しい記事はこちらから。

03.
セレブとの「ツーショット」に
情熱を燃やす男

Medium c97ec4012bc02d44063e8faa173434ec5481309e

彼の名前は、Dino。セレブたちと大の仲良し…ってわけではなく、合成写真をつくっているだけなのに、その絶妙な「ハマりっぷり」が話題になっています。

あなたの大好きなあの有名人も、もしかしたらDinoと共演しているかもしれませんよ。

→詳しい記事はこちらから。

04.
「光る泥だんご」を
追求するストイックな男

Medium b6c91c1263796ce9c8d64a76b5df211e66b890d9

アメリカ・ニューメキシコ州に住むBruce Gardnerさんは、「泥だんご」の魅力に取り憑かれてしまった一人の男性。日々研究と実験を重ねているそうです。

そのルーツは日本にあるとも言われる、究極の「泥だんご」。まるで宝石のように光る様子は、圧巻ですよ。

→詳しい記事はこちらから。

05.
約5,600リットルの
「コーラ」でプールを作った男

Medium 99279a6ad074f106096d183832a20918163bad59

「お菓子の家」とまではいきませんが、「コーラのプール」を作ってしまったこの少年。その量なんと、5,678リットル。さぞかしベタベタするのかと思いきや、意外とサラサラだよ、とのこと。おバカすぎる挑戦は、ぜひ動画でもご覧あれ。

→詳しい記事はこちらから。

福島県南会津郡に位置する大内宿は、かつて会津若松と日光・今市を結ぶ南山通りの宿駅のひとつとして栄えた宿場町。国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定される...
彼氏にいつのまにか浮気されていた、真剣に付き合っていたつもりだったのに、相手は体が目当てだった…。こんな辛い恋の経験がある人は、次は絶対「一途な男」を見つ...
恋愛には、いくつもの地雷があります。良かれと思ってやったことが裏目に出たり、ほんのジョークのつもりで言った言葉が取り返しのつかない事態を巻き起こしたり。で...
どうしても達成したい目標があるのに、目の前のタスクに追われ「なかなか手が回らない」と感じることはありませんか?そんな停滞期にエンジンをかけてくれる、ウォー...
「あなたは、まわりの人から信頼されていますか?」そう言われてドキッとする人もいるでしょう。誰だって人から信頼されたいと思っているものですが、信頼とはそう簡...
ここ最近、けだるそうで死んだ目をもつ「死んだ目」をした男子が人気です。次から次に新しい「○○系男子」が出現しますが、「死んだ目男子」とは、とても褒め言葉と...
◯◯系男子にも色々ありますが、絶食系男子という言葉を知っていますか?恋愛に積極的なのは肉食系男子、女性になかなかアプローチしてこないのが草食系男子ですが、...
経験不足や自信のなさなど、悩みがあると、自分のやりたいことが分らなくなる。そんな経験ありませんか?ここでは、そんなときに試しておきたい"やりたいことを見つ...
一般的に奥手なイメージがある理系男子の恋愛傾向について、まとめました。意中の男性が、恋愛に対して消極的なタイプという人は、ぜひ参考に!1.討論のできる女性...
近年では「文系男子」「理系男子」それぞれへの恋愛攻略法をまとめた書籍が多くでています。それだけ、文系か理系かで恋愛傾向が違っているからでしょう。今回は文系...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...
最近巷で「塩系男子」なる言葉を耳にします。昔から「しょうゆ顔」、「ソース顔」・・・などはよくいわれますが、「塩系男子」とは、どんな人を指すのでしょう?1....
独特な世界観を持った「サブカル系女子」という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、「サブカル系男子」はどうでしょうか。分からない人も多いのではないでしょ...
心に秘めている女性への想いを、自分の言葉ではっきりと伝えることがなかなかできない。そんな「奥手男子」ですが、口にしなくても、行動から脈ありのサインを見て取...
仕事が終わって、疲れた体を引きずって、辿り着いたは暗い部屋。一人暮らしはしてるけどただ寝るだけの部屋。「何の為に家賃を払っているのかわからない……」という...
ふと何かに悩んだとき、迷ったとき──。自分自身で考えて決断できるとベストですが、なかなか答えが出せず、選択を天に任せたいことがあるかもしれません。そこで、...
パーティや飲み会の場で話の中心にいる人を見たとき「自分もあんな風におもしろくなれたらなぁ」と思ったことがあるかもしれません。「The School of ...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
時間をムダ使いしているとわかっていても、無意識のうちに余計な行動をとってしまうってことありませんか?そんな、ムダをなくすためには、“遠回りな行動”について...
自分から女の子を誘わない、そもそも恋愛に興味がない、なんだか全体的に薄いというイメージがある草食系男子。そんな草食系男子の気になる本音とは?1.からかいは...