自分のやりたいことがわからない人がやるべき10のこと

経験不足や自信のなさなど、悩みがあると、自分のやりたいことが分らなくなる。そんな経験ありませんか?
ここでは、そんなときに試しておきたい"やりたいことを見つけるためのアドバイス"を10個紹介します。

1.好きなこと・得意なことをすべて紙に書き出す

イメージを紙に

誰でも好きなことや得意なことがあります。どんなことがあるのか、あるいは過去にあったのかを紙に書き出してみましょう。

次に、その道のプロフェッショナルとなるまで、どんなことが必要なのかを調べましょう。そうすれば、自然と自分に合ったものが何なのか見えてくるかもしれません。

2.「楽しい・幸せ」が何かを想像する

たとえば、スポーツが苦手でプレイは好きではないけど、見るのは好きである、また見ていると楽しい気持ちになる。など、好きという気持ちを細分化していくと様々なことがわかってきます。

3.もしも時間とお金が無限にあったら…何をしたいか考える

やりたいこと

本当はやりたくとも、時間やお金、年齢の制限を考えてしまい諦めている人も多いと思います。が、それはやりたいという気持ちとは関係ありません。まずは「自分にはできない」という思い込みを取り払ってから、次に何が必要なのかを考えるほうが建設的だとは思いませんか?

4.実現したい夢がないか再確認する

プロ野球選手にはなれなくても、スポーツを職業にして生計を立てることはできるかもしれません。現実の生活に追われて、新たに夢を持つことができていないだけかも。

もう一度夢は何なのか考えてみましょう。

5.長所・短所から何ができるか自己分析する

自己分析

短所は長所の裏返しであることも多いので、もう一度冷静に自己分析してみましょう。長所と考えられることから、それを仕事に生かすことができるかもしれません。

6.小さな夢でも良しとする

まだ実現していないけれど、大きな夢や理想がある人はたくさんいるんだと思います。しかし、大人になるにつれ色々な人生経験を積んで妥協したり、諦めてしまう人が多いのが現実です。

そういう時は、いきなり夢に向かって一直線に突き進まずに目の前の小さなことから実行してみましょう。そこから多様な方向にやりたいことが発展することが期待でき、新しい夢や理想ができるかもしれません。

7.できることを続ける

意志

目標を高く設定して実行してみても「できない」と判断して諦めてしまうことがあります。
フランスの小説家アンドレ・ジッドがこんな言葉を遺しています。

「平凡なことを毎日平凡な気持ちで実行することが非凡である」

何をするかより、できることを続けるのも大きな挑戦なのかもしれません。

8.大切にしたいものは何?

やりたいことが分からないときは、自分が大切にしていることを考えるいいかも。大切にしたいことが分かると、今、自分に必要なことが見えてきます。

例えば、家族と過ごす時間を大切にしたいと感じたら、時間に余裕を持つにはどういう生活が必要かと考えることになります。そこから、やるべきことが自然と見えてきます。

9.考えを巡らせる前に、簡単なことから行動してみよう

簡単なことから

自分が本当にやりたいことを模索するときに、深く考えてしまう人。まずは行動してみてください。

自分の頭のなかで考えを組み立てる時間は大切ですが、まずは一歩踏み出すことで新たに見えるものがあるかもしれません。

10. これしかない!は思い込みかも

やりたいことが分からない人は、「これしかない」と思えるものでないとどうせ中途半端で終わる…と根拠なく思い込んでいることも。

人生において、本当にやるべきことはそう多くない。世の中に情報が溢れすぎているから、やらなければならないことがたくさんあるような気がしているだけだ。本質とは...
何かとくべつ疲れることをしたわけでもないのに、なんだか毎日ヘトヘト。本当はいろいろ趣味にも精を出したいのに、たまの休日はそれどころではなく寝てばかり。そん...
どれだけ運が良かったとしても、努力の積み重ねがなくては夢は叶わないでしょう。では、一体どのような努力をすればいい?その答えが「mindbodygreen」...
「私の人生、うまくいっているはず…。でも何かが違うような気もする」。夢見がちな10代を終えて、現実が見えてくる20代だからこそ、もやもやした気持ちを抱える...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
選択肢の多い人生は、悩むことの多い人生であるとも言える。突き詰めるべきは本質のみ。自分がやるべきことは何なのか、そしてなぜそれをするべきなのか。本当にやる...
心と体を美しく保ち、仕事もやりたいことも全うしたい、と願うあなたへ美人で仕事もできる人がいる。 そんな人に出会った時、両方を実現するなんて「私とは違う特別...
成功は、ただ待っているだけではやってきません!何か行動を起こさなければいけないのは確か。ですが、ただ闇雲に動けばいいのかといえばそういうわけでもないのが難...
現代に生きる私たちは日々、大量の情報にさらされている。だからだろう、言語が身体的な感覚よりも優先されてしまっている。身体的な感覚というのは、体で感じた衝動...
人生、楽しめていますか?隣の芝は青く見えていませんか?たとえ、そう見えたとしても、そこにはその人なりの努力があるものです。 では、どう努力すればいいのでし...
コートニー・シーターは、ソーシャルメディア上の共有を快適にするツール「Buffer」のコンテンツ制作に携わっています。彼女が書いたのは、言葉選びの重要性と...
些細なミスやトラブルに、「そんなのつきもの」と納得して前に進める人と、いつまでも引きずってしまうタイプの人がいます。両者の違いは、自分に納得できるかどうか...
中国、春秋時代の学者で儒教の祖でもある孔子は、欧米でもとても知名度が高く、人気があります。その秘密は、真理を問う言葉の数々。処世術やリーダーシップにおいて...
「女性の社会進出」とは言っても、まだまだステレオタイプな意見も多いし、自分のやっていることに自信が持てなくなっちゃうときもあります。そんな社会の中でも、し...
スカイダイビングをする。バルセロナに一度は住んでみる。イルカと一緒に泳ぐ。こういった死ぬまでにしたいことを明確にすることで、人生が充実しはじめる。そう指摘...
2016年はみなさんにとって、どんな1年だったでしたか?不完全燃焼でしたか?充実していましたか?結果はどうにせよ、それぞれ素敵な瞬間もあった1年だったはず...
世の中を動かすのは、いつだって個性的な変人たちだ。他人の意見に耳を傾けてばかりで、その度に自分の体幹が崩れるようでは、真の「自分らしさ」なんて出せっこない...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jpvol.1では、「過去に戻るなんて、ナンセンス」と伺...
情熱的でエネルギッシュな人はひときわ輝いて見えるので、周りから憧れの存在となることも多いはず。「情熱」は人生に目標を与えるだけではなく、生活に実感が持てる...
長い人生、ずっと同じ自分じゃつまらない。どうせなら、毎日少しずつ内面を磨いて、より良い自分へと変身しませんか?「Inc.」のライター、Nicolas Co...