出土した5,000年前の給料明細、調べてみたら給料がビール!?

雇用者が毎月手にしている給料明細。マス目に従って数字が羅列しているだけの、あの四角四面の紙、その最古と呼べるものの画像が大英博物館から発表されました。落書きのようで全く読めないけど、なにやら「労働の後の一杯」と密接な関係が。

くさび形文字で記された
労働者ごとのビール報酬

出土場所は、現在のイラクに位置するメソポタミア文明の古代都市ウルク(Uruk)。大英博物館が所蔵する粘土板を写したものがこの写真です。細かなマス目にビシッと書かれている(描かれている)のは、「くさび形文字」だそう。

大英博物館学芸員Irving Finkel氏のコメントを掲載した「BBC」の記事によると、逆三角形の円錐に見えるのがどうやらビールの入ったかめを意味し、雇用者それぞれにどれだけビールを労働の対価として支給していたかを表しているのではないか。とのこと。くさび形を主に用いていたのは、紀元前3,000年ごろのシュメール人やバビロニア人。その一枚が土の中に埋もれ、ほとんど無傷で発見されたのはまさに奇跡、とIrving氏。

そのこと自体も驚きですが、5,000年も前(お金もまだない時代)に、奴隷という観点ではなく、すでに雇用関係が成立していたことにもびっくりさせられます。

仕事終わりのビールがうまい
には、理由があった!?

今の世ならありえない給料体系ですが、こうしたビールによる対価報酬がじつは珍しいことではない、と「Smithonian.com」で考古学者のPatrick McGovern博士が指摘します。曰く、古代エジプトでもピラミッド建造に携わった労働者たちは、対価としてい1日に約4〜5リットルのビールが支払われていたんだそう。かなりの量ですが、当時のビールはデンプンが多く含まれたもので栄養価も高いものだったとか。

もちろん、お金が誕生する前の話だけど、仕事終わりに飲む1杯のビールのおいしさって、まさかこういうところから来てたりして。

勤めている会社の駐車場にトラックを停め、その中で生活をする。そんな少し変わった23歳のGoogle社員が、世界中で話題になっています。120万円で購入した...
世界的なクラフトビールブームの火付け役と言われているアメリカで、その歴史をアーカイブするための人員が募集されています。求人を出したのは、同国を代表する研究...
文化にとって、嗜好品はとりわけ大事なもの。なかでもビールは世界中でもっとも親しまれている嗜好品のひとつ。楽しくビールを飲んでいるときに、思ってもいないアイ...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...
2016年3月1日から始まった、フロリダ企業「World of Beer(WOB)」社による夏季限定インターン募集が注目されています。大まかな業務内容は、...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
1日の仕事が終わって、待ちに待った家での晩酌。家で飲むビールって最高の息抜きです。とはいえ、缶からグラスへとただただ注いでいませんか?そう、缶ビールのおい...
男性の人たちに、こっそりとご紹介したい記事があります。それは、ビールを飲むことで夜の営みが何倍も楽しくなるというもの。ライターのChristine Sch...
海外旅行に行ったなら、その国の言葉で「こんにちは」「ありがとう」「ビールください」が言えれば、その旅は素晴らしいものになるでしょう。さらに「乾杯」まで言え...
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
埼玉県の小川町に、茶色い屋根の建物が、ぽつんと建っている。「土地と建物は借りているけれど、それ以外のことは全て自分の手で作っています。なんでも自分でやらな...
コーヒーメーカー?と思ったら大間違い!なんと、これひとつでビールの醸造プロセスをひと通り再現できるのだとか。「MicroBrew」は自分だけのオリジナルビ...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...