焼いて、切って、重ねるだけ。ロゼワインを使った「大人のショートケーキ」

みんな大好きな、いちごのショートケーキ。いつもの食卓も、このコが出てくるとぱっと華やぎますよね。でもスポンジを焼いて、クリームを泡立てて、と作るのは一苦労。「BRIT+CO」でNanette Wongさんが4つの材料、4つのステップで簡単に作れちゃうレシピを紹介しています。

用意するのはこの4つ!

90f0c04704fb3b8e21ad8806879489419a912979

4カップ分

・1/2ボトルのロゼワイン
・4カップのいちご
・113グラム程度のホイップクリーム
・170グラムの冷凍スコーン生地

焼いて切って重ねるだけの
シンプルレシピ

B41d8dd7ecec4979486d3185a26682be91e23c41

1. ビスケットをパッケージの指示に従って焼きましょう。

2. 焼いている間、いちごを半分に切ってボウルへ入れます。そこへワインをひたひたになるまで足したら、1時間ほど室温におきます。30分経ったら混ぜましょう。味見をして、ロゼの味をさせたかったら、長くつけておいて◎。

3. 好みの味になったら、ざるにあけてロゼを取り除きます。

Fce648ea2f4f489a1715e00c39de76e5b8829cc9

4. グラスやジャーを用意して、盛りつけです。いちご、ホイップクリーム、スコーンの順に重ねていきましょう。

457d5d165282fe3ab079934de82e6a85849a96c4

ミントやバジルなどを加えてもかわいさが増しますよ。食べる1日前に作っておくと味がなじんでより美味しいんですって。

料理の合間にもささっと作れちゃうこのケーキ、ブランチやちょっとしたパーティにもよろこばれそう。ロゼワインの風味が広がるちょっぴりオトナなショートケーキ、ぜひ試してみて。

Licensed material used with permission by Brit + Co.
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
とろける甘〜いマシュマロが、スプレッドになった商品があるのを知っていますか? 「フラフ」という商品名で発売されているもので、今“塗るマシュマロ”としてジワ...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
ケーキを作りたいけれど、手間がかかりすぎるし、失敗がこわい……。そんなふうに感じたことはありませんか? いま流行りのビスケットケーキなら、超カンタンで、オ...
甘いものが大好きな人も、普段そんなに食べない人も、カラフルで気分の上がる「SWEET TOAST」は、ステキな1日のはじまりにぴったり。誰もが食べたくなる...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
マフィンやフレンチトースト、チョコブラウニー。いまや、マグカップで作るスイーツは誰もが知るところ。でもこの動画、グラノーラやなんとピザまで、すべてマグカッ...
フランスで「魔法のケーキ」と話題を集めたレシピがあります。混ぜて焼くだけの楽チン工程。シンプルなレシピなのにスポンジ、カスタード、フラン(フランスのプリン...
ここで紹介するのは、見た目も華やかでおいしい朝食たち。でもじつは、すべて電子レンジであっという間に作れるものなんです。こんなメニューが食卓に並んだら、朝か...
スイカの選別って意外に難しいもの。よく叩いたときの「音」が肝心なんて言いますが、音を確認してもいざ半分に切ってみると中身がスカスカ…なんてことも、ままあり...
手頃な価格で、あると便利な「きゅうり」。ついつい多めに買ってしまって冷蔵庫にきゅうりしかない…。そんな状況でも美味しくお腹を満たすことができる絶品のレシピ...
モコモコのマシュマロがこんがり焼けたデザートを紹介します。北大西洋に浮かぶバミューダ諸島が発祥といわれる「スイートポテト・キャセロール」。じつはこれ、アメ...
ふんわりトロトロの食感とじゅわ〜っと広がる甘みーー。でも、たまにはちょっぴり違うアレンジで!ミルク:3分の1カップたまご:2個刻んだタイム:ティースプーン...
上品な味わいの「マスカルポーネチーズ」は、ティラミスだけでなく、さまざまなケーキに使用されています。あの濃厚なクリーミーさを冷蔵庫にあるもので再現できたら...
小さな八百屋「ミコト屋」が扱う果物は、1年中手に入るわけではありません。そんな旬の時期にしか出会えない、とびきりおいしい果物を使ってケーキをつくる「MER...
これは、いわゆるブルスケッタの簡単版。片手でつまめる気軽さはもちろん、食欲をそそるものからスウィートなものまで自由自在なのがミソ。「バゲット・バイツ」と呼...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
空想の中でひとり遊びをしていた小さな女の子アメリは、そのまま大人になって今はモンマルトルのカフェで働いている。彼女の好きなことは、クレーム・ブリュレの焼き...
玉子料理はなんて美味しいのでしょう。玉子は、アレンジを加えて食卓の主役になったり、手の込んだ料理で名脇役を果たしたり。もちろん、そのままでも美味しくいただ...