「ポテトと相性抜群!」覚えておくと便利な、自宅で簡単ディップ3種

ホームパーティーで大人にも子どもにも人気のあるメニューといえば、ポテト。用意した分、しっかり売り切れちゃいますよね♪

ただし、準備するほうとしては、揚げ物っていうのがネック。パーティーともなれば大量に必要なので、結構手間がかかります。

そこで提案したいのは、マクドナルドのポテトを使う方法。

「たしかに便利だけど、手を抜きすぎじゃ……」

なんて声が聞こえてきそうですが、そこは工夫次第。例えば、こんなディップを作って盛り付けてみるのはどうでしょう?

美味しいだけじゃない
ディップの秘密は……

Medium 54702618550c43919efd5da835ca397392fa7bb3

ね? こうしてディップと一緒に演出するだけで、いつも食べているポテトがパーティーフードに早変わり!

見た目だけじゃありません。このポテト用のディップは、火を通さず、乳製品も卵もお砂糖も使っていないーーつまり100%植物性のローフードなんです。

ヘルシーなローフードのディップなら、いつもよりもたくさんポテトを楽しめそうですよね。

作り方は意外に簡単!?
ローフードのディップ

Medium 00e9ef97d89305d8c4499a45b6a42fd4c8569327

レシピを考案してくれたのは、まだまだ国内では数少ないローフード・クリエイターの山本絵奈さん。

「ローフードってルールが厳しいとか、調理が難しいというイメージを持っている人もいるけれど、全然そんなことありません。簡単につくれるレシピもあるし、『フライドポテト+ローフードディップ』みたいに、日常にちょっとだけ取り入れるのも、オススメですよ」

とのこと。

では、気になるレシピをチェックしていきましょう!

ハーブで爽やか!
「ギリシャ風ヨーグルトディップ」

Medium 408806a7ecc104330e52a9ff92ad79743c30bb61

「生クリームも、ヨーグルトも使わないのに、しっかりヨーグルト味です。ハーブをたっぷり使って後味も爽やかです」

8dcc69bd8bbaef61b2e1f9b394b2308f7c3c66a3

■材料
生カシューナッツ 2/3カップ
ココナッツミルク 1/2カップ
レモン汁 大さじ2
ニンニク(すりおろし)一欠片
塩 少々
キュウリ 1/2本
ディル (みじん切り)大さじ2
アップルビネガー 小さじ1
オリーブオイル 少々

■作り方
①生のカシューナッツは3時間以上浸水し、よく洗い、すすいでおく。

②カシューナッツとココナッツミルク、レモン汁、塩、アップルビネガー、すりおろしたニンニクをブレンダーに入れ、よく撹拌する。

③そこに、みじん切りにしたキュウリとディルを加えよく混ぜ合わせる。

④仕上げにオリーブオイルを少し垂らして出来上がり。

アボカドでまろやかな仕上がり!
「トマトごろごろクリーミーディップ」

Medium 0f71937fd6797e60aa25f2ad14126ee3c2fb213a

「ローフードにはこんなに簡単なレシピもあるんですよ! シンプルな調理法なので、ポイントは素材使い。なるべく完熟トマトを使ってくださいね。味わい深〜いクリームディップになりますよ」

Cac32ec5745e9c151346c3c17c0e3dc9ab435f7f

■材料
完熟トマト(ざく切り)2カップ、盛り付け用を適量
アボカド 1/2個
玉ねぎ (みじん切り)大さじ1
レモン汁 小さじ1
白味噌 小さじ2
オリーブオイル 大さじ1
アップルビネガー 大さじ1
塩 少々
黒胡椒 少々

■作り方
①すべての材料をブレンダーに入れて、滑らかになるまで撹拌する。

②刻んだトマト適量を盛りつけて、出来上がり。

甘じょっぱさにハマる!
「ふわふわ苺のムース風ディップ」

Medium 814167c5c15afa1b5cf20b08f0f0e82d59accc38

「しょっぱいものと甘いものって、すごく相性がいいですよね。というわけで、1品はデザート系のディップにしました。この甘じょっぱさは、大人も子どももきっとハマるはず。たっぷりつけて味わって!」

6151b1e89e165b14514ddd9e744b66b1c745171d

■材料
生カシューナッツ  1/2カップ
ココナッツミルク  大さじ2
イチゴ  1/2カップ
生ハチミツ  大さじ1,1/2
レモン汁  小さじ1
バニラエクストラクト  小さじ1
塩  少々
ココナッツオイル  40ml

■作り方
①生カシューナッツは3時間以上浸水させ、よく洗い、濯いでおく。

②ココナッツオイルは固まっていたら、湯煎して溶かしておく。

③ブレンダーにすべての材料を入れ、滑らかになるまで攪拌する。

④ボウルに移し、冷凍庫に30分程入れ、冷やす。

⑤冷やし固まる前に冷凍庫から取り出して器に盛りつけて、出来上がり。

マクドナルドのポテトが
「外はカリッと、中ホクホク」の
理由って?

Medium 4ce595680b6024d88ea288a487203da89370f8e6

「マクドナルドのポテトにヘルシーなローフードのディップがマッチする」なんて、ちょっと意外でしょう?

でも、あまり知られていませんが、マクドナルドのポテトってとってもこだわって作られているんです。

例えば、産地。マクドナルドのポテトは、100%アメリカの農場から。しかも、農場から流通ルートに至るまですべて追跡可能になっており、遺伝子組換えは一切行われていないことが確認できるようになっているんです。

国産じゃないんだ……と思う人もいるかもしれませんが、フライドポテトのあのホクホク感を出すには、アメリカ産のじゃがいもが適しているんですって。

さらに、揚げ方も、研究に研究を重ねて、一定の揚げ色で外側がカリッっとしているのが特徴。

外はカリッと、中はホクホク。そんなマクドナルドのポテトだからこそ、塩味だけで美味しいのはもちろん、一手間かけてパーティーフードにするのもアリなのでは?

Sponsored by 日本マクドナルド
ビールのおつまみや炊き込みご飯にしてもおいしい、そら豆。ちょっとしたひと手間で、もっと満足感のある「そら豆料理」ができたら……。ここでは「しかない料理研究...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
なすを使った料理といえば、どんな食べ方が思いつくでしょう。焼きなす、揚げなす、煮物にしたり、漬物にしたり、調理法はさまざま。でも、きっとこのスタイルは意外...
花を食べるーー。日本では菜の花や菊などをたまに食卓で目にする程度ですが、ヨーロッパ、とりわけイタリアとフランスではよく食べられているそう。フードライターの...
食べやすく、見た目も華やかなフィンガーフードは、さまざまなシーンで重宝できます。ここで紹介したいのは、米レシピサイト「Allrecipes」に掲載されてい...
本来食べ物が持っている、ビタミンやミネラル、酵素を効率的にカラダに取り入れる食習慣が「ローフード」です。だけど、厳格なルールにこだわらず、個々人のライフス...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
夜遅くから始める家飲みパーティー。コンビニでできあいのおつまみを見つけるのも楽しみのひとつですが、コンビニ食材だけでちゃっちゃとつくる、こんなサラダはいか...
SNSで何かを共有し、その価値を交換する方法は様々。例えば、Uberなら「移動手段」を、Airbnbなら「スペース」をーー。そして、ここで紹介する「Fea...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
これは、いわゆるブルスケッタの簡単版。片手でつまめる気軽さはもちろん、食欲をそそるものからスウィートなものまで自由自在なのがミソ。「バゲット・バイツ」と呼...
暮れ行く冬の空を眺めながら、テントでしっぽり。これまでの山登りでAkimamaスタッフがちまちま作った、ジャンクな山おつまみをコッソリお伝えします。おいし...
甘いものが大好きな人も、普段そんなに食べない人も、カラフルで気分の上がる「SWEET TOAST」は、ステキな1日のはじまりにぴったり。誰もが食べたくなる...
フランス中南部オーブラック地方に伝わる、摩訶不思議な料理が、ここのところSNSで大きな話題になっています。「アリゴ」という名のポテト料理。じゃがいものポテ...
とろける甘〜いマシュマロが、スプレッドになった商品があるのを知っていますか? 「フラフ」という商品名で発売されているもので、今“塗るマシュマロ”としてジワ...
持ち寄りパーティでどんな料理を持っていきますか? みんなに喜んでもらうなら、人気料理を持っていきたいですよね。肉料理の中でも人気の焼豚。実は、豚こま切れ肉...
お店で食べるパリパリの羽根つき餃子。自宅で挑戦しようと思ったけどベチャついてしまった、焦げてしまった……そんな経験ありませんか。羽根つき餃子と言えば片栗粉...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...