トップデザイナーがNPOとコラボ!「オシャレな病衣」を作ったら子どもたちが笑顔に

ファッションは自分を主張するツールのひとつ。けれど、どうして病院のガウン(病衣)は、みな一様に同じ色、同じかたちのものなのか?

大人だったら、こんなこと考えてもみないでしょうが、病院生活を続ける多感なティーンエイジャーたちにとっては、すごくセンシティブな問題だったようです。

「みんなと同じで退屈……」
病衣のデザインに不満あり

C4f5d95f13af99dc668398c7dd8c52732465631f4523000f8e036161abfaa676e1fea12c4b0ed15d

本当なら、自分の着たい洋服をクローゼットから引っ張り出して、自由にオシャレを楽しみたいティーンたち。けれど、病院の中では用意された病衣に袖を通すほかありません。

本音を言えば「みんなと同じでつまらない」、「自分が自分じゃないみたい」、「これを着ていると自分の個性がだんだん失われていくようだよ」など、ティーンならではの不満がたくさんあるようです。

どんなに自分が早く病気を治したいと努力しても、病衣を着ている以上、結局は自分はただの入院患者でしかない……。大人の私たちが、はたしてこの考えにいたるでしょうか?

病院生活を続けるティーンの声に耳を傾け、シンプルな方法でいてストレートに彼らの声を反映させたプロジェクトがあります。病気の子どもたちを支援するカナダの「NPO団体Starlight Children's Foundation」による、そのステキなアイデアがこちら。

彼らが「着たい」と思える病衣を
トップデザイナーに依頼しよう!

60760b657636450ef480c9fb58fa8eb685f159bcB91bf7ada3cdb84b1919710d4c2efaf073847f00

団体が協力を依頼したのは、6人のカナダ人デザイナーでした。みな第一線で活躍するトップデザイナーです。たとえば、世界中にクライアントを持つIzzy Camilleri。デビッド・ボウイやメリル・ストリープの専属デザイナーとして活躍した経歴を持つトップデザイナーたちが集結したのです。

「普通の子供服をデザインするよりも、ずっと難しいことでした。想像しかできないけど、怪我や病気を抱えた子どもたちのためにチャレンジしてこなかった領域ですからね。でも、彼らがこの病衣を着て、内なるパワーを感じてくれたら嬉しい」

と、こちらは同じくプロジェクトに参加した、タトゥー・アーティストでデザイナーのIndia Amaraのコメント。


自分自身でいられる病衣
子どもたちに笑顔があふれる

F5c2b0a68e2291afb60b0639594e22c4431e373e011dcbd6faebfd99b734cae7d5b559529f01316d

こうして、トップデザイナーたちが手がけた病衣がティーンのもとへ。できあがったのは、アニマルプリント、カモフラージュ、袖口をレースで切り替えしにしたもの、フォトプリント、さらにはなんとスカル柄まで。

まるでセレクトショップで買い物を楽しむように、色とりどりの病衣を手に取っては、胸元にあてがう彼らの眼差しは真剣そのもの。

自分が着たい服を着る。10代の少年少女が手に取りたくなる病衣をデザインする、このプロジェクトで袖を通せたのは、ほんのごくわずかです。それでも、「私(のキモチ)を病院の外に連れ出してくれる」、「病院の中にいるなんて思えない」というような、ポジティブなティーンたちの感想を聞くにつれ、病床の彼らが本当に求めていた“小さくも大きな違い”が動画からも感じることができるはずです。

2740c2f6d69054e59416781de3a6a540bdfae405

すべての病衣の襟元には、ちゃんとプロジェクト「WARD+ROBES」のオリジナルタグまで付いていました。そして、裏にはこんなメッセージが。

キミたちはとってもユニークなんだから。病衣だって、そうあるべきでしょ?


カナダ発のプロジェクトを
世界の小児病棟へ

22258cbc9b67f2a3b37bbd3868e3b49637b5ca75

「Teen Vogue」が伝えるところによれば、このプロジェクトは当初オンタリオ州の病院のみで実施される予定だったようですが、団体はこれをできるだけ早くカナダ全土で開始したい、と寄付を呼びかけています。また、世界中のデザイナーたちに向けても協力を依頼。公式サイトよりPDFをダウンロードし、デザインを広く募集しています。

薄色で無地の素っ気ないもの。それを当然のように受け入れてしまうのは大人の感覚。けれど、長く病院生活を続ける子どもたちは、病衣が別の見え方をしている。この感覚、世界どこでも当てはまることではないでしょうか?

Reference:Teen Vogue
Licensed material used with permission by Starlight Children's Foundation Canada
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
ファッション、グラフィック、ウェブ、インテリア、環境、都市、空間など。これらに続く下の句「デザイナー」。あらゆるデザイナー職の人たちが、共通して抱えている...
 ずっと探していたんです、こんなふうにボリューム感のあるブレスレットを。ところが、どこにでもあるようで、いざ探してみるとないんですよ。編んでいたり、エッジ...
「私たちが届けたクレヨンで子どもたちが遊び、10分だけでも病院の中にいることを忘れられたら。このプロジェクトは成功だと思うね」ーThe Crayon In...
ニカラグアのデザイナーFabio Pantoja氏がつくったコカ・コーラのロゴ。そこに隠されたメッセージが、反響を呼んでいます。タイトルは「Uncover...
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
旅の思い出を記録に残す方法は写真や動画が一般的。それ以外では、せいぜいスケッチといったところですよね?でも、ファッションデザイナーのTERESA LIM氏...
いま、Instagramでブレイク中のこのお皿。なんでも、盛りつけるだけで料理写真が誰でも“かわいらしく”撮れるんだそう。しかもこれ、日本の「かわいい文化...
黒のタートルネックにデニム、足元ニューバランスはジョブズお決まりのスタイルだった。同様に、無地グレーのTシャツ姿は、ザッカーバーグの専売特許。見た目で自己...
まだ自分が小さかった頃、毎日のように絵を描いては、得意げに父や母に見せていた記憶があります。やがて大きくなったとき、両親は大切に保管していたその絵を、宝も...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
近年、社会問題になっている子どもたちの「孤食(1人で食事を取ること)」。この問題を解決すべく、兵庫県明石市が一丸となり、あるプロジェクトが進行中です。子ど...
〈Made in Italy〉にこだわり、イタリアならではのクラシカルな雰囲気とモダンな感覚をMIXさせた〈オロビアンコ〉。ミラノの象徴、Piazza D...
言わずと知れた、デンマークの定番ブロック玩具、レゴ。子どもの頃に遊んだ人も多いのではないでしょうか?国を超えて、老若男女問わず支持されているレゴですが、自...
「遊び」はいつも子どもたちから生まれるものです。では、発明はどうでしょう?ここに紹介する発明品は、どれも6歳から11歳までの子どもたちから生まれたもの。子...
もうすぐ母の日。世間ではさまざまなキャンペーンやCMがあふれる時期ですが、一風変わったこんな動画はいかがでしょう。病気と闘う幼い子供たちをサポートする、カ...
結婚したら、次は子ども…なんてステレオタイプなイメージは未だに根強くありますが、子どもを持つかどうかは夫婦にとっても重大な選択。経済的に難しいと考える夫婦...
子どもの成長は早い。靴のサイズはすぐに合わなくなります。そのため、新しい1足を買う余裕のない途上国の子どもたちは、フィットしていないものを無理やり履き続け...
大人と子ども。どちらの自分により幸福感を感じるでしょうか。年齢を重ねればできることも増え、好きなものだって買えるようになるかも。しかし、統計結果からみても...