古くなったクレヨンで子どもを「笑顔」にする、お父さんのナイスアイデア

私たちが届けたクレヨンで子どもたちが遊び、10分だけでも病院の中にいることを忘れられたら。このプロジェクトは成功だと思うね」ーThe Crayon Initiative

アメリカでは、まだ使えるにも関わらずレストランや学校などから、毎年約3万キロものクレヨンが捨てられている現状にあります。
この状況に待ったをかけたのが、サンフランシスコに住む2児の父親、Bryan Wareさん。
彼は捨てられるはずのクレヨンを再利用して、病院の子どもたちに配る活動「The Crayon Initiative」をスタートしました。

使用済みクレヨンが、
新しいクレヨンに生まれ変わるまで

この活動は、まず学校やレストランなどで捨てられる予定だったクレヨンを集めるところから始まります。

th_スクリーンショット 2015-09-10 14.38.56

集まったクレヨンを色ごとに振り分けていきます。

th_スクリーンショット 2015-09-10 14.48.09

振り分けられたクレヨンを色ごとに溶かします。

th_スクリーンショット 2015-09-10 14.42.07

溶かしたものを、専用の型にいれて冷やします。

th_スクリーンショット 2015-09-10 14.42.22 th_スクリーンショット 2015-09-10 14.42.32

これで完成!新しくパッケージされたクレヨンは、カリフォルニア中の病院に配られます。

th_スクリーンショット 2015-09-10 14.50.42

th_スクリーンショット 2015-09-10 14.46.47

一度しか使ってないのに
捨てるのは勿体ない!

Wareさんはこのプロジェクトを、2011年に思いついたそう。その理由はレストランでのある体験だったと語ります。

レストランで僕の誕生日パーティーを開いてもらった時に、ウェイターが息子にクレヨンを持ってきてくれたんだ。その時は少し遊んだだけで終わったんだけど、そのクレヨンをどこに持っていくのかな?と疑問に思って。もし捨てられていたら勿体ないと思ったんだよ

クレヨンで
子供たちに笑顔を届ける

th_スクリーンショット 2015-09-10 14.45.03

活動を開始して2年。現在では、2,000ケースものクレヨンを病院に寄付しました。今後は、アメリカの他の都市にもこの活動を広げていきたいとか。

BryanさんをはじめとするThe Crayon Initiativeは、今日も子どもたちにクレヨンを届けています。彼らの活動を応援したいという方は、こちらから。

Licensed material used with permission by The Crayon Initiative

世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
緑色ではなく、ピーマン。黄色ではなく、とうもろこし。ちょっと変わったカラー表記のクレヨンが話題です!楽しめるのは“誰も知らなかった色”その正体は、mizu...
コクヨが秘密裏に開発したという自慢のクレヨンーーなんと水彩画のような透明感があり、下絵をかき消すことなく色が塗れるのだとか。もちろん鮮明な色使いが可能です...
ファッションは自分を主張するツールのひとつ。けれど、どうして病院のガウン(病衣)は、みな一様に同じ色、同じかたちのものなのか?大人だったら、こんなこと考え...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
かわいらしい小さな女の子に起きた想定外のハプニング。その一部始終をカメラが捉えていました。チャーミングな笑顔が急転直下、彼女を悲しみの底に突き落としたのは...
おやすみ前の絵本は、小さい子どもにとってその日最後の特別な時間。この読み聞かせをママではなく、パパがしてあげる方が「子どもの能力向上につながる」という、新...
食事中のスマホはマナー違反。それを、あるユニークな方法で息子たちに伝える父。テクノロジーの進化と家族のあり方を描いた短い動画です。制作したのは20歳の現役...
ミシシッピ州ビロクシにある中学校「Biloxi Junior High School」にある、使われなくなったロッカーが3Dアートへと大変身!そのアイデア...
海外の人たちにとって、日本語を勉強するのは至難の技。中でも、ひらがなやカタカナを読むのはとても難しいと言われています。そんな中、アルファベットさえ分かれば...
バランス感覚を養うことで、補助輪なしでもすぐに自転車に乗れてしまうとあって(わが家も一発OK)、いまや子どもたちの三種の神器のひとつとも呼べるのが、ストラ...
足の裏が“第二の心臓”と言われるのは、心臓から送り出された血液がカラダを巡り、また心臓へと戻るための循環ポンプの役割を担っているから。カラダの各機関に直結...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
「遊び」はいつも子どもたちから生まれるものです。では、発明はどうでしょう?ここに紹介する発明品は、どれも6歳から11歳までの子どもたちから生まれたもの。子...
一人の先生が思いついたあるアイデアがきっかけで、クラスの出席率がわずか 40%から93%まであがった公立学校があります。そのプロジェクトの仕掛け人はスティ...
可愛い我が子がお絵かき帳に描いた、架空のキャラクター。ナニコレ!と思わずニヤケちゃうこともあると思いますが、一生懸命生み出したその個性をなんとか残してあげ...
毎日がまるでサーカスの一幕みたいな、赤ちゃんや小さい子どものいる家庭。パパもママもてんやわんやの大忙しのことでしょう。ここに紹介する写真もそんな場面の数々...
子どもと犬。これはもう最強の組み合わせと言っても過言ではありません。ロシア人の写真家、Andy Seliverstoffは「おおきな犬とちいさな子どもたち...
まだ自分が小さかった頃、毎日のように絵を描いては、得意げに父や母に見せていた記憶があります。やがて大きくなったとき、両親は大切に保管していたその絵を、宝も...
食物アレルギーのため、毎朝マーガリンを塗ったトーストしか口にできない娘のために、パパがとった行動がステキすぎる!とイギリスで話題の家族を紹介します。たった...