床一面が万華鏡!ロンドン北部の町に出現したインタラクティブな巨大カーペット

実在するモノに映像をシンクロさせるプロジェクションマピング全盛の現代。もしかしたら、このアーティストの存在がなければ、今日ここまでのデジタルアート興隆はなかったかもしれない。

デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエ。彼のスケールはとにかくデカい。

うごめくピクセルの床
「魔法の絨毯」がオモシロい

A2434d0ce9aa9e3e2224d2b7d480905c9072b5d2Medium 6cf9eb3ca078851a48b23eefffe64a9fad36a89e

2016年7月、ロンドン北部の街ミルトン・キーンズで開催された「ミルトン・キーンズ・インターナショナル・フェスティバル」、その会場の床一面1,200㎡を“光のカーペット”が埋め尽くした。

人が歩けば、床に映し出された映像も波紋のように動く。パターンが変われば色彩も変化する。さらに、彼らが手にする銀のボールに秘密あり。アルミニウムの球体が音楽を感知するセンサーとなり、音を奏でながら床面の映像に変化を与える仕組みだ。

こうして、光と音と動きが連動した巨大な万華鏡ができあがる。この大掛かりなインスタレーションを仕掛けた人物こそ、デジタルアート、ヴァーチャルアートの“パイオニア”と讃えられるシュヴァリエだ。

「エルメス」のエキシビジョン
デジタル・アートで協力

A24ec8d86f9ed61767fc2330d9544ee3d518c5e9

彼の名前を聞いてピンときた人は、ファッショントレンドに造詣が深い証拠。数年前、フランスの老舗メゾン「エルメス」から発売された、ちょっぴりギークなデジタル柄ヘヴィツイルタイの発表記念イベントに、シュヴァリエのデジタルインスタレーションを体験できるブースが東京・大阪に登場した。もちろん、モチーフはデジタル柄だ。

シュヴァリエは1980年代より、液晶ディスプレイやホログラフィックイメージを用いた芸術表現をスタート。近年は数十台のプロジェクターを用いて、歴史的建造物に投影するプロジェクションマッピングやインスタレーションをアートワークにした活動を精力的に続けている。

2014年にはイタリア南部プーリア州の古城で、2015年には英ケンブリッジ大学のチャペル内で、歴史とテクノロジーを調和させたデジタル・インスタレーションで人々を“光の万華鏡”の中に誘い込む。

Medium cb466e0dea277f9b6c803b977e9f4a5ae9c701eeEd4eb322121148ac45821f1c0739ea0cb7a298b6Medium 44015a263bc3379946f64284a660c0c90832c981Medium a7a6479d39000023bcbedd0c8a18c59c8cb8978dMedium c9300b0431c42f13be27110e8151d9289a9d09aeMedium d3bc490237462624a2c40b02815fed41eea6059fMedium d8866aea1900fac8fb27f1e762bd62546db49164Medium 28625854de2a5833fbf4efa3266380462d0aa619Medium 2a1f10a791fa5ab2ca8a59ecdb1d61cf519db18a

「僕はいつも自分自身にこう問いかけるんだ。自分は技術者なのかそれともアーティストなのかって。でも、それらを同時に行っているとは、本当のところ誰にも分からないのさ」。

技術革新はビジュアルアートシーンに多大なる変革をもたらした、とシュヴァリエ。けれど、つねに変換され、それに適応できる柔軟さが求められるとも。人工的な森羅万象は姿形を変えながら、結合してはまた離れ、まるで生命を宿しているようにも思えてくる。

Licensed material used with permission by Claude Mossessian, Miguel Chevalier
デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエによる大がかりな「花」のインスタレーションが評判を呼んでいる。舞台は上海の「ジン・アン・ケリーセンター」。当地...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
ウルトラテクノロジスト集団チームラボが、世界で初めてロクシタンの店舗を色鮮やかに演出。とはいえ彼らの取り組みの中では、やや毛色が違うこのプロジェクト。示し...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
ベルギーの首都ブリュッセルの中心地にある大広場、グラン・プラス。「世界でもっとも美しい広場」と形容されるこの場所で、2年に1度開催されているのがフラワーカ...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
上から見ないとその全貌が掴めないほど巨大な、路上のペインティング。圧倒的なスケール感で街中に登場するこれらを見ていると、現実が破れて顔を出したような、不思...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
東京駅の3Dプロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」や「新江ノ島水族館 ナイトアクアリウム」などで知られる、クリエ...
たった9秒。まばたき厳禁のオモシロ動画を見つけました。体育館の生徒たちの前に現れたのは、まさかのクジラ!?それは、一瞬の出来事だった…それは、ほんの一瞬の...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
水や砂糖など、身近にある材料を使って描いた作品が注目を浴びているイギリス在中のAravis Dolmennaさん。どれも遊び心いっぱいで、絵本の中のような...
米コロラド州を拠点に活動する、石積みアーティストのマイケル・グラブさん。河原に転がっている石を積み上げた経験は、あなたにもあるかもしれませんが、ここまでく...
いよいよやってくる夏休み。家族やカップルで出かけよう!と意気込んでいる人も多いはず。でも、いざ外出したら、暑さに負けて意気消沈。涼を求めて、用もないのにと...