「どうぞご自由に!」米ローカルコミュニティに広がる「やさしさの小箱」

公共福祉のための寄付や、チャリティーの精神が浸透しているアメリカで、新たにこんなすてきなコミュニティサービスがスタートしました。もちろん、すべてが市民レベル。

アーカンソー州の小さな町で始まった心温まる取り組みに、いま全米が注目しています。

必要とする誰かのために
“おすそ分け”を詰める小箱

C22bbc2026a8669b26f9e2240643503dc2ab1b04

アメリカのあるNPO団体が始めた「Little Free Libraries(小さな無料図書館)」が、大きなムーブメントとなった2016年5月。あのアイデアをそっくりそのまま引用し、生活用品や食料をシェアすることで、地元コミュニティで還元しあうシステムをつくった人物がいます。

小さな田舎町ファイエットビルで、「隣人を支え合うのは隣人」をモットーに、助け合いの小箱を始めたJessica Mcclardさん。あの無料図書館にインスパイアされたと言うように、ネーミングもそのまま「Little Free Pantry(小さな無料パントリー)」。

アイデアをかたちにするため、まずはクラウドファンディングで出資者を募り、250ドル(約25,000円)が彼女の元に集まりました。早速DIYして1つめの小箱が完成。Jessicaさんはそこに、自宅で余っていた洗面用品や手を付けずにいた食料品などを詰め、こう記したそうです。

Take What You Need , Leave What You Can.(欲しいものがある人はどうぞ取っていって。その代わり、いらなくなったものは誰かのために置いていきましょう)。

小さな子どもでも理解できる単純明快なコンセプト。これがLittle Free Pantryの精神です。そこに近隣の住民たちが賛同し、小さな町に次々と小箱が増えていきました。

Bcca5379fe32615b49e0544ba7bba0adbdb9cd175a4d6d52f17db166c5d893cbdfc9db7be02bad268466a5f1c3bf30787362d969353151de528a542389e7c7ed0abc4f8770b47b082e132ac58f7d448b6ceeed3fdec756470f00f18ea7955d35aa9d32e68ba706d057eb9e24f359ea6d33864c8347a1c5fdF16e2c7ed2fa45748af7acc90c4b38144e69ff5b

買ったものの、結局一度も封を開けなかった日用品、衣類、オムツ、さらには缶詰をはじめ飲料水まで。さながら本物のパントリーのようにあらゆるものが詰まった小箱。これがスッカラカンにならないっていうのが不思議。数は減れど、つねに誰かが何かを補充してくれる。もちろん、すべて必要とする誰かのために。

こう聞くと、どうしてもホームレス支援のように思いがちですが、必ずしも彼らだけに向けたLittle Free Pantryに非ず。お隣さんやご近所さんたちの物々交換の場として成立しているところに、この地域の人の良さがあるとJessicaさん。

持ちつ持たれつ、お互いを気にかけ、困った人がいれば地域のコミュニティみんなで助け合う。ネットを使えば簡単にドア・トゥー・ドアでなんでもモノが手に入る時代にあって、こうしたローカルのコミュニティが見直されつつあるのも、今の時代なればこそなんでしょうね。

広がり始めた
“おすそ分け”ネットワーク

ところで、小さな町から始まったやさしいおすそ分けの小箱は、遠く離れたバージニア州でも、誰かのために役立っているようです。

「KTVU.com」が伝えるところによれば、ワシントンD.Cに近いリーズバーグで、7歳の男の子が父親に作ってもらった小箱を自宅前に設置。近隣のホームレスのために食料や地域住民から集めた衣類を詰めて、管理を始めたとして取材陣が殺到。

「いらないものが集まって必要としている人に届くんだから、みんながハッピーになれるんだ。そうしてまた、誰かがものを補充してくれるでしょ、これがずっと続くんだから。みんなもマネして町中にできればいいと思わない?」。

と誇らしげにインタビューに応えるAlex Martinezくん。物々交換されていく自慢の小箱を、毎日覗くのがもっかの楽しみなんだそうですよ。

Reference:KTVU.com
Licensed material used with permission by Jessica McClard
時代が変わっても、そこだけ時が止まっているかのような場所があります。たとえばコインランドリー。一度でも利用したことのある人ならば、あの狭小空間で洗濯機や乾...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。新しい価値観を持った、ライフスタイルとはどのようなものか。日米のベンチャー企業への投資事業を行い、...
アメリカ・ニューハンプシャー州にあるアニマルシェルター。ここでは、ペットに食事を用意できないほど貧しい家族や高齢者に、ペットフードを寄付していました。しか...
わたしたちが暮らす現代社会は、今大転換期を迎えています。そんな新しい価値観や時代、ライフスタイルとはどのようなものか。ここでは、日米のベンチャー企業へ投資...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
ちいさな路地が網の目のように続き、どこも人で溢れかえる下北沢。この町をさまよう人たちは、それなりにみな目的がある。古着屋を物色し、小劇場やライブハウスに通...
自由に生きたいとは思いつつ、実際は難しいから…と諦めてはいませんか?じつは、ちょっとした習慣を変えるだけで自由は簡単に手に入れられるんです。01.手持ちの...
近年アメリカでは、「小さな家で無駄なく豊かに暮らす」新たなライフスタイルが流行。トレーラーハウスやタイニーハウスで、自分らしく生活する文化に注目が集まって...
「庭園と図書館さえあれば、あなたに必要なものはすべて揃っている」とは、かの有名なキケロの言葉ですが、まさに「畑」を使うことで、地域の生活の質を向上させよう...
ヒップホップやスケーターカルチャーとリンクした、少しルーズな服装を好む人々にとっては心外な法律である。いわゆる「腰パン」が、アメリカの一部地域で違法となっ...
過去に、5月21日〜6月20日生まれの「ふたご座」と付き合ったことがある人なら、思わず頷いてしまう、あるある。自身もふたご座であるというライターのAlic...
テクノロジーの進化は私たちをいろんな面から解放してくれます。ひとつは「ライフスタイル」。 固定電話からモバイルになったことでいつでもどこでも連絡が取れるよ...
もう、ありきたりなランドリーはいらない。こう断言するのも、いま世界規模で洗濯をするための空間が、新たなコミュニティスペースへと変わろうとしているからです。...
20世紀の「使い捨て社会」から循環型の社会へ。いま世界の多くの人々が、そのための努力を続けています。大量生産、大量消費、大量破棄。それらが食品業界にもたら...
アメリカの一部地域を中心に、家の前に「小さな図書館」を置くことが世界的なブームになりつつあるんですって。具体的には、素敵な飾り付けのある小さな家のような本...
「嫌われるのが怖くて本音が言えない」「周りから距離を置かれている気がする」。こういった人間関係の悩みをなかなか解決できずに悶々としている人は多いことでしょ...
職場でもプライベートでも、人間関係は難しいもの。最近はSNSの登場でさらにその関係は特殊になってきました。そんな中、人と人との関わりあいを円滑にするのが「...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
ブルース・ガードナーは、ニューメキシコ州アルバカーキにいる。どうやら究極の「光る泥だんご」を追い求め、日々研究と実験を重ねているようだ。きっかけはある人物...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...