女性100人が下着姿でカメラの前に立つ「他人と違う体型は自分だけの個性」

2015年以来、女性の美の基準が変わり始めている。その代表例が「プラスサイズ」。すべての女性の体型を公平に扱おうという動きは、欧米のアパレル業界やメディアにおいて、いまやトレンドとして定着している。

けれど、細身かプラスサイズのどちらかで、簡単に自分の体をカテゴライズすることができない市井の女性たちからすれば、求めていたのは「公平さ」ではなく「多様性」の方だった。

年齢も体型もバラバラな一般女性が100人、下着姿でカメラの前に立つ。

人と違ってて構わない
体型の違いは個性

Medium bc5449eb442a3945bf87a31b9bffcf4c4bb895ca

下着姿の女性たちを撮影した一連の作品は、オーストラリアの女性カメラマンが手がけたプロジェクト「Underneath We Are Women」からの抜粋。モデルはみな自ら下着になりたいと応募してきた一般女性たちだ。

太っている人もいれば、長身の人もいる。胸の小さい人、体に障害がある人、お腹が6つに割れ屈強そうな女性まで。みんな体型も年齢もバラバラ。でも、性格が違うように、そもそも体型だってみんな違う。理想の体型を求めるのではなく、それぞれの個性に着目し、女性の「多様性」にフィーチャーしよう、というのがこのプロジェクトの狙いだ。

見た目よりも大切なこと
洋服の下に隠れた本当の自分

Medium 17473f84314593b02a359c947213712c4fc8d368

人みな個性的であるように、肉体だって人それぞれ。ところが、女性はどこかで世間が決めたルールに従うように、自分の体が規格に当てはまらないとコンプレックスを抱いたり、自己否定してしまう。プロジェクトを指揮するカメラマンのAmy Herrmannさんは、このネガティブ思考の根本にあるのが、多様性の否定であると考えた。

けれど、自分じゃない自分を演じたり、コンプレックスを隠すように着飾っていては、女性の本当の美しさなんて表現できない、とAmyさん。ある思いつきから友だち4人に協力を依頼し、下着でカメラの前に立ってもらった。

最初こそ抵抗感があったものの、次第にカメラの前で大胆(おおらかという意味で)になっていく彼女たちの姿に、「同じ体験を求めている女性が必ずやいるはず」と直感が走ったそう。すぐさまFacebookでモデル募集を呼び掛けてみた。

すると、彼女の予想は的中。応募フォームはあっという間に数百人がリストに名を連ねるほどに。

シワも脂肪も傷跡も
ともに生きる「自分らしさ」

「紙面や広告の中の女性たちは確かにキレイなんです。プラスサイズのモデルだったとしても。でも、どこを見てもみんな同じ。結局、多様性がないからリアルじゃない」。

Amyさんのモデルには、帝王切開の傷跡がある女性もいれば、脇の下に毛を蓄えた女性もいる、肘から下を切断した人、鬱に苦しみ自虐的に傷つけた跡が残る人も。一人ひとりの体からにじみ出る、“らしさ”がそこに内在している。だから見る側は、そこにリアリティを感じるのだ。

モデルの一人Johanna Tanさんは、鬱病を患い自分の太ももを傷つけた経験がある。そんなコンプレックスも「ぶよぶよで傷だらけの太ももでも、できあがった写真を見たら好きになれた。下着姿でカメラの前に立つことで、本当の自分に出会えた気がする」と、「Mashable」に感想を述べている。

最初こそ恥じらいを見せていたモデルたちも、Amyさんのリードで次第に表情がゆるみ、最後はとってもエネルギッシュに。イキイキした彼女たちの表情に注目してほしい。

Medium 1f33a5f18e84b81ada3fd4da844dc7050cd09297Medium dba984fded0d1b49d39da310f166b66a8578ea37Medium f75bd41b9c58ab6b871fcf7c92e4989494a271cfMedium 4e7dec0afd12f9cd2a369158e82db7c75ef492cbMedium b5b3d0279526057401374e3b0b72a7626924bb1bMedium 7770cbd453ef5bcddafe5e876336e930bb325210Medium 9f8289a85a1fbe1de5a1c03f8002aa8467d9d589Medium 8748ea36b8f8b790a30dc44a522158bb37d34fcbMedium f5fcddfb2dc18bf471538cfb1d9a84a05a784042Medium 4c7f78126c53a3532244b319efc755a2a7faa9ca

Amyはいま、クラウドファンディングを通じてAmyさんは、写真集の出版費用を募り、世の女性たちに自身の魅力を再発見するためのツールとして、役立ててもらいたいという想いがあるそうだ。なお、写真集には参加者100人の写真とともに、彼女たちの多様な生き方も紹介されているとのこと。

Reference:Mashable
Licensed material used with permission by Underneath We Are Women
イギリスのランジェリーブランド「Bluebella」の下着を身に纏って撮影に臨む3人の女性。カメラを前に少し緊張した面持ちですが、それもそのはず。彼女たち...
世界を旅するルーマニア人フォトグラファーMihaela Noroc氏は、バックパックとカメラを手に、これまで60以上の国を訪れているのだそう。滞在先で切り...
「あなたにとって、完璧な体型ってなんですか?」イギリスの下着ブランドBluebellaが男女にこの質問を聞いたところ、両者の間で理想としている姿が違うこと...
読み方が分かりづらくて質問されたり、電話では何度も聞き返される。珍しい個性的な名前ってこういうこと。いろいろ面倒もつきまとうのだけど、一方で「強く賢い女性...
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
これまで「Thought Catalog」の恋愛系コンテンツや、セックスを題材にした記事の中に登場した「男性たちの本音」を、女性ライターNicole Ta...
ユニークで個性豊かな人を見ると、自分もあんなふうになってみたいなと思うことがあると思います。個性的な人といっても、いったいどんな特徴を持っている人が個性的...
船尾修さん。アジア・アフリカでドキュメンタリー作品を撮り続けている写真家。彼は撮影でフィリピン・ルソン島の世界遺産に登録されている棚田に訪れた時、そこがか...
息をすることすら忘れてしまう「忙しい日々」に追われれば追われるほど、つい「解放感」を求めてしまうもの。そこで「Elite Daily」のライターAlexi...
「母斑症」は遺伝的な要因や胎生期の環境によって生じることのある皮膚の奇形。ここで紹介する写真の女性は、ロサンゼルスで活躍する22歳のダンサー、カサンドラ・...
毎日バタバタと家事に追われる自分って、特徴がなくてつまんない。なんだか無性に寂しい。そんな家庭に尽くす女性たちを、シカゴを中心に活躍する写真家・Patty...
「写ルンです」が、サブカル好きにリバイバルブームを起こしている。インスタントカメラの「チェキ」も、おしゃれアイテムとして人気だ。ローファイなメディアは、偶...
パッとその一瞬に放つ、光のようなもの。美しいと感じる写真には、光を感じてしまう。ほんのり赤く染まったほほや、シミやそばかすをさらけ出し、初々しさがにじみ出...
プレゼンテーション(以下プレゼン)の語源は、プレゼントだと言われています。つまり、相手ありき。聞く側の気持ちを考えて、話をすることがキモなのです。「 Th...
リベリア出身で、LAを拠点に活動する黒人モデルDeddeh Howardさんは、モデル産業のなかに「多様性」が欠けているということを憂いていました。街で見...
世の中を動かすのは、いつだって個性的な変人たちだ。他人の意見に耳を傾けてばかりで、その度に自分の体幹が崩れるようでは、真の「自分らしさ」なんて出せっこない...
ライター Laura Argintar氏が、自身の“スリムな胸”をカミングアウトした記事が「Elite Daily」で話題騒然です。同じ境遇の女性たちへの...
水の上をフワフワと浮かんだり、今にも落ちそうな状態で崖の上に立っていたり、まるで重力から解放されたように動き回る女性たち。この白昼夢みたいな不思議な世界を...
エレガントな装いに、なんだかイケてる髪型。一見飾っていそうでありながらも、どこかナチュラルさを感じさせるフランス人女性は、多くの日本人にとって憧れの存在の...
インスタグラムでビフォーアフターを載せることもあるかと思いますが、ここ最近は、それを逆手にとった「写真のトリック」について触れる投稿も増えてきていますね。...